" />

整骨院に関わる詳しい内容と、整骨院側の本音を話します

整骨院の内容と本音

柔道整復師の本音や実際の理由

コロナウイルスの収入スキルは収束まで整骨院以外を学ぼう!!

投稿日:

2020年の最大の恐慌ともいうべき最大にして最悪の状況を現在生んでいる「コロナウイルス」ですが、2020年の4月17日より全国で緊急事態宣言を発令されて以降、整骨院の売り上げが上がったという所は皆無という位に反対の収入が大幅に減少してしまったという所が多かった事でしょう。

 

 

 

そして収束の目安が決まっていない状況で人と直接かかわる整骨院の仕事の有効性は極めて薄くなってきており、更には収束するまでの間とはいえ生計を立てていく事すら非常に困難とも言えるでしょう。

 

 

 

なので今回はコロナウイルスの収入に関して収束までは整骨院のスキルでは無い稼げるスキルを学ぶ事について話していきましょう。

 

 

 

コロナウイルスによる収入スキルは整骨院では限界である事は証明されている

 

コロナウイルスの収入スキルは収束まで整骨院では無理

 

今回のコロナウイルスによって結構様々なサービス業を始めとした多くの人間と関わる業種の経営状況が、大幅な収入減という被害状況に陥ってしまい、その中でも整骨院も含まっており(詳しくはコロナウイルスによる緊急事態宣言で経営が整骨院も危険範囲内を参照ください)、収束までの間の収入源としては難しいものとなってしまいました。

 

 

 

特に今の世間では治療に行きたくても自粛の気持ちの方が強すぎて外に出ない方の方が圧倒的に多いため、当然整骨院に来る患者さんは大幅に減っている事は間違いないでしょう。(詳しくは整骨院がコロナウイルスによる影響からの経済状況の本音とは?を参照ください)

 

 

 

そんな中で整骨院の仕事のスキルで食べていくのが難しいという状況を詳しく話していくんですが「仕事を続けても借金にしかならない」事と「日に日に患者さんが減っていく状況を国が作る」という事を深掘りして話していきましょう。

 

 

仕事を続けても借金にしかならない状況が整骨院では確定的

 

コロナウイルスで整骨院を続けても借金になります

 

基本的にコロナウイルスによって自粛をさらに強めた緊急事態宣言の効果によって、整骨院の患者数は半分以下になってしまったという状況を作ってしまいましたが、実際にこれは今乗り越えたら戻るという甘い話は無く、コロナウイルスの感染者は日に日に増えて行っている事から自粛の要請の第2や第3の波が来ることになるでしょう。

 

 

 

そうなってくるとコロナウイルスの脅威が強くなったという事になるので、自粛の状況が強くなるという意味にもなる事から、更に外に外出しようとする方が減ってしまう為、その分が整骨院の来院数にも繋がってしまうんですね(勿論減少の方です)

 

 

 

そうなると利益どころか赤字を出し続けてしまう状況は確定的になってしまいますので、そうなると貯蓄が無くなり最終的には借金が膨らむ方向のリスクも否定できないという事になります。

 

 

日に日に患者さんが減る状況が国の原因によって起こる

 

コロナウイルスにより患者さんの減少は国が原因である

 

これが一番の整骨院を含めた人と関わる事業が窮地に陥ってしまう原因でもありますね。

 

 

 

何故かというと今の整骨院の患者さんの減少を始めとした経営の方向きの原因は、国がコロナウイルスの危険性を煽りすぎて自粛を要請し続けている事から人が歩かない町にしてしまっているので、この時点で経済がほとんど止まっていると言っても過言ではないので、当然減る流れになります。

 

 

 

しかし、これからコロナウイルスの感染者の増える状況によっては更に国からの自粛が要請されてしまう状況が増える事になるので、これによって余計患者さんが減ってしまう状況が今後も十分予想されてしまうので、整骨院を収束するまで利益を求める前提で行くのは可能性としては極めて低いですね。

 

 

コロナウイルスの収入のスキルは収束まで整骨院では無く在宅スキルを学ぼう!!

