" />

整骨院に関わる詳しい内容と、整骨院側の本音を話します

整骨院の内容と本音

整骨院の交通事故に関わる実際の本音

整骨院で交通事故の健康保険を拒否されて治療できない理由

更新日:

交通事故に遭ってから治療をする際に、保険会社の方から健康保険にしてください見たいな事を聞いたことはありませんか?この時保険会社は健康保険で交通事故の治療を行わせようとするんですが、実はそれを整骨院が使えない様にしている理由がある内容を話していきます。

 

 

 

 

※反対に整骨院側からしたら健康保険で治療してくださいという内容を覆す事が出来ますので、結構整骨院経営者にとってはいい記事になるので最後まで読んでみてください。

 

 

交通事故で健康保険を使えない理由はどうやって整骨院に作られるのか?

 

交通事故に対して疑問をもつ 

 

簡単に言うと保健適用のシステムをしっかり理解していれば交通事故の健康保険扱いを防ぐことが出来るんですね。

 

 

 

 

まずそもそも何故整骨院が健康保険での治療を嫌がって、保険会社が健康保険の治療を押してくるのかという内容になるんですが、これも更に簡単に言うと費用の問題が大きく絡んでいるからと言っておきましょう。

 

 

 

資金 画像

 

 

 

 

分かり易くメリットデメリットで分けます。

 

 

 

・自賠責の治療が整骨院にいい理由:整骨院にとって収入がいい

 

 

 

・自賠責の治療が保険会社や被害者に悪い理由:治療費が大きく重なってくるので保険会社も負担が多く、被害者も過失割合があると慰謝料を減額されてしまう。

 

 

 

 

といった内容になりますが、被害者の方で過失割合がある方は詳しい内容として交通事故の治療を健康保険で整骨院に頼むと嫌がられるをご覧ください。

 

 

 

 

上記の事から整骨院の方が健康保険で交通事故の治療をしたくないのは、なんとなくお判りでしょうか?

 

 

 

 

それを踏まえていくと整骨院側は健康保険で治療でなく自賠責で治療する方向に持っていきたいのも伝わってきますよね?

 

 

 

 

という事で健康保険から自賠責保険に戻される事例をお話していきましょう。

 

 

整骨院が交通事故で健康保険を拒否をする場合過失割合が全くないのなら被害者を巻き込んで保険会社に抗議するパターン

 

 

やりとり 画像

 

 

この方法に関しては被害者の方が全く過失割合が無いという状態で話を進めていきますが、今はそんなに過失割合無しで健康保険を使うという話は聞かないのですが、これに関しては被害者にとってもメリットは無いので整骨院側から協力要請される事が多いでしょう。

 

 

 

 

例えば整骨院側が交通事故の治療で、そもそも自賠責という導入があるのに健康保険で行わせるという部分自体に対して指摘を被害者の方にさせればいいんですね(保険会社の担当ではなく、その保険会社の相談窓口に話すという感じです)

 

 

 

 

整骨院から被害者の方に保険会社に話す内容としては整骨院側が交通事故で健康保険では扱ってないという風な内容を含めて、他の交通事故者との扱いの比較を指摘させることが多いでしょうかね。

 

 

 

 

基本的にこれだけでも保険会社側の方に矛盾がありますので、大体自賠責に戻してくれるという事はありました。(今はいきなり健康保険でと過失割合が無い状態で言ってくるところは極めて少ないと思います)

 

 

整骨院が交通事故の健康保険を拒否をして直接保険適用のシステムを指摘して自賠責に戻すパターン(整骨院側の対策)

 

交通事故の治療で自賠責保険が使えない時の整骨院の対策

 

これは私が一番使う方法でもあるし、この方法を知っている整骨院は全員使うのではないでしょうか?

