" />

整骨院に関わる詳しい内容と、整骨院側の本音を話します

整骨院の内容と本音

整骨院の先生の本音(結構本気で言っています)

45歳からの婚活は整骨院の先生の様に話術が無いと厳しい

投稿日:

最近では婚活という言葉は珍しくないものとなっていますが、当然年代は様々いらっしゃるわけで現在は若い年代から壮年期の範囲までの婚活は多いです。

 

 

 

しかし現実的に年齢を重ねれば重ねるほど、なにかしらの突出した女性から見た旨味が無い限り会話が上手くない限り婚活の難易度が45歳以降からは厳しくなってきているので、今回はその部分を話していきましょう。

 

 

45歳からの婚活が整骨院の先生の話術レベルが無いと何故厳しいのか?

 

何故45歳からの婚活は整骨院の先生並みの話術が無いといけないのか?

 

女性の立場から見てみて、その45歳以降の男性が「凄くお金持っている」「凄く気配りが出来て優しい」とかの強い安心感が無い限りルックスが年齢なりに良くても、警戒されてしまう年代ではあるんですね。

 

 

 

そして結構45歳以降の人になってくると、話術が上手い側と話術が無い側に綺麗に分かれてもおかしくない年代になってくるので、これが整骨院の先生の会話レベルが無かったら基本的に婚活を成功させる確率は凄く低くなってしまうという事になるんですね。(要は45歳以降の方の婚活は女性が魅力に感じる長所の数で難易度が変わると思ってください)

 

45歳の婚活の男性のイメージを悪く思う女性

 

特に会話をして女性側の不安を払拭させないと、45歳以降の婚活で悪いイメージの方が先行しているので、それを整骨院の先生並みの話術でイメージを良い方向に転換させる事が出来なければ、性格が良くてもセールスポイントを話術でカバー出来ないと不安になられて警戒され続けてしまします。

 

 

 

それでは女性から見て「婚活に来る45歳以降の男性にどんな感じの不安を感じているのか?」になるんですが、それは「何故そもそも45歳で婚活をしているのか?」そして「結婚した後の事に対しての不安」を持っている事があるので、こういった部分に関して詳しく話して、整骨院の先生ならどうセールスポイントとして会話するかを話していきましょう。

 

 

何故45歳の年齢で婚活をしているかの不安と整骨院の先生ならどうセールスポイントを出すのか?

 

45歳の婚活で整骨院の先生並みの話術でセールスポイントを上手く伝える

 

ここが一番女性からしたら一番気になる所では無いでしょうか?

 

 

 

先ず私が女性だったら一番「何か訳ありなのかな?」って一番に思ってしまうので、まず年齢的に「バツイチかバツ2」って先入観が出てきてもおかしくない年齢にはなるんですね。(結構それで警戒される女性は多いですね)

 

 

 

若しくはずっと独身という状態になってしまうと「性格に問題がある人」っていう先入観が出てしまって、本人何も悪くないのに勝手に悪いイメージを持たれてしまうので、ここを黙ったままにしてると絶対に成功する事はありません。

 

 

 

なので会話力としては整骨院の先生の例えになるんですが、「仕事に夢中になりすぎて出会いを探す事をしなかった」という感じで自分に恋愛の非が無い事を上手く伝える事を優先しますね。(基本的に人間的な要素を伝えるのには時間がかかるので、仕事の原因で出した方が傷は浅いです。)

 

 

 

バツイチの場合は相手の性格に難があった体験談を話して「対象相手が悪い様に盛って話す」事で、相手の女性側に共感を持たせる様に接しますね。(整骨院の先生でバツイチの私が使った方法になります)

 

 

45歳の人と結婚した後に対しての不安と整骨院の先生のセールスポイントで話す場合は?

 

45歳の婚活で結婚してからの不安

 

確かに女性からしたら45歳の人と婚活の中で上手にやり取りして結婚のイメージが湧いてきかけたタイミングで思うのが、結婚してからの将来的な要素で不安要素は無いかを確認してしまうものなんですね。

 

 

 

特に子供を作るという前提なら、子供が成人になる20年後になると男性側は65歳になるという事になりますので、そうなってくると生活費をそこまで用意できるのか?という現実的な部分を心配して警戒する女性も結構多いです。

 

 

 

殆どが現実的な生活面の不安がダントツで多いですね。

 

 

 