 

コロナウイルスの収束までの時間は在宅ワークのスキルを身に付けよう

 

コロナウイルスで患者さんの数も減ってしまって、収入の確保が難しい整骨院ですが(他のサービス業も例外ではありません)今後今のままでやっていくのは正直不安な所ではありますね。

 

 

 

特に収束がいつになるか分からないのに、いつ収束するのかと悩んで途方に暮れる位であるならば、家にいても稼げるスキルを身に付けて在宅ワークで稼いだ方が一番自粛でサービス業が停止している状況下では間違いないと言えるでしょう。

 

 

 

ではどんなスキルが一番在宅ワークとして学びやすいのか?そして生活の悩みの解消になるのか?という事ですが、その在宅で行える最大のスキルとは「プログラミング」です。

 

 

 

なのでそのプログラミングの内容をコロナウイルスの自粛中から収束まで、そして収束後に対しての部分を説明しながら、学ぶ際の事を話していきましょう。

 

 

プログラミングは非常に学ぶのは費用的にも難易度的にも優しくなっています。

 

プログラミングは今は安くて学びやすい環境がある

 

これに関しては昔よりも今の方が在宅ワークに注目されやすくなったという観点から、プログラミングを学ぶ方も養成施設も増えているので、その学ぶ環境も増えて比較差も出ている事で学ぶ人間からしたら選びやすくなっています。

 

 

 

金額面を一番気にしているのか、実践的なカリキュラムなのか、という部分にこだわりを持つ事もあるかもしれませんが、今のプログラミングスクールはどちらも昔と比べたら手ごろな範囲でもあるし、実践的かつ丁寧なカリキュラムになっているというのは間違いありません。

 

 

 

ですので、昔の様に高い金額を払ってカリキュラムの内容に追いつけなかったという事が、今では全然金額も安いし、ちゃんとどのスクールでも手厚くサポートをする制度がありますので、カリキュラムを終了する難易度は大幅に下がったともいえる事から、主婦の方の学習者は凄く増えてきました。

 

 

 

そういった金額面の不安やカリキュラムの難易度の不安の解消により、実際に大学生の収入手段だったり、主婦のパート代だったり、本気で人生を変えたいという方で全く関係ない業種からプログラミングを学ぶ方は年々増加しています。

 

 

プログラミングを学ぶことで自粛中や終息後の整骨院を始めとしたサービス業よりも有利になる事は間違いない

 

プログラミングはコロナウイルス時の収入手段になります。

 

これについては間違いないですね。

 

 

 

実際に収束したにしても経済が回復するまで時間はかかるので、多くの就職が無い可能性は高いです(費用を自粛気味で人件費を出せない事業が最初は多いと思われる為)

 

 

 

なのでプログラミングの場合は自分で案件を探す事も出来ますし、今ではスクールでカリキュラムを卒業したら就職支援制度だったりフリーランス案件保証を手厚く行っている所もありますので、自分で悩んで案件を取ったり職をハローワークで探す必要はありません。

 

 

 

だからいきなり仕事にありつける事も可能です(出来れば完全なフリーで行うより、今のコロナでのテレワークでサポートが出来る職場を探しましょう)

 

 

 

実際に職場で技術を学んでから経験を積む事で、フリーランスとしてエージェントに入会して案件を貰う事も可能になりますので、そうなってくると整骨院を始めとしたサービス業よりも生活面は大幅に良くなります(そうなった主婦の方をたくさん知っています)

 

 

 

これは収束するまでの間の話では無く、終息して経済が回復した後の部分を含めて言っていますので、プログラミング自体の需要は高いです。

 

 

結論

 

 

コロナウイルスの影響によっての収入のスキルとして人と関わるサービス業だったり、整骨院のスキルは現状でも終息した後でも結構暫くは難しいのでは(約3年以上)と言われています。

 

 

 

実際に整骨院だけでコロナウイルスの脅威を含めた3年間を乗り越える事が出来るのか?って言われたら極めて困難という事になってしまいますので、国からの補償の内容も不透明になっている部分も多い事から、自力で在宅で稼ぎやすいプログラミングスキルを身に付ける事を奨めます。

-柔道整復師の本音や実際の理由

Copyright© 整骨院の内容と本音 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.