" />

整骨院に関わる詳しい内容と、整骨院側の本音を話します

整骨院の内容と本音

整骨院の先生の仕事を目指す関連する方向けの本音

整骨院の仕事で働くとしてサービス残業を行う所は今後淘汰される

更新日:

整骨院と言えば皆さんは知らない方も多いだろうけど、結構ブラック企業でもあるし時間としてもサービス残業として多くの拘束時間を強要される状況が作られる業種でもありますが、令和以降の働き方改革の問題で整骨院のサービス残業の内容が淘汰される環境が出来るようになったのはご存知でしょうか?

 

 

 

そこで今回は働き方改革でサービス残業を行う整骨院は今後淘汰されやすい理由を話していきましょう。

 

整骨院の仕事で働くとして働き方改革でサービス残業を行う整骨院が今後不利になる理由

 

サービス残業が行われた整骨院が不利になる理由

 

これに関してどういう事かというと、全体的な原因は整骨院では無くて大企業関連のサービス残業ならぬ違法性が高い残業の内容から命の危険性というのを世間が注目してしまってから、労働基準局の残業の違法性のチェックの必要性を上げていて、そして更に違法残業で自殺者の増加に伴い、今では違法残業に対して労働基準局は更に力を入れて淘汰する動きをするようになりました。

 

 

 

そこで整骨院になるとどういう事かというと、整骨院は基本的に残業が無いという所もありませんし、定時で帰れる整骨院は聞いたことはありません。(詳しくは柔道整復師の仕事はきつい事が多いという覚悟で臨みましょうを参照)

 

 

 

では整骨院で定時に帰れない理由というのは、そしてその分サービス残業として行わなければいけないのは、受付終了のギリギリに患者さんが来てしまうケースと、雇用している整骨院側の利益の為の研修(本人の為になるかどうかは別の話)が行われていますが、基本的に毎日行われている所もあります。

 

 

 

それで月間の残業総時間は軽く100時間OVERは起こっているでしょう(整骨院で働いている方以外は多分知らない方は多いでしょうね)

 

 

 

しかし今はそれも許されなくなってきている理由が出てきているんですが、その理由は「従業員自身が立ち向かうケース」「残業としての証拠を残すとOUT」という所から起こっていますので、この部分を詳しく話していきましょう。

 

 

 

整骨院の仕事で働く現実として従業員自身が整骨院経営者に立ち向かっていってしまう方が出てきた

 

従業員も本気で立ち上がる

 

これは整骨院経営者の方から見たら凄く厄介な事となってしまうんですが、雇用されて一生懸命働いている方にとっては凄く助かる話でもあるし、立ち向かえる勇気が出てくる状況にも現状なっているという事にもなります。

 

 

 

その状況が労働基準監督署が違法な残業に対して目を光らせているという事になりますので、当然それは世間一般も知っている事となるという事は、従業員もこういう事は扱いが悪くされていればいるほどチェックをしている事でしょう。

 

 

 

そして見事に違法性が高い、従業員にとって理不尽な内容の残業を行わされた場合は、当然その状況に嫌悪感を強く持ってしまうという事にもなりますので、当然働いている整骨院を守る為という大義名分は無く、寧ろ自分の為という概念が強いなら整骨院を窮地に陥れたいという方も多いのが現実です。

 

 

 

なので実際に整骨院に対して残業を行わされている証拠と時間の写真を撮り、労基に提出したり起訴を起こしたりするだけで経営者側は相当不利になりますね。(なので今働き方改革という概念で雇用に対してのシステムを大きく変えているという事になります。)

 

 

 

実際にこれをやられて、残業代の未払い分の請求を行う事も出来ましたし、それに加えて慰謝料も請求が出来たので、整骨院側は信用も無くして従業員も離れてしまい廃業に追い込まれたところは数件覚えがあります。

 

 

整骨院の仕事で働く現実として現在は残業を証明してしまう内容を残してしまう経営者は今後OUTです

 

整骨院に残業の証拠が残っていたらレッドカードですね

 

実際にこれで整骨院経営者が廃業に追い込まれてしまう(身から出た錆ですが)状況になってしまいますね。

 

 

 

寧ろ今の整骨院は基本的に不正行為もやっていますし(詳しくは整骨院の保険での不正は見えない所で行われている※閲覧注意を参照ください)これで更に従業員の扱いが非常に悪い整骨院だとしたらどう思います?

 

 

 

整骨院に対して復讐したいって気持ちだったり、今の現状なら残業代未払いや慰謝料を踏んだくろうと思う従業員もいても不思議では無いでしょう。

 

 

 

そうなると「整骨院の不正を働いていた証拠」「違法残業をしたであろう証拠」を探し出して記録に残すんですね。

 

 

 

違法残業の証拠というのは基本的に携帯で撮ってしまえばいいので、例えば時計が写っている状態の残業を行っている光景を数枚移す事が出来ればいいし、後は経営者側の完全な意向で行われている研修に対しても同様の方法で写メで記録したものを労基だったり、訴訟を起こす際の証拠として提出すれば整骨院側には手は無いでしょう(物証こそが何よりの証明になりますので)

 

 

 

といった感じで整骨院って違法な残業も不正の内容も従業員に簡単に入手できますので、整骨院でもし理不尽な事を主にされた従業員の方は是非勇気を出して立ち向かっていきましょう。

 

 

 

整骨院の仕事で働く現実として働き方改革でのサービス残業が最も多い整骨院の今後の可能性

 

働き方改革で今後起こる整骨院の非常識な今後

 

これは企業関連でもあり得る事なんですが、残業代はあくまで普通の社員に対して支払われるものなんですが、実は経営者側からの逃げ道もあるのを知ってますか?

 

 

 

それは管理職になってしまう事なんですね。

 

 

 

管理職になってしまえば実は、残業手当は付かなくなってしまうんですね(理由は役職手当というものに含まれているから)

 

 

 

なので今後整骨院でそういう事がある場合は「院長の役職以外」に「副院長やそれに準ずる役職」を付けた整骨院の正社員は増えてくるでしょうね。

 

 

 

なのでこういった役職手当という逃げ道に対して、日本が対策をどう行うかで今後の残業のシステムは大きく変わりますので、これは整骨院に限った話では無いんですね(中小企業系で多く行われていますしね)

 

 

 

結局はサービス残業は無くならないんですね。

 

整骨院の仕事で働く(働き方改革)についての結論

 

 

実際に働き方改革によるサービス残業の概念においての整骨院の内容を話させていただきましたが、実際に整骨院側で暴露されてしまうケースのほとんどは不満が募って爆発した従業員からの復讐心が強いですね。

 

 

 

そして整骨院は証拠となるものが多く残されやすい業種でもありますから、残業の内容が現れないという事が仮に起こったとしても、整骨院で行われている不正の内容は隠しようが無いので、これをネタに整骨院を脅迫する従業員もいるんですね。

 

 

 

なので身から出た錆ではありますが、働き方改革というものが出てきた際に経営者の立場は大きく従業員に対しては強く出来ない事情が出来てしまったのは言うまでも無いでしょう。

-整骨院の先生の仕事を目指す関連する方向けの本音

Copyright© 整骨院の内容と本音 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.