" />

整骨院に関わる詳しい内容と、整骨院側の本音を話します

整骨院の内容と本音

整骨院で治療される方向けに話す本音

骨盤矯正のやり方は整骨院でしなくても自分で学ぶ事は可能

投稿日:

骨盤矯正という存在は女性の方が興味を大きく持って、更にその興味を持たれている方が多くなってきてる位需要が増えてきている内容になってくるんですが、実は骨盤矯正は整骨院で必ず行わなければいけない位難しいのかというと、実はそんな事無くて自分で学ぶ事も十分可能な理由を今回話していこうと思います。

 

 

骨盤矯正のやり方を整骨院の様に出来るのは実は簡単なんで教えます

 

本気で骨盤矯正のやり方を教えます

 

というよりも今現在の整骨院の半分以上が行われている骨盤矯正が誤った方法で行われているので、基本的に安全な方法で自分で行える様に話していきますので安心してください。

 

 

 

まずダメな方の内容としては、骨盤矯正を行うというのはボキボキ系の矯正を行うイメージを持たれているかもしれませんが、実はそれをやる必要も無く反対に悪化させてしまう方向に行ってしまうので、ボキボキ系の矯正を考えているのなら理由のリンクを張っておきますので読んで考え直してください(リンクはこちら整骨院でボキボキされる効果は寧ろ悪化(危険!観覧注意)を参照)

 

 

 

ただですよ!そんなボキボキなんて危険な事をしなくても「骨盤矯正は実は可能なんですよ」と言いましょう。

 

 

 

実際に私の患者さんに対して「ボキボキしない骨盤矯正を行いましたが全く難しくない改善できる」というのをはっきりと言い切ります。

 

 

 

細かい技術まで教えるのは結構難しくなってしまうので、そこで私は整骨院で危険な施術を受けてしまって悪化する位なら自分で改善する方法を身に付けて自身で解決をした方が安全であるので、自分たちでも出来る範囲の内容を教えていこうと思います。

 

 

 

その内容としては「骨盤の左右の捻じれの歪み」と「骨盤の前後の歪み」の自分で出来る改善法を教えていきましょう(※この方法は2人で組んだ方が分かり易くて出来ますので、出来るだけ2人でやりましょう)

 

 

 

自分で出来る骨盤矯正の左右の捻じれの歪みの改善法(2人組の前提で話します)

 

骨盤矯正のやり方を教える

 

骨盤の左右の捻じれの発見法

 

 

 

1、先ずは骨盤矯正される方はうつ伏せになりましょう。

 

 

 

2、うつ伏せになったら、両膝を曲げましょう(その時に2人組のもう一人が足を持っておきましょう)

 

 

 

3、その持った足を左右に倒すようにして、身体を転がすように動かしてください(要はうつ伏せの状態で膝を両方曲げている状態からうつ伏せの姿勢のまま、足首を持って左右に倒すという感じです。)

 

 

 

4、左右に動かした際に、片方が大きく浮いた側の方が原因を持っているという事になります。

 

 

 

という事は浮いた側の足の方が「普段重心掛かって負担が掛かっているという事になる」という事になりますので、解決する方法は浮いた側の膝と股関節の部分の骨盤から発生している筋肉を改善するという事になりますが、その方法とはストレッチで解決できます。

 

 

 

ではストレッチ側に行きましょう。

 

 

 

※もう一つの方法はうつ伏せに寝せて、両足を引っ張り両足の踵が揃ってるかどうかの方法があります。

 

 

 

骨盤矯正の左右の捻じれのストレッチ

 

 

1、先ずは重心がかかっている側の足を上にして横向きになりましょう。

 

 

 

2、そして横向きに寝たままで浮いた側の下半身を固定しながら、上半身を逆側の後方に捩じるように後ろから引っ張りましょう。(軽めで長めに行ってください)(上から見て横向きになった際の足を床側に固定してるという事になるので、上半身を固定している反対側に捻るようにしてください)

 

 

 

3、仰向きになって膝を少し曲げて、内側に倒して、外側に倒すように引っ張ってストレッチをしましょう。

 

 

 

4、これだけで左右差は変わります。

 

 

骨盤の歪みが改善してビックリ!

 

 

骨盤の前後の歪みの改善法

 

骨盤の前後の歪みの矯正を教えます

 

前後の歪みの発見法

 

 

基本的に左右の捻じれよりは簡単なんで安心してください。(基本的に前方に重心を加えている事が多いので、その前提で行きましょう)

 

 

 

1、うつ伏せになって両膝を曲げましょう。(この時にもう一人の方は足首を持ってください)

 

 

 

2、そして両膝を更に曲げれる所まで曲げてみてください。

 

 

 

3、もし踵がお尻に付かなかったら、その分股関節が前方に重心を加えて負担を加えているという事になります(補足としてお尻と踵の開きの差が大きければ大きい程前方の負担が掛かって歪んでいるという事になります。

 

 

 

前後の歪みの改善法

 

 

これは本当に簡単なんですけど、持っている足首をお尻側に曲げて、踵をお知りにくっつくように意識してストレッチするだけです(強さは極端に強すぎず、長めにやりましょう)

 

 

 

それだけで膝と股関節の前方に負担を加えている筋肉が改善して歪みが改善しています。

 

 

骨盤矯正のやり方を整骨院でひどい目に遭わなくても本当は簡単なんです!

 

骨盤矯正のやり方が自分たちでできる安心

 

先程の流れを見て頂いたら結構簡単でしょう?

 

 

 

実は凄く単純な内容で行う事が可能なんですが、整骨院ではそれをパフォーマンスが目的なの?って言いたくなるような感じで「無駄にボキボキしている」方法を行っているんですが、ここで正直に言ってしまうんですが患者さんから見たら特別な技術に思うかも知れませんが、私から見たら意味がない技術なんです。

 

 

 

しかも反対に歪みが悪化するどころでは無く、余計に酷くなってしまい、更には無駄な回数券の購入をされてしまうという事もあるので、余計に損をしてしまう患者さんが増えてきているのが現実なんですね。(詳しくは整骨院で回数券を購入させる所は高い確率で失敗する理由を参照)

 

 

 

そんな大きなお金を払って骨盤を矯正して、それが失敗する位なら「全然自分で改善する事は出来るので自分でやりましょう」その方が実は確実に改善する事が出来ると自信を持って言いましょう。

 

 

 

結論

 

 

実際に見て頂いて骨盤矯正が凄く難しいイメージがあるかもしれませんが、今回の記事を読んでみて実は簡単だと思われたでしょう?本当に簡単なんです。(知識の内容入れたら難しいけど、技術だけなら基本的に簡単です)

 

 

 

そういった感じで整骨院で無駄に高いお金払って成功するかどうかも分からない施術されるくらいなら、自分でしっかり矯正を行って安全な手段を使って欲しいんですね。

 

 

 

特に今の整骨院は利益中心でパフォーマンス中心で矯正を行っている所が多いので、今回の簡単に教えている意味としては自分で安全を確保して欲しいというのが本当の気持ちでもあります。

 

 

-整骨院で治療される方向けに話す本音

Copyright© 整骨院の内容と本音 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.