 

 

 

 

どんな手口でその方法を成功させるのかというと、実は簡単だったりもします。

 

 

 

 

まず健康保険を使っているという事は初めから病院や整骨院で行われている可能性が非常に高いので、実は保険システムを理解している方はここでお判りになる方も多いでしょう。

 

 

 

 

保険会社に指摘するポイント

 

 

 

・病院や整骨院両方に健康保険を適用させている事

 

 

 

・保険適用のシステム上、重複するので返戻対象となってしまう事

 

 

 

・ただ知っているだけでは押し切られる可能性があるので、社会保険事務所や国保連に確認を取ったなど

 

 

 

 

上記に記載している内容で整骨院が交通事故の治療を健康保険で扱う状況から自賠責に戻す事が出来ます。

 

 

 

 

可能性は100%です!これはシステム上保険適用の内容が破綻してますので、保険会社はそれを整骨院に対して押し切る訳にはいけませんのでね。

 

 

 

というよりも整骨院側の主張は正しいし、完全に保険会社の方が間違っている事を言っていますので指摘は絶対にしておきましょう(返戻される可能性がある時点で損をする可能性しかないので)

 

 

整骨院で交通事故の健康保険を拒否する原因を作る保険会社が使えるといって嘘をつく真実

 

交通事故の治療の保険会社の嘘

 

結構タチが悪すぎるんですよね。

 

 

 

 

聞いていたら結構整骨院も悪い印象を聞く事があるかもしれませんが、保険会社も中々の事をやっているんですよ。

 

 

 

 

その内容を今回の記事の内容と合わせてみてみましょう。

 

 

 

整骨院で交通事故の健康保険を拒否する原因として被害者が前提上無知というのを承知で健康保険を使う事をごり押ししてきます。

 

嘘をつく保険会社 

 

簡単に言ってしまうと「健康保険が絶対使えるとか」「健康保険でやった方がいいですよ」「こちらの保険会社では健康保険での治療しか認めていません」など最終的には会社の方針をぶち込んでくる悪質な嘘ついてくるんですね。

 

 

 

 

先ほども言いましたが保険会社は健康保険を使って治療費を安く抑えたいだけなんですよ。

 

 

 

 

ただ被害者の方に過失割合が出ている場合は、被害者の慰謝料減額を気にしてくれる要素もあるかもしれませんが、基本的には保険会社の出費を抑える事が一番優先されてますね。(というよりこの理由しかありません)

 

 

 

 

基本的に被害者に対して誠意なんてこれっぽっちもありませんし、平気で上記の手口で保険適用のシステムを知らないで嘘を平気で言ってきますからね。

 

 

 

 

逆に知っていてその内容を言ってきているのなら、とんでもない事を保険会社の方がやらかしているという事になりますね。(笑)

 

 

整骨院で交通事故の健康保険で拒否をされる前に保険会社に手続きをする際に患者さんが行う事

 

交通事故の整骨院の治療を受ける方法

 

これはほとんどの方が行われる事にはなるんですが、交通事故に遭われた際に病院や整骨院に通院をする際の手続きの連絡を「保険会社に行い指示を仰ぐもの」と思われている方がいまだに多いんですね。

 

 

 

それで保険関係で何も知らない場合は「保険会社からすると騙せる対象になる」ので「ここで整骨院では対応してません」って言われてしまうと、無知だった場合は本当に信じてしまうケースが多いという事があるのが一番の注意点になりますね。

 

 

 

では被害者の方が問題なく整骨院に行くためにはどうすればいいのかというと、整骨院側に連絡をするのが一番いいでしょう(整骨院と保険会社のやり取りで通院手続きに有利になります。)

 

 

 

ただ問題は「健康保険でお願いします」って言われた場合に整骨院が拒否をした場合も普通にありますので、そういわれた際に保険適用の矛盾点の話を整骨院に教えてあげる事で、整骨院側が対策してくれて「自賠責保険適用に戻る」事によって受け入れてくれる事が十分可能です。

 

 

 

実は方法的に被害者の方も整骨院の方も知らない方の方が多いので、もし状況が今回の記事の様な状況なら内容を把握して「自身が都合が良い方」を選びながら治療を進める事で有利に進める事が出来るので覚えておいて損はありません。

 

 

整骨院で交通事故の健康保険の拒否に対しての結論

 

 

 

健康保険という内容を整骨院がどこまで知っているか知ってないかで大きく変わるといった記事の内容になるという事です。

 

 

 

 

そして保険会社が過失割合を省いたら、これも結構な悪質な手口を平気で使うというのを覚えておきましょう。

 

 

 

 

かといって整骨院側が誠意がある訳でもありませんので注意してください(過失割合があっても健康保険から自賠責に戻して収入確保しますから)

 

 

 

 

なので被害者の方が一番気を付けるのは、過失割合の有無での事を気にしてください。

 

 

 

 

整骨院側に対しては、是非試して頂いてはいかがでしょうか?

-整骨院の交通事故に関わる実際の本音

Copyright© 整骨院の内容と本音 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.