" />

整骨院に関わる詳しい内容と、整骨院側の本音を話します

整骨院の内容と本音

交通事故の治療に関わる整骨院関連の本音

交通事故の治療を健康保険で整骨院に頼むと嫌がられる

更新日:

今回の話は本当にぶっちゃけ過ぎた話になるんですけど、交通事故の治療を整骨院でお願いするとき保険会社から健康保険でお願いしますと言われたり、患者様本人から健康保険でお願いしてしまうと本気で嫌がられてしまう話をしましょう。

 

 

 

交通事故の治療を健康保険で整骨院にお願いしたら舌打ちもんです。

 

 

交通事故の治療で健康保険を使われて舌打ち

 

 

別に患者さんが悪いことはないんです。それだけは安心してください。

 

 

 

 

整骨院にとって健康保険を使うようにというシステム上に問題があるだけなんですよ。

 

 

 

 

なので整骨院で交通事故の治療をお願いされた時は、凄く有頂天になってしまう状態になりますが(ほとんどの整骨院がそうでしょう)それが健康保険と言われた瞬間、整骨院にとって天国から地獄に落とされた感じになるんです。

 

 

 

 

そうなるとやってはいけないけど、人が見てない所で舌打ちを連発してしまう案件になってしまうんですね。

 

 

 

なぜ整骨院が交通事故治療の健康保険で扱う事を嫌がるのか?

 

交通事故の治療を健康保険では嫌がる

 

単純に収入に直結してしまうからです!

 

 

 

 

例えば2部位の損傷を自賠責で治療したら平均の収入が1日6000円弱と健康保険の患者さん5人分になりますが、それが健康保険になってしまうと平均1200円位になってしまいます。

 

 

 

 

そして今の整骨院のほとんどは一般の方を治療するときに、窓口で頂くお金を保険負担金以外に軽い実費も含めた請求をしておりますので、大体700円位を普通の治療するときにお客様は整骨院に払っているのではないでしょうか?

 

 

 

 

しかし交通事故の健康保険での治療になってしまうと、保険請求の範囲の負担分しか請求できないので、整骨院側からすれば1500円位普通は貰っているのに対して、1200円位しか貰えなくなるので整骨院にとってはダルイでしょうね。

 

 

 

 

結論から言って金額と案件に対して割に合ってないと覚えておけばいいでしょう。

 

 

 

交通事故の治療を健康保険での用いての整骨院の通院は治療が雑になるが気にするな!

 

 

一応整骨院で交通事故の治療を行う際に健康保険を使う事は出来ます(本当のところ実は、、、ね、、長くなるんで別記事で書きましょう(笑))

 

 

保険証 画像

 

 

 

もしあなたが任意保険の切り替えまで想定して通院するという事は、基本的に慰謝料の方を重点に考えている方だと思いますので、それだと寧ろ治療が雑になるが、そこに目くじらを立てる理由はないんですね。

 

 

 

 

一日の通院で4200円以上の通院慰謝料は変わりませんので、そうなると別に雑にやられても腹は立たないでしょう?

 

 

 

 

もしこれが交通事故が初めてで保険会社に健康保険で行けと言われて凹んでいたら、交通事故で首が痛いと嘘をつき整骨院で治療した方が都合がいいを読んでみましょう。

 

 

 

 

整骨院にはメリットは無いですが、貴方にとってはメリットが大きいので気持ちを切り替えましょう。

 

 

 

過失割合がもしあるのなら嫌がられても健康保険で交通事故治療をしないと患者様が損をする

 

 

交通事故の治療で過失割合から健康保険を使わなければいけない

 

先ほど言った話は整骨院の話で健康保険で行うと収入が下がるという事でしたが、今回は過失割合がある状態で健康保険で交通事故の治療を行わないと患者様側が損をするのはご存知でしょうか?

 

 

 

 

どういう事なのかというと、交通事故の保険会社の補償が治療費や通院の慰謝料があるんですが、当然自賠責で通院すると治療は上がって健康保険で治療すると金額が凄く安いというのはお判りですよね?