これを整骨院の先生が上手に言うとすると、生活面の部分で上手く言うのは非常に難易度は高いんですが、今現在でも全然専業主婦出来る事は可能という感じでやっていくしか方法はないでしょう。(その為には実績があるか無いかですね)

 

 

 

これに関しては話術というよりも、実際に見せて証明しない事には相手も納得しないでしょうし、婚活で相手が45歳以上になってくると「お金がない45歳」という存在は相手にされないので、上手く持っている感じの雰囲気を作るのもアリかともいますね。

 

 

 

実は45歳以降の整骨院の先生の婚活で、将来的な不安を持っていた女性の方は多かったですが、その中で一番多い不安内容の「お金があるか?」「職業的に将来性が大きくあるか」の内容を相手が納得する意識を持って会話するが一番良い方法ではあります。(まあ基本的に先見的な見解からの説得力があるものを示せれば年齢の壁は超える事は可能です)

 

 

45歳からの婚活を現実的に実際の整骨院の先生でも有効に成功させるためには

 

45歳からの婚活で将来的な不安を払しょくできる為の対策

 

まあいくら整骨院の先生が話術が上手かろうと、基本的に中身に将来性が無かったら「恋愛として発展する事は出来ても」「結婚することが出来ない」事になるんですね。

 

 

 

やはり整骨院の将来性は年々低下していく事には違わないので(詳しくは柔道整復師の給料が安い事はあっても高くなる可能性は薄いを参照ください)当然一緒にいる事で整骨院の先生の年収事情はバレてしまいますよね?

 

 

 

そうなると見限られてフラれるという事は実は整骨院の先生でも少なくありません。

 

 

 

なので45歳に限らず整骨院の先生というブランドも地に落ちていくばかりって事は実は間違いではありませんので、同じ自営業としての可能性が広がる他のスキルを身に付けるというのが、今後の整骨院の新しい経営改革になります。

 

 

45歳の婚活でもモテる為には稼げるサイドスキルを身に付けよう!

 

稼げるサイドスキル

 

ぶっちゃけて言いまして、整骨院の収入は年々現状傾向になっていくという事実は変えようがありませんし、国がそういう整骨院に対しても更に縛りをきつくしようとしている事から、更に収入は厳しくなる事は間違いなく将来性が閉じていく事は確定しています。

 

 

 

なのでそれ以外の方法としてサイドスキルとしては柔道整復師の資格を持ちながら、介護予防事業(後10年くらいは良いかも)を行うか(詳しくは柔道整復師は介護保険を使って事業をした方が儲かる!を参照)、本当に世界基準で行えるスキルを身に付けましょう。

 

 

 

私も総合事業は行いましたが、やっていくうちに20年後も出来ているのかという自信は経営的な意味では思えなかったんですね。

 

 

 

しかし今後廃れるどころか今後も必要性が高いスキルとしては「プログラミングのスキル」が一番良いと思われます(実際に私もこのスキルで収入的に大きく助かる部分はあります)

 

 

 

特に何故プログラミングのスキルがいいのかというと、これもフリーランスとして整骨院の自営業をしながらでも行えるという事になりますので、例えば「整骨院の収入が悪ければプログラミングのスキルで収入を補う」という事が実現できるので、整骨院の経営が暇がある時にプログラミングを行えばいい訳です。(私もそうしまして気づいたらプログラミング一本になってた、、(笑))

 

 

 

しかしスキルを学ぶにしても、スクールに通うにも費用に対しても不安があるでしょうから、私がお金がかからないし自宅で学べるし、学ぶ際に分かり易いスクールを後日紹介いたします。

 

 

結論

 

 

45歳以降からの婚活は会話が出来ないというのは話になりませんし、整骨院の先生と同じように話術があって自分のセールスポイントを伝えて相手に年齢的なハンディキャップを感じさせない様にしなければいけないという事ですね。

 

 

 

そして45歳以降の結婚を前提とした活動になってくるので、どうしても具体的な将来性的なものを追及されてしまうと確固たる自信が無い限りは女性にも大きな不安材料を抱えている事には違いありません。

 

 

 

なので例えば整骨院の先生でも今後は収入面でも将来性は薄くなっているので、先の働き方に対してはスキル一本化が難しくなっていますので、今後は複数のスキルを持って今後の収入という将来性を守る事が出来るので、こうなれば45歳以降でも整骨院の先生でなくても婚活の成功率は大幅に上げることが出来ます。

 

-整骨院の先生の本音(結構本気で言っています)

Copyright© 整骨院の内容と本音 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.