" />

整骨院に関わる詳しい内容と、整骨院側の本音を話します

整骨院の内容と本音

整骨院で治療される方向けに話す本音

コロナウイルスで自粛して身体が辛い時は整骨院に行って良い?

投稿日:

2020年の4月の話になりますが、この記事を書いている時期も丁度そのくらいで、そして現在全国に緊急事態宣言を行われている状態となっております。

 

 

 

という事は自粛をする方が当然多くなっている訳なんですが、実は家にじっとしているというのも身体的にはしんどい事もありますので、そう言った時には整骨院に行っても良いのか?という内容を今回話していきましょう。

 

 

 

コロナウイルスで自粛して身体が辛い時まで無理に自粛を優先すると余計逆効果である

 

コロナウイルスで自粛をしているけど意識しすぎないで

 

これに関しては本当に自粛をしなければいけない状態というのは分かりますが、それを長期間ずっと家の中ばかりの生活を行うというのも中々身体よりも精神的にしんどいものなんですね(詳しくはコロナウイルスで鬱になる方は多いを参照ください)

 

 

 

実際にコロナウイルスで自粛を行わされていますが、家の中で出来る事というのは何があるでしょうか?

 

 

 

ゲームやテレビやパソコンや本を読むという位しかありませんよね?後は家事を行う位でしょうね。

 

 

 

基本的にほとんどが同じ姿勢で長時間行う状態になるものなので、これはこれで身体に負担が無いのかというとそういう訳ではありません。

 

 

 

やっぱり自粛によって家にいるから身体が休まるかというと、それは逆に反対で同じ姿勢を行う状況が多くなるという事は実はその分「肩や首だったり腰だったりを痛める状況を作りやすい」というのがあるんですね。

 

 

 

なのでそういった状態を自粛しているからと言って無理に我慢しても、余計ストレスも溜まってしまうので、ここで「身体が痛い時は多少は気分転換に外に出て整骨院に行こう」というのと「首肩の痛みは実は身体からの原因以外にも自粛中は起こる状況がある」を詳しく説明していきましょう。

 

 

身体が痛い時は多少は気分転換がてらに外へ出て整骨院に治療に行きましょう

 

身体が痛い時は無理せずに気分転換がてら整骨院に行くために外へ出ましょう。

 

これに関して言いたいことがあるのは、外出の自粛を要請はされていますが「強制的に行われている訳では無い」という事を思い出してください。

 

 

 

なので自粛しているからと言って、本当に生活する分の範囲の買い物だけを行う為の外出しか出来ないと思われている方が結構多いのですが、日常生活内の原因で起きた身体の痛みの治療も生活する上で最も重要な事になりますので、これも自粛しているからと言って我慢しなくて治療に行きましょう。

 

 

 

結構我慢されている方が多いんですが、我慢したにしても自然に改善するものならば良いですが、反対にどんどん悪化し続けていくものになってくると後の治療が大変になってくるという事もあり得ます。

 

 

 

特に自粛中は同じ姿勢の行動が多いかと思われますので、その持続的な負担から急な動きとかで急性的な症状を起こす事も珍しくありません。

 

 

 

あくまでもコロナウイルスによる緊急事態宣言を含めた外出自粛は「不要な外出を控えるもの」であって、身体の痛みに関しては日常に対して不要なものではありませんので、痛みを我慢してストレスになる位なら普通に治療に行きましょう。

 

 

 

※ただ人が多い整骨院は避けるようにしましょう(例えばの例としてはコロナウイルスで整骨院に行くべきではない理由の対策部分を参照ください)

 

 

 

コロナウイルスの自粛時の首肩の痛みは身体の原因以外の要素で起こる可能性は大きい

 

コロナウイルスの自粛での首肩の痛みは身体以外の要素で起こる事も

 

これは結構間違いなく増えてくると言っても過言ではないのかなと思われます。

 

 

 

なんでここまで言い切れるのかというと、「いつコロナウイルスが収束して通常通りの行動範囲で行動できるのか?」そして「今現在の状況下での生活状況の窮地に対しての不安」によるストレスは特例地域の方は結構強いですし、そして緊急事態宣言が発令された地区もストレスが溜まっていく状況は出てくるのではないでしょうか。

 

 

 

例えば仕事をしたくても世間が自粛している関係で事業自体が収入を大幅に減っている事から「仕事に入れなくて給料カットが行われたり」「仕事自体を失業された」という事例が増えてきているので、そういった中で社会人の中では不安を十分に煽ってしまっている内容になっているので、ストレスは凄く溜まってしまっているんですね。

 

 

 

そうなってしまうと脳が興奮して緊張状態になってしまっている事から、身体も緊張しやすくなってしまい首や肩の筋肉が張ってしまって「首の痛みや肩の痛みが発生してしまう」という事に繋がる方も多いです。

 

 

 

実際に極度の不安からのストレスによる肩こりや首の痛みが出ていて治療に行く場合も、これも日常生活において不要な外出にはなりませんので、痛みのストレスも上乗せして更に悪化する位なら治療に行きましょう。(ただ整骨院では慢性的な内容は保険がきかない所が多いので気を付けてください、、整骨院で肩こりを保険で行う事は出来ない!(注意してください)を参照)

 

 

コロナウイルスで自粛していても身体が辛い時は優先順位を確認しましょう

 

コロナウイルスで自粛をする状況でも優先順位を確認してください

 

今回の記事で一番言いたいのはここなんです!!

 

 

 

皆さん感染をしない様に自粛するというのは感染予防の対策として素晴らしいのですが、ただそれを忠実に行いすぎるのも身体にも精神的にも負担は見えない部分で大きくのしかかってきます。

 

 

 

ですので自粛の最中にでも身体の異常がある場合は、この状態になった時点で痛みによるストレスを蓄積しないためにも自粛よりも身体が優先すべき内容になるので、優先順位を間違えない様に気を付けましょう。

 

 

 

あくまでも不要な外出というのは、生活上において特に問題ない方が何も用事が無かったり遊びに行くといった感じで外出するという事であり、買い物や治療に関しては不要では無いので優先順位としては貴方が必要性が高いという内容においては優先順位が高い内容となりますので、すべてに対して自粛を貫いてしまうと後が大変です(いつ収束するかわからないし)

 

 

 

なので長めの自粛になるのなら、中にはあなたのストレスを少しでも開放するような手段を行う事も優先順位の中に含まれているので、身体が痛いは気分転換を含めて治療に行くというのも、本当に自粛をする上で(特に長期化になればなるほど)大事な事となってきます。

 

 

結論

 

 

今回の記事に関しては今現在の2020年4月19日に作成している物になるので、実際今の事を書いていますが、本当に我慢はしないでください。

 

 

 

身体が痛いのに我慢をしてしまうと、その痛みに耐えるというストレスも圧し掛かってしまいますので、そうなると精神病のキッカケを作りかねませんので、我慢できる出来ない以前に気になったという時点で自粛をする状況下であっても治療はしましょう。

 

 

 

その為に整骨院や鍼灸院は自粛要請対象外のものになっておりますので、こういう時に活用するべきなんです。

 

-整骨院で治療される方向けに話す本音

Copyright© 整骨院の内容と本音 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.