 

 

 

 

そこであなたが過失割合が2割あるとしましょう。さらに自賠責の補償ではなく任意保険の補償に切り替わってるとしましょう。

 

 

 

 

そこで例として5か月の治療を行い80万円の慰謝料があるとして、2割の過失割合があった中で自賠責で治療した後の慰謝料と、健康保険で治療した慰謝料を比較してみましょう。

 

交通事故の慰謝料の金額の比較にチェック

 

 

自賠責で治療した後の慰謝料:治療費60万の過失割合で12万、慰謝料80万だとしたら80万円から12万円引かれるので68万円になってしまう

 

 

 

 

自賠責ではなく健康保険で治療した後の慰謝料:治療費12万円の過失割合で24000円、慰謝料80万円だとしたら24000円引かれるので776000円が慰謝料で入る。

 

 

 

 

という事で任意保険になってしまう事を想定して交通事故で整骨院に通院するのであれば、じつは健康保険を使った方がいいので整骨院に無理と言われてもごり押ししましょう(健康保険に対しての対策を知らない整骨院が多いので)

 

 

整骨院の治療内容が面倒くさがって電気治療だけになってしまう事が多いが好都合

 

交通事故の治療が雑でもOK

 

結構こういう対応をする整骨院は多いですが、実はこれを損と思わずに寧ろ電気治療で座って10分から20分くらいで1日4200円以上貰えるとなると美味しい話になるんですよ。

 

 

 

 

理由が割に合わない治療をするので、整骨院側も質を落として少しでも労力を割こうとするんですね。

 

 

 

 

また反対にこちらから電気だけでいいですとお願いすると、整骨院側も労力的コストから喜んで受け入れてくれますので、そうなると待ち時間もそんなにありませんし、気軽に通院が出来ますね。

 

 

 

 

そうなると通院する整骨院はどこでもいいので(こうなると技術や知識は関係ない)、気にせず選んでいきましょう。

 

 

 

交通事故の健康保険扱いで治療するのを阻止する整骨院がいたら整骨院を変えましょう

 

交通事故の治療で健康保険を使えない時の対策

 

中には交通事故の治療を健康保険で行わなければならない整骨院達とは違い、それを打破して自賠責扱いに戻す事が出来る整骨院もあるのを覚えておきましょう(私も基本的に自賠責に問答無用で戻します。誠意の前に収入が大事なので)

 

 

 

 

もし整骨院に通院するときに、整骨院側に保険会社の方と連絡しましたか?と聞いて連絡したと聞いたら、すかさず保険会社に連絡するようにしましょう。

 

 

 

 

それで健康保険のままであるなら、そのままで良しですが、自賠責に戻されたとなった時に過失割合がある状態になってしまうと、貴方が損をする状態になってしまうので、すぐさま転院しましょう(整骨院には転院を伝える必要はありません。)

 

 

整骨院を探す際に予約制でない所の方が治療しやすい

 

 

何故かというと予約制の所になってしまうと、どんな人が来るかを知ることが出来るので、一回交通事故の治療をしてしまうと予約をしたい際に「他の単価の高い患者さんを優先してしまう」可能性が極めて高いため、基本的に後回しにされるか時間が空いてなければずっと断られ続けてしまうという事になってしまいます。(結構多い)

 

 

 

なので対策としては予約受付を行っていない整骨院なら、そういう「優先的な単価が高い人を選別するシステムがない」ので、整骨院が診療している限り、好きなように通院する事が出来ますので整骨院を活用するのなら「予約制を扱ってない整骨院を探す」事が一番良いのではと思います。

 

交通事故の治療が整骨院で行われる事に納得

 

予約制でない所が実際に交通事故の健康保険扱いの治療を断ったりした例はありませんからね(断ったらなかなかのものですけど)

 

 

結論

 

 

結構整骨院の本音交じりの内容と、実は患者様自身も健康保険の方が過失割合があると損は少ないというのを知っている人は多くないのではないでしょうか?

 

 

 

 

あんまりそれを話す人も少ないでしょうからね(笑)

 

 

 

 

でもあなたに過失割合があり長期的に治療するのであれば、健康保険での治療はやっていた方がいいのは間違いないですね。

 

 

 

 

ただ整骨院側の立場からすればボーナス的に単価が高い継続案件が、一般治療よりも安い継続案件に成り下がってしまうのでため息&舌打ちは間違いないでしょう。(ただ患者様の立場である貴方には関係ないので気にしないようにしましょう)

 

 

 

-交通事故の治療に関わる整骨院関連の本音

Copyright© 整骨院の内容と本音 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.