" />

整骨院に関わる詳しい内容と、整骨院側の本音を話します

整骨院の内容と本音

整骨院で治療される方向けに話す本音

コロナウイルスの自粛で肩こりになり整骨院へ行けない方の対策

投稿日:

2020年4月17日より緊急事態宣言から現在コロナウイルスの自粛要請により満足にどころか、ほとんどの不要な外出が出来なかったり、行きたい店も休業して行けないという日常に大きく制限された状態に皆様直面されていると思います。

 

 

 

そんな中で家の中の生活を行われる内に「肩こりを始めとした身体の症状」が発生しているという話を伺いましたので、今回はコロナウイルスの自粛で肩こりになり整骨院へ行けない方の対策(原因の説明も含みます)を話していきましょう。

 

※もし整骨院に行ける状況の方はコロナウイルスで自粛して身体が辛い時は整骨院に行って良い?を参照ください。

 

コロナウイルスの自粛で肩こりになる原因は生活習慣が悪くなる方が多い場合が多い

 

コロナウイルスの自粛中の生活習慣の重要性

 

これは大きく関係していると言っても過言ではありません。

 

 

 

やっぱり普段外出している習慣がある方が多いかと思われますので、そして仕事をされている学校に行かれているという方や趣味で外に出る事が多いという方は凄く多いものになりますが、実際に緊急事態宣言を受けてから上記のいずれも行えない、つまり外に出ること自体が難しくなったという事になってしまっています。

 

 

 

そしてそれは家の中での生活を中心に行わなければいけないという事を意味するのであって、その行動は外で出ていると起きよりも大幅に制限されてしまいます。

 

 

 

そしてその行動の内容というのは「家事をする」と言った事や「家で何かしらの運動を意図的に行う」と言った事以外になると、基本的にじっとしている状況が多いという事になりますので、そうなってしまうと決まった動きが家の中の習慣的な行動内容という事になりますね。

 

 

 

しかし家の中の行動内容が薄ければ薄い程、コロナウイルスの自粛中の肩こりを起こす原因となるのが「運動不足により筋力が弱り血液循環が下がってしまう」事と「炭水化物を過剰に取り過ぎて血糖値の上げ方が極端になり負担をかけている」という内容が一番多いので、この部分を詳しく深堀して話していきましょう。

 

 

コロナウイルスの自粛中に起こる肩こりの生活習慣の理由として圧倒的運動不足により筋力が下がり血液循環が下がってしまう

 

運動不足により血液循環が下がる

 

これについては自粛している方の皆さんも自覚しているのではないでしょうか?

 

 

 

やはりこれは一番問題としては結構大きい事であり、家の中で生活するという状況になると人によっては全く動かないという方も多くなりますので、当然家の中で読書をする生活や動画をみるやゲームをするという選択肢でストレスを軽減する事は凄く推奨できるんですが(詳しくはコロナウイルスの自粛中に出来る気分転換方法を参照ください)それだけでは身体には良くありません。

 

 

 

簡単に言ってしまうと元々外に出て行動する事があった方(仕事、学校、趣味)になると、当然その分動く事もある事から筋力を使う状況が出てくるのですが、それが一気に無くなってしまったという感じになってしまうと、筋肉に負荷を加える状況が無くなるという事になるんですね。

 

 

 

そうなると運動量が減ってしまっているという事と同じ意味になってしまうので、家の中で運動をしていない限りは筋肉量は長期化してしまうと少なくなってしまう事から、血液循環が悪くなるという部分に繋がってしまいます。

 

 

 

血液循環が自粛中の運動不足によってただでさえ悪いのに生活の動きで更に肩こりの原因を作る

 

自粛中に起こる肩こりの原因とは

 

これが一番の自粛時の生活行動の原因による肩こりの発生例になるんですが、基本的に同じ姿勢で行う様な事を長時間している方が多いんですね。

 

 

 

