" />

整骨院に関わる詳しい内容と、整骨院側の本音を話します

整骨院の内容と本音

交通事故の治療に関わる整骨院関連の本音

交通事故の健康保険を第三者行為で使うと整骨院は嫌がる

更新日:

交通事故などで自賠責も使えないという状況や、長期の交通事故の治療に対して第三者行為を使って行うというのも整骨院の患者さんの中では少ない方ではあるんですが、実際に健康保険を第三者保険で整骨院に通院しようとすると整骨院が嫌がってしまう理由を話していきましょう。

 

 

 

交通事故の健康保険を第三者行為で整骨院に初検で行くと相手にされない事も

 

交通事故の治療を第三者行為が整骨院嫌がられる

 

まず第三者行為で交通事故の治療を健康保険で行うと整骨院にとって収入的に割が合わないからなんです。

 

 

お金が飛ぶ 画像

 

 

 

その理由は整骨院の通常の保険診療の患者さんが払う窓口で支払う金額には別途実費費用を含んでの内容になりますが、第三者保険になると保険請求の自己負担分しか対象にならないので、いつも窓口で700円位徴収しているのを、300円位でしか徴収できなくなるんです。

 

 

 

 

という事は2部位なら1500円の収入に対して、第三者行為で行うと1200円位に下がるので整骨院にとってモチベーションが下がる以外の内容はありません。

 

 

 

 

という事で整骨院にとって第三者行為で治療を受けたい人に対して、積極的に受け入れる必要性が薄いんですね。

 

 

 

どういう風に第三者行為の手続きをした人の整骨院での治療を断るのか?

 

交通事故治療で詐欺

 

大体の整骨院はきっぱりと「第三者行為の治療は対応してませんので整形外科でなら対応しているのでそちらへどうぞ」と堂々と嘘をつきますね。

 

 

 

 

他の整骨院の場合は「基本的に第三者の行為扱いは整骨院では実費の扱いになる」と嘘をついて自賠責と同様の金額を徴収している所もあります。

 

 

 

 

また完全予約制の整骨院によっては常に予約で空きがないと嘘をついて、よっぽどの暇なときに受け入れているという所もありますね。(これが私の整骨院の場合です)

 

 

 

 

基本的に優先順位が最下位の対象になってしまっているという事になるんです。

 

 

 

第三者行為の初検を遠回しに無視しても特に整骨院側に対して問題は無い

 

交通事故の治療が雑でもOK

 

結構初検で相手にしない整骨院が多いですが、実は診療を遠回しに拒否しても整骨院が起訴されるという話は聞いたことが無いですね。(あからさまな拒否の仕方をすると不利になる事があるので中止してください。)

 

 

 

 

完全に対応していないとかで、明らかに拒否をしたり嘘をついて実費を取って行ったとなると整骨院側が訴訟起こされたというケースはあります。(特に実費の方を無理やり嘘をついて行ってしまうと、整骨院側が万が一起訴をされた際に全額返金の扱いを受けていた事例はありますね。)

 

 

 

 

ですが遠回しに予約がいっぱいという事を患者様が確認する術はないので、そういった事から起訴される心配もないので私の場合は極力お客さんが埋まりやすい時に第三者補償の患者さんを受け入れない様にしてます。(基本的に予約状況は患者さんから確認の仕様が無いので、予約の内容を理由にやんわり断った方が波風立たなくて良いのかなって感じですね。)

 

 

 

交通事故の健康保険を第三者行為で整骨院よりも整形外科の方が対応してくれる

 

交通事故の整形外科 

 

先ほどは整骨院では第三者行為の治療手続きの患者さんを受け入れる事が嫌がられるという事をお話させて頂きましたが、ほとんどの第三者行為で初検の方に関しては結局整形外科に戻るしかないんですよね。

 

 

 

 

ただ第三者行為を使ってまで治療する方は、基本的に長期療養の交通事故の被害者になりますので、整骨院で治療した方が本当は都合はとても良いのですが(交通事故で首が痛いと嘘をつき整骨院で治療した方が都合がいいを参照)、上記の内容が原因で相手にされなくて仕方なくって感じなんです。

 

 

 

 

その分病院や整形外科に関しては、そんな整骨院の様に拒否をされるという事はありませんので、整形外科の主治医が認めてくれるまでは治療は出来ますし、平等に診てくれるでしょうから私からすれば第三者行為の手続きで治療するなら整形外科の方が総合的に良いと思います。

 

整形外科が良いとは言ったけど、整骨院よりも基準が硬いので期間が大体決まっている

 

交通事故の第三者行為で整形外科に行く際の注意点

 

あくまでも第三者行為を交通事故の治療で使う際は、明らかに自賠責の補償期間が大きく過ぎてしまってからの話になるので、少なくとも3か月以上は経過している状況という事になります。(長ければ半年以上の方もいます。)

 

 

なので画像所見がない「むち打ち」みたいな症状になってくると、病院側も「無駄に長く治療する必要はあるのか?」って事になり、症状固定の話に進んでくる可能性があるので、どんなに長くても1か月くらいしか見てもらえないというデメリットはありますね。(ただこれに関しては整形外科の価値観によりますので、長く通院できるところも中にはあります。)

 

結論

 

 

 

ご覧になられていて凄い風当たりが厳しい内容になりましたが、実際はこれが事実ではあるんですね。

 

 

 

 

例えば元々同じ整骨院で自賠責の補償がある時から通院している所なら、仕方なく整骨院でも受け入れるという事はありますが、初検からとなると正直旨味がないので、受け入れる優先順位度が極端に下がる存在になってしまうんです。

 

 

-交通事故の治療に関わる整骨院関連の本音

Copyright© 整骨院の内容と本音 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.