" />

整骨院に関わる詳しい内容と、整骨院側の本音を話します

整骨院の内容と本音

交通事故の治療に関わる整骨院関連の本音

交通事故で首が痛いと嘘をつき整骨院で治療した方が都合がいい

更新日:

不幸にも交通事故に遭ってしまって首を痛めたけど、実際にはそんなに治療期間はかからず完治してしまったけど、それだと整形外科では続ける事が出来ないので、その代わりに整骨院で首が痛いと嘘をついて治療した方が都合がいい理由を話していきましょう。

 

 

 

交通事故で首が痛いと嘘をついた方が整骨院にとっても患者様にとっても都合がいいのは何故?

 

疑問をもつ 画像

 

まあこれは大体分かるかと思いますが治療の為に嘘をつくのではなく、お金に関わる話だからなんですね。

 

 

 

 

その為患者様は首が痛いと嘘をつく理由があるんですが、患者様にとっても都合がいいは分かるけど、何故整骨院にとっても都合がいいのか?それぞれの理由を話していきましょう。

 

 

 

交通事故で首が痛いと嘘をつく患者様のメリット

 

 

 

それは先ほども言いましたが後に得る事が出来る金額に大きく関わってくるからなんですね。

 

利益

 

 

どういう事かというと実は交通事故で1日通院すると最低4200円の慰謝料が保険会社から支払われるという事になり、通院すればするほど金額が大きくなるという事になるのはご存知でしょうか?

 

 

 

 

その為患者様からすれば嘘をついてでも、一日でも長く通院した方が慰謝料が増えるのでメリットしかないんです。

 

 

 

 

だからといって嘘をついていいという訳ではありませんが、私からすれば保険会社も被害者に対して騙してはいるのでイーブンなのかなと思っています(その理由は記載しませんが、気になる方はコメント頂ければと思います)

 

 

 

交通事故で首が痛いという嘘を受け入れる整骨院のメリット(一番悪い側)

 

悪い人 画像

 

これも勿論お金に関わります。というかお金に関わる理由しかありません。

 

 

 

 

その理由が整骨院の保険収入が当時よりも縛りがきつくなり減ってきており、実費治療の要素を取り入れないと経営がままならない整骨院も凄く多くなっています。

 

 

 

 

※実費治療が多くなっている理由は整骨院が保険の適用外での治療が増えてる理由柔道整復師法というのは柔道整復師を稼がせない為の口実であるをご覧ください。

 

 

 

 

そんな中で交通事故の患者様を受け入れる整骨院の一番のメリットは、健康保険での治療の5倍の単価の収入を得る事が出来るという内容になりますね。

 

 

 

 

部位によって金額は変わりますが、2部位なら1日5000円位と思っていただければ、しかも患者様側も慰謝料を多く貰いたいことから通院を続ける事は確実になりますので、一番大きな案件に整骨院にとってはなるんですよ。

 

 

 

交通事故で首が痛いと嘘を整形外科にいっても相手にされない

 

整形外科医師 

 

交通事故の首の症状は例えばむち打ちなどがありますが、他の部分の症状と違い自覚症状として扱われるので検査しても初検上は異常はない扱いになるので、病院側もむち打ちに関しては嘘をつかれても症状なし!という事は出来ません。

 

 

 

 

しかし、大体の整形外科は治療期間を設定している所が多いので、どんなに痛いと整形外科に言っても情緒が無い対応される事が多いので、嘘であろうが本当であろうが有利に働く事が少ない整形外科は増えています。

 

 

 

簡単に言うと整形外科は患者さんを診た感じではなく、患者さんを検査した結果で判断しているので「患者さんの意図と違う」判断をされる事が多いですね。

 

病院の検査 画像

 

整形外科での交通事故の治療(リハビリ)は長くは出来ない

 

 

 

これについての理由は整形外科でリハビリを続けてしまうと、リハビリ担当から医師に日々の詳細が筒抜けになってしまう事から、嘘をつく演技が上手くない方は見抜かれてしまって思った以上に治療を引き延ばせないという事になります。

 

制止する画像

 

 

また整形外科の方では交通事故の不正療養が働かない様に保険会社の方から勧告も受けておりますので、出来るだけ早い治療終了を行う整形外科も少なくはありません(実際に2か月で治療打ち切りになった方もいました)

 

 

 

治療の引き延ばしを図るために整骨院に治療に行く被害者は増えている

 

 

 

上記の整形外科の理由を知っている被害者の方が、診断権がない柔道整復師なら整骨院から打ち切られる可能性の方が少ないので、また整骨院からすれば単価が高い案件をやすやす手放しくない為に引き伸ばす側に協力的なので、整骨院に通院する被害者は多いです。

 

嘘つき

 

 

簡単に言うと診断権が無いので、首が痛いと嘘を言われても症状なしという診断を行う資格が柔道整復師にないので、それを逆手にとって整骨院側も患者様側も上手く整形外科と違って引き伸ばしているという事になります。

 

 

 

 

実際に整骨院で交通事故の治療を行った際の実際の期間は4か月以上半年未満までは行えています(症状初期状態からの計算)

 

 

 

※追記 整骨院での交通事故の嘘の治療を巡っての犯罪が増えているのはご存知でしょうか?

 

 

実は健康保険の不正請求の問題が目立っているイメージがありますが(詳しくは整骨院の保険での不正は見えない所で行われている※閲覧注意を参照)、実は整骨院で行われている交通事故の治療においての不正請求が行われているのも結構多いんですね。

 

逮捕 画像

 

しかも最近では交通事故の治療による整骨院の逮捕のニュースが案外多くなってきてるなった感じがしています(理由は全部一緒の理由で生活的なもので魔が差した的なものですが)

 

 

 

では実際にどういった内容で交通事故治療に関わる整骨院の事件が行われているのかを話していきましょう。

 

 

 

交通事故で負傷してはいるけど通院日数を偽る事を共謀するところが増加

 

悪徳商法

 

これがまあ一番多いタイプの交通事故の治療日数の水増しの不正請求ですね。

 

 

 

なんでこういう事が起きるのかというと先ほども言った通りの理由で「整骨院側にも患者側にも旨味がある」のが理由になりますね。

 

 

 

どういう事かというと通院