" />

整骨院に関わる詳しい内容と、整骨院側の本音を話します

整骨院の内容と本音

整骨院の先生の本音(結構本気で言っています)

緊張しやすい人は整骨院で女性の患者さんに対して凄く苦戦する

投稿日:

勿論人間の中の性格というのは本当に星の数程と言いますが、その中には人と会っただけで凄い緊張しやすい人っていますよね?

 

 

 

そんな方が人間関係が多い整骨院で働くだけでも大変なイメージがあると思うのに、女性の来院が多い整骨院では更に苦戦してしまう事が多いので、今回はその部分を説明しておきましょう。

 

 

 

緊張しやすい人が整骨院で女性に苦戦する人間の共通点は人見知りが多い

 

人見知りが激しい男性

 

まあこれは整骨院の業界に入る人間の半分以上が絶対に通る道と言っても過言ではありませんね。

 

 

 

私も今ではどんな話題でもペラペラ話せる感じになってますが、当時なんか会話どころか対峙しているだけで変な汗かいていたレベルでしたから、本当に整骨院の最初の頃はみんなそうだったんではないのかなって思いますよ。

 

 

 

そしてその中でも整骨院の業界に入るまでに人とあまり関わって来なかったり、元々人と関わるのが苦手(重度の人見知り)という方になってくると女性どころか、全体の患者さんに対しても何を話したらよいか分からないというレベルで固まってしまうのではないでしょうかね。

 

 

 

ではそんな中で緊張しやすい人が何故女性の患者さんに苦戦してしまうのかというと、「話をする事に意識を強くしてしまう」「年代様々な女性の対応に慣れていない」というのが多いので、この部分を詳しく話していきましょう。

 

 

 

緊張しやすい人見知りの人が整骨院で女性の患者さんに接するとき会話に強く意識が行き過ぎてしまう

 

会話に意識しすぎてる人

 

例えば整骨院の方で施術が出来る位になった所で、初めて女性の患者さんに対して治療を行う際には全く話さないという選択肢は結構気まずいと思って頑張って何かしら話してみようとは思うんですよね(実は人見知りの人間は沈黙の方が一番辛いんですね)

 

 

 

しかし会話に意識して見たものの、どんな事を話せばいいのかまったく浮かんでこないし、そして話してみたものの全然トンチンカンな会話してしまって恥をかいてしまったという事もあったでしょう。

 

 

 

何故こんな感じになるのかというと、先ほども言った通り沈黙が一番人見知りの人間にとって辛いものになるので、それをどうにかしようと無理やり頑張ってしまうという内容の結果が、実は接した際に会話に意識が行き過ぎてしまって、他の配慮を忘れてしまうという感じは整骨院の人見知りな新人の方では少なくないんですね。

 

 

 

まあ治療に集中しすぎると沈黙が更に緊張を生んでしまうけど、会話に意識が行き過ぎると治療の集中も欠いてしまいって事もまた多いので、実際には両方の事をするのは新人の人見知りの子には酷なんですね。

 

 

 

年代様々な女性の方に対しての対応に慣れてない事が苦戦してしまう理由として大きい

 

様々な年代の女性に慣れていない女性

 

これは結構多いかもしれませんが、整骨院って基本的に割合で言ってしまえば男性よりも女性の方の割合が多いので、様々な年代の女性の患者さんは来院しやすいんですね。

 

 

 

そして緊張してしまいやすい人にとって女性相手が何故苦戦してしまいやすいのかを説明すると、要は女性の相手は同年代(学生の間)しか関わって来なかった可能性から、様々な年代の女性の対処に慣れていない場合は緊張しやすくなってしまいますね。

 

 

 

特に緊張しやすい段階の年代はほとんど20代の前半位の男性が多いので、10代の女性に関しては世代が近い事から話題が多く対応が容易ではありますが、20代後半以降の年上の方の対処になると話題を見つけるのも難しいし、気配りの仕方の基準も変わってくるので、最初は怒られる事もあるんでは無いでしょうかね。

 

 

 

なので最初は年上の女性に対してどう上手く接するスキルを身に付けるかが、緊張しやすくても上手くやっていけるかがカギになるのではないでしょうか(詳しくは年上にモテる男になるなら整骨院で実現できる!を参照)

 

 

 

緊張しやすい人が整骨院で女性に苦戦しなくなるまでにかかる期間はどれくらいかかるのか?

 

緊張しやすい人や人見知りをしやすい人が整骨院でどれくらいで改善できるのか?

 

これは普段緊張しやすかったり人見知りが激しい人にとっては一番気になる部分になるかもしれませんが、まあこれに関しては人それぞれって事になりますね。

 

 

 

しかし人によってという言い訳を付ける訳にも行かないので、実際にどれくらいあれば人見知りを改善するのかという基準を話していくのですが、基本的に「整骨院で働いて会話を意識してしっかりしようと努力していたら」半年以内には改善する事は出来ます。

 

 

 

反対に「何も考えなくて整骨院で働いていても変る事は出来ない」という事になりますね。

 

 

 

なので緊張しやすい人や人見知りの人が、どうするべきかというと「会話するときに中身を意識して行う」という事をしっかり行えば改善するのも早くなりますし、そしてそれが身についてモテる会話が出来るようになります。(詳しくは整骨院はモテる意識を持てば本当に実現出来る職種である!を参照ください。)

 

緊張しやすいのを克服するにも経験

 

そして緊張しやすい人や人見知りをするという事は人に慣れていないという部分は先ほども言いました通り、整骨院などの人が多く関わる業種で仕事をしていけ会話を頑張ってしていけば変る事が出来ますので、自分の性格を諦めて行動しないというのは勿体ないので、行動あるのみです。

 

 

 

それで頑張る事によって女性に対しての苦手意識は気が付いたらなくなっているので、整骨院や整体は緊張しやすかったり人見知りが激しかったりする人にとってはお勧めの業種かもしれませんね。

 

 

 

結論

 

 

緊張しやすいや人見知りが激しいという内容を考えると、同年代には学生の頃に慣れていても社会に出たら見知らぬ女性と関わるのが整骨院になりますし、そして様々な年代の女性の対応に慣れていない状況になってしまいますので、それが極端に緊張しやすかったり人見知りになったりするものです。

 

 

 

それがどうにかしようとして会話に意識しすぎて内容がボロボロになったり、年上の女性の対応を間違えて怒られたりもあるでしょうけど、どんどん頑張って会話を怖がらず対応を恐れずに進んで積極的に行っていきましょう。

 

 

 

やはり女性の対応が苦手という意識になって改善する方法に関しては、本人の勇気と行動の内容になってきますので、その部分をしっかり考えておくようにしましょう。

-整骨院の先生の本音(結構本気で言っています)

Copyright© 整骨院の内容と本音 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.