" />

整骨院に関わる詳しい内容と、整骨院側の本音を話します

整骨院の内容と本音

柔道整復師を目指す整骨院に関連する方向けの本音

勤務柔道整復師の現在の立ち位置は院長と同じ業務量なだけ

投稿日:

整骨院の仕事においては柔道整復師という資格で行われており、当然整骨院の院長は柔道整復師の資格を持っているのは当たり前ですが、整骨院の中でも柔道整復師を持った資格の正社員がいる所も勿論あります。

 

 

 

しかしその正社員の柔道整復師(勤務柔道整復師)に関しては、院長などの管理職では無いのに立ち位置として業務量だけは院長と同等の内容を行わされている現実を話していきましょう。

 

 

 

勤務柔道整復師の現在の業務内容は院長が行っている業務と一緒と思ってください

 

勤務柔道整復師は院長業務と同じ事を本気でやらされる

 

これについては間違いないというのが本音ではありますかね。

 

 

 

実際に整骨院で働いている勤務柔道整復師になるんですが、実は院長以外に柔道整復師がいるといないで整骨院の中の状況は大きく変わってきます。

 

 

 

どういう理由かというと整骨院を運営する為には、整骨院という施設の中に柔道整復師が在籍していなければいけないという事になりますが、実際に一人でも勤務柔道整復師が在籍していたら、院長である管理柔道整復師は現場にいなくても良い状態になるという事になるんですね。

 

 

 

なのでこういった事から勤務柔道整復師も登録されていたら、整骨院によっては勤務柔道整復師が整骨院を仕切るという事も珍しくありません。

 

 

 

では勤務柔道整復師の立ち位置として現実的に院長と同じくらい行わされるという事ですが、実際にどこまで行うのかというと「保険請求業務を全般行う」だったり「下手をすると現場全体を仕切らなければいけない」という部分が結構多いので、この部分の現実的な本音を話していきましょう。

 

 

勤務柔道整復師も保険請求業務を全般的に行わなければいけない

 

整骨院の保険請求業務

 

 

これはほとんどの勤務柔道整復師がいる整骨院の中では多いかと思われますが、勤務柔道整復師も保険請求業務を行っている所は正直珍しくありません。

 

 

 

理由としては院長自体は経営の部分に集中する事が出来れば、更なる生産性の向上を目指していく事が出来るので、出来るなら勤務柔道整復師の方が保険請求業務を覚えてくれていた方が、院長の立場の方からしたら楽ではあるんですね。

 

 

 

なのでほとんどの整骨院で勤務柔道整復師の方が保険請求業務に関わらないという事は無いと思って頂いて良いでしょう。

 

 

 

しかし勤務柔道整復師に保険請求業務を任せるという事は、柔道整復師の闇の部分も行わなければいけないという事になりますし、そのリスクも背負わなければいけないという事になりますので、気を付けなければいけません。

 

 

 

保険請求業務を行うという事は不正の部分も理解している事が前提である

 

勤務柔道整復師に院長業務を任せる事は不正も行う事を理解してもらう事

 

 

基本的に勤務柔道整復師が保険請求業務を行う際には一番のリスクは「不正を告発される事」になりますので、それに対して理解をするかしないかが重要になってくるので、不正する必要性の理解があれば保険請求業務を行わせるにあたって特別手当で給料を上げる様な事をすれば、問題無く業務を行ってくれるでしょうから。

 

 

 

※整骨院の不正に関しての記事は整骨院の保険での不正は見えない所で行われている※閲覧注意を参照ください。

 

 

勤務柔道整復師は下手したら現場全体を仕切らなければいけない

 

勤務柔道整復師は現場全体を仕切る

 

 

これは保険請求業務以上に一番行わされる可能性が高い内容になりますが、基本的に勤務柔道整復師が整骨院の現場全体を仕切って治療も行うし事務仕事も行うというのも普通に行っている所は多いです。

 

 

 

理由としては勤務柔道整復師を雇いたいのは、院長が整骨院の現場や業務を他に任せて別の内容の事を行いたいという時に基本雇うものなんですよね(出ないと他は整体師を雇えば済む話になりますので)

 

 

 

なので普通に考えると勤務柔道整復師を雇うと人件費が整体師よりも高いので、基本的に人出が足りない場合に勤務柔道整復師を雇う必要も無く整体師を雇えば良い訳なんですよね。

 

 

 

なので勤務柔道整復師をわざわざ雇用するという事は「院長が現場にいない状況を作る事が目的」という事になりますので、院長が他の経営を行う際に必要になったケースが一番多いです。

 

 

 

なので勤務柔道整復師は院長と同じ様に業務を行わなければいけないし、実際に現場も仕る言わば副院長の役割という感じになりますね。

 

 

勤務柔道整復師は業務量に比すると正直言って割に合わないのが現実である

 

 

勤務柔道整復師は割に合わない

 

 

今はっきり言って勤務柔道整復師の業務は現在でも今後も割には合わないのは確実と言っておきましょう。

 

 

 

先ほども言った通りに勤務柔道整復師といってもやっている事は院長業務と同じと言っても過言ではありませんので、そして管理柔道整復師と違って給料は安いので(20万円~25万円位)、正直言って管理柔道整復師の求人がある所に行った方が良いというのが結論になりますね。

 

 

 

実際の所柔道整復師の雇用についての業務範囲についての矛盾点が出てくる事も、今後はある可能性も出てくるため、そういった事にならない為に給料の部分だったり、納得のいく業務内容が行われる所に転職する事を推奨いたします。

 

 

 

ですので今の現状の勤務柔道整復師の内容が院長業務と同じで給料が同じという事でしたら、今後も変わらない条件で行わされる可能性がありますので、その状況に自覚がありましたら転職を考えるという感じでいいと思います。

 

 

 

実際に最近の求人を探す際はハローワークでは嘘を書かれている事が多いので、専門の求人サイトの方が正直に書かれている事が多いし条件がい事が多いので是非参考にしてみてはいかがでしょう。

 

 

結論

 

 

 

上記の内容の本質としては柔道整復師を雇用するというだけで人件費がかかってしまうし、更に管理柔道整復師の立場にさせてしまうと更に人件費が重なってしまうので、それが管理柔道整復師の業務はさせたいけど人件費はかけたくない事から、勤務柔道整復師のままで行わされる事が一番多いでしょうね。

 

 

 

実際に業務自体を勤務柔道整復師に院長業務を行ってもらう事によって、院長自体は他の整骨院以外の業務に専念できるという理由が多いので、基本的に院長業務を勤務柔道整復師で行う位なら、もう管理柔道整復師の求人がある所を探してから条件がある所を探してみた方がいいでしょう。

 

また反対に今後も勤務柔道整復師は扱いが複雑になってきますので、しっかり求人して就職する際には線引きを行う事も必要になるでしょう。

-柔道整復師を目指す整骨院に関連する方向けの本音

Copyright© 整骨院の内容と本音 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.