" />

整骨院に関わる詳しい内容と、整骨院側の本音を話します

整骨院の内容と本音

整骨院の先生の本音(結構本気で言っています)

整骨院の先生が対応が下手だと恋愛難民や婚活難民に確実に落ちる

更新日:

婚活難民という言葉も実際に聞いてみて珍しくない言葉になってしまっているんですが、婚活難民とは言葉の通り婚活を行っているけど上手くいっていない状況がずっと続いてめどが立たない人の事になるんですが、これが整骨院の先生が婚活難民になってしまうという事は患者さんに対しても対応が実は下手という理由を話していきましょう。

 

※整骨院の先生でなくとも結構当てはまる内容の男性もいますので、整骨院以外の方もご覧になられてみてください。

 

 

整骨院の先生の対応が悪いタイプだと基本的に全てにおいての配慮が出来ていない事から婚活に失敗しやすい(整体師の先生も当てはまります)

 

配慮や気配りがが出来ない男性に対して拒絶している女性

 

 

 

これはどういう事かというと「自分本位に考えて、自分本位に進めている人」に見られている典型的な特徴になりますね。

 

 

 

結構これは婚活とかで結構失敗している人はこのタイプに見事当てはまる事が多く、実際に自分では手ごたえがあると思っていても、相手からしたら「ないわー」って思われてしまってる事にすら気づいていないというパターンもあるんですね。

 

 

 

要は婚活難民になってしまっている整骨院の先生は、合コンだったり街コンだったりで「女性に嫌われる要素が毎回出てしまう理由」を持っているという事になりますので正直に言ってしまうと、その事実に関しても気づいていないのが該当する整骨院の先生の残念な所ですね。

 

 

 

基本的にこういった先生は患者さんの対応も同じようにやってしまっている事から、人間的に嫌われている可能性は非常に高いのではないでしょうか。

 

 

雑な対応をしている整骨院の先生を人間的に嫌う女性

 

 

 

ではどういった事で整骨院の先生の一部が婚活難民になってしまうのかというと「自分の話しかしない」「人を上から目線で話す」という婚活を行う上で最悪な事をやってしまっている事が理由となっておりますので、今回はこの部分を深掘りして話していきましょう。

 

 

整骨院の先生の対応が悪い中でも整骨院の先生がやりがちな自分の話ばかりはOUTです!

 

自分の話ばかりはダメ!

 

 

 

これは面白い話とかならまだいいんですけど、それか共感できるような話になるならマシなんですけど、基本的にそうでない場合の自分の話をずっとされる事について、「話されている側は凄く苦痛」なんですね。

 

 

 

特にこういった整骨院の先生は患者さんと話している時も「自分の話以外が出来ない」という事になりますので、そうなってくると患者さんも正直言ってしまうと、次回から通院したくなくなる理由として「話が面白く無くて苦痛」という事から離れていく患者さんもいらっしゃるのが現実になりますね。

 

 

 

それでそういった患者さんに対しても苦痛にさせてしまう自分の話というのはどんな話かというと、「昔の武勇伝的な自慢話が多い」パターンが多いですね。

 

 

 

どんな自慢話を婚活難民の整骨院の先生は行ってしまうのか?

 

 

 

婚活で整骨院の先生はどんな自慢話をするのか?

 

 

 

基本的に昔の成功談を中心に話している事かと思われます。

 

 

 

そして内容が聞く側からしたら苦痛というよりも返事に困る内容にもなる、「高級車の話だったり」「ブランドの話だったり」「ゴルフの話だったり」と昔の景気が良かった時に出てくる話題として多く挙がってくるんですが、興味が無ければ正直聞きたくない話題になってしまうんです。

 

 

 

しかし昔成功していた自慢を誰かに聞いて欲しいという気持ちが先行しすぎて、相手の気持ちを考えてなくて相手はうんざりしてしまって離れていく事は当たり前ですね。

 

 

整骨院の先生の対応で最悪なのは人を上から目線で話す整骨院の先生は婚活難民どころか人として今後は難しいのでは?

 

 

上から目線の男性は嫌われる

 

 

これは一番嫌われますね。(自慢話でもきついですけど、これは更にきついです)

 

 

 

正直言うと私が女性なら「こいつ何様やねん」ってなりますし、それが第一印象になってしまうから「出会った後のやり取りが上から目線が続くってなると苦痛」という風に悪いイメージが広がっていく事から、最悪相手にされないというパターンになりますね。

 

 

 

なのでこのタイプは婚活と言う以前に、人としても乏しい状態になってしまっているので、整骨院の中でも患者さんに対しても凄い病院の先生と同じように上から目線で話している可能性が高いので、中には不快に思っている患者さんは多くて離れている人も少なくはないでしょう。

 

 

 

ただ整骨院の場合は治療する為にって100歩譲って我慢できますが、プライベートの婚活に関しては相手をされる要素は完全にありませんので、正直このタイプの方が今の時代の婚活が成功するイメージは無いでしょうね。

 

 

 

整骨院の先生の対応でどうしても成功したいなら(仕事としても婚活や恋愛にしても)努力は必要不可欠です!!(整体師の先生も含みます)

 

 

婚活難民の方はここを読みましょう

 

 

 

これは当たり前ですけど、今の価値観から大きく変わる必要性がありますので「過去の栄光だったり」「あなたの身分」は一切捨てて考えてください(婚活は身分や栄光でするのではなく、今の自分を簡潔にPRして相手に好印象を与える事を前提としています)

 

 

 

なので婚活難民の方が何故失敗するのかというと、会話が基本的に出来ないというよりも下手くそなんですね。

 

 

 

それで会話というのも女性に興味を持たせる内容だったり、気配りが出来る様な会話をする努力をしっかり意識して普段の整骨院で行える様に練習しましょう(整骨院はモテる為の会話が出来る絶好の場所になりますので、モテる男の会話力は整骨院や整体で身に付けろ(悪用厳禁)を参照ください)

 

 

 

そしてその中でも「聞き上手になるというスキルは絶対に必要」になる事から、整骨院に通院される主婦の方なら中には愚痴を話をされる方はいますので、そこで聞いて相手が望んでいる答えを返す意識をして練習をしてみましょう。(詳しくは寂しさを紛らわす為に整骨院に来る主婦層は多いを参照)

 

 

整骨院で意識して患者さんと会話しましょう

 

 

基本的に婚活難民になっているという事は普段の整骨院の患者さんとの接し方に大きな問題があるという事なので、婚活が上手くいっていない時は普段の整骨院の患者さんとの会話を見直してみるのもいい方法かも知れません(というよりもこの部分にしか原因がありません)

 

 

 

整骨院の先生の対応についての結論

 

 

婚活難民になってしまっている整骨院の先生は、基本的に上から目線だったり自分の自慢話を始めとした自分本位な会話しか出来ないという方が多い特徴が強いので、このパターンは正直言いまして成功率は無いと覚えておきましょう。

 

 

 

なので婚活難民から脱出したい場合は、相手の事を考えて「相手の興味を引く」「相手に関心を持たれる」という部分を意識しながら会話をして、そしてそこから上手く聞き上手になってから、相手の信頼を勝ち取る努力をするようにしましょう。

 

※実際にどういう整骨院の先生が結婚しやすいのかを詳しく書いている記事がありますので、整骨院の先生が既婚者(離婚)経験すると合コンでは凄く有利を参照ください。

-整骨院の先生の本音(結構本気で言っています)

Copyright© 整骨院の内容と本音 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.