特に最近ではゲーム機本体が売り切れ続出してしまう(2020年4月18日調べ)状況が出てきているし、ネット動画の契約数の圧倒的な増加もそうですし、電子書籍の購入数や書籍の通販の購入数の増加も明らかに出ている事から、自粛をしている方の半分以上が恐らく、同じ姿勢の状況での行動を長時間行うという事になるという事ですね。

 

 

 

そうなってくると視線を保つために肩甲骨から首にかけての筋肉が持続的な負担を加えられてしまうので、そこから筋肉が収縮しやすくなり血管や神経を圧迫して肩こりを起こしやすくなってしまいます。

 

 

自粛中の炭水化物の摂取の仕方により血糖値が上がり肩こりを起こしてしまう

 

炭水化物の摂取の仕方で肩こりの可能性が変わる

 

これは自粛中に結構多くの方が肩こりで悩まれている方は凄く増えていますね。

 

 

 

ただ私から言わせれば「それはそうなるよねって言いたくなる内容」になるんですが、実際に炭水化物の摂取の際の血糖値のメカニズムを無視して普通に食生活を自粛中も行われているかと思われます。

 

 

 

例えば普通に外に出る状況の時と同じ食生活をされていませんか?又は自粛中に行う事が無さ過ぎてついつい間食をする頻度が上がっていませんか?

 

 

 

実は自粛中に自粛前と同じ食生活をしても、自粛中に食事量が上がったという内容はどちらもOUTと言われたら驚きでしょう(炭水化物を普通に摂取しているとして)

 

 

 

当たり前ですが炭水化物を普段動いている量と同じくらい摂取してしまうと、自粛時は全く身体が動いていないので体内の血液含有量的にオーバーしてしまう事から血糖値が上がりやすい環境となってしまいます(間食が増えたは論外です)

 

 

 

炭水化物を摂取しすぎると肩こりが何故起こるのか?

 

炭水化物を取り過ぎると肩こりが起こる理由とは?

 

これも結構コロナウイルスで自粛をしようがしなかろうが、実は多く起こっている問題なんですが皆さん基本的に本来の許容量を超えて炭水化物を摂取している方は多いのではないでしょうか。

 

 

 

勿論そうなってしまうと体内の糖分含有量が多くなってしまい血糖値が上がりますし、そして睡眠前に大量に炭水化物を摂取してしまうと、睡眠時に完全に上がった血糖値のままで睡眠を行う事になるので、そうなってしまうと体内の血液がドロドロの状態で循環してしまうので、そうなると脳に負担が掛かってしまって朝起きたら疲れやすいという状態になってしまうのは心当たりありませんか?

 

 

 

実は炭水化物による肩こりも実は同じメカニズムで起こっているので、血液循環が下がってしまう事により特に肩や首の部分の血液循環が最も悪くなりやすいので生活内容によって強い肩こりを起こす方は多いです。

 

 

コロナウイルスの自粛中に肩こりを整骨院以外で解決する方法はないのか?

 

整骨院以外でコロナウイルスの自粛によって起こった肩こりを改善する方法とは?

 

根本的な対策ではないけど整骨院で気分転換に施術してもらうのがいいよって言いたいんですが、整骨院の方もコロナウイルスによる患者数の著しい減少に伴って休業している所もありますし、自粛時に通院しにくいといった事情は出てきているものかと思われます。

 

 

 

そんな状況下で自粛中の肩こりを治す方法としたら状況の原因内容の反対の事を行うという対策になりますが、それは「家の中でも適度な運動を行って筋力を維持しよう」という事と「自粛中こそ食生活は慎重にお願いします」と言った内容になりますので、この部分の対策内容を深掘りして話していきましょう。

 

 

家の中でも適度な運動を行って筋力を維持しよう(※状況によっては外もあり)

 

自粛中でも運動は必須です

 

これも今の自粛中では凄く大事な事になりますので、しっかり行うようにしていきましょう。

 

 

 

自粛の時は皆さん同じ姿勢で楽しむような事(読書、ゲーム、映画鑑賞等)を行っている方は多いですが、もし自粛の期間が10日位ならいいですが1年以上続いたらって考えた事はありますか?

 

 

 

そして1年同じような生活をして健康的な身体を維持できると思っている方はいらっしゃるでしょうか?

 

 

 

間違いなく同じ生活をずっと行ってしまうと筋力は物凄い低下を起こしてしまって、更に肩こりを始めとした生活習慣病の原因を引き起こしやすくなってしまいます。

 

 

 

ですので家の中での趣味を止める訳ではありませんが、あくまでも健康の維持を意識しながらという気持ちは忘れないでください。

 

 

 

どんな運動を家の中で行うべきなのか?

 

どんな運動を家で行うの?

 

基本的に筋トレとかは色んな動画がアップされているので、それを参考にして合間に行っても良いと思いますね。

 

 

 

しかし一番筋力が落ちて生活習慣病に近づいてしまいやすいのは「下半身の筋力になる」ので下半身の筋力強化は一番推奨いたします。

 

 

 

そして自粛中の生活によって肥満になりやすい可能性も十分高いので、運動を行う際は筋トレの後に有酸素運動を行った方が本来は20分後にしか効果が出ないのが5分位で脂肪燃焼効果が出ますので、有酸素運動を取り入れる事も大きく推奨いたします。

 

 

 

ただ家の中で有酸素運動って、、って思われる方も少なくないでしょうから、ここはあくまでも私の経験談で行くんですが一番良いのは「エアロバイク」が一番お手頃ではあるんですね(値段的にも運動的にも)

 

 

 

何故お手頃かというと「ながら運動しやすい」という理由が一番で、「電話しながら」「テレビ見ながら」「ゲームしながら」って感じで出来ますので(重さを少し下げますが)自粛中の運動の範囲で考えて、そして継続的にってなると一番手が出やすい運動法になりますね。

 

 

 

そして値段も高くはありませんので結構購入しやすい範囲内ではあります。

 

 

 

※もし人気が少ないという確信があるのなら、外での運動も有効ですので確認をしてから行うようにしましょう。

 

 

自粛中こそ食生活は慎重に行う事が大事です

 

自粛中は食生活は更に大事な問題になります。

 

自粛中で運動をしないという事は、普段の食事量よりも本来は少なく摂取しなければいけないという状態になりますので、「食べ過ぎは尚厳禁になります」という事を第一に思って行動しましょう。

 

 

 

特に運動を意識していない限りは、栄養配分をしっかり考えて偏りがある食生活を行ってしまう事も身体に害を及ぼしてしまいますので、出来るだけ自粛時は普段よりもバランスよく食事をする事を推奨いたします、

 

 

 

その方法に関しては様々な材料を意識して行うというのもアリではありますが、毎回そこまで考えて調理をするのも大変だとは思うので、それを補うサプリメントを摂取していく必要性が出てきます。(基本的に栄養バランスの問題の内容です)

 

 

 

実際に普通の食事よりもサプリメントの摂取による体質改善効果は強いので、自粛時の食生活に対しては特に重要性は大きくなりますので、是非検討して実行してみてください。

 

 

 

※出来るだけ食生活もバランスを意識する様にはしてください。

 

 

 

これだけで肩こりや頭痛の解消をしたという報告は結構多いです

 

 

 

結論

 

 

実際にコロナウイルスの自粛の行動になってしまうと、基本的に休日の様な感じの過ごし方が超期間過ごす形という事になってしまいますので、それが家の中限定だと姿勢が悪い内容の事だったり、食生活の変化も起こっても不思議では無く、そういった所から無意識に行ってしまう事から、気が付いたら辛い肩こりになったり首の痛みや頭痛に発展してしまいやすいです。

 

 

 

ですのでこう言った時ほど家で本当にゆっくりするのではなく、家の中で出来る血液循環の低下を防ぐ事だったり、栄養内容の改善を見直す事が自粛中の肩こりを始めとした生活習慣病の予防に繋げる事が出来ますので、頑張って実施してみてください。

 

-整骨院で治療される方向けに話す本音

Copyright© 整骨院の内容と本音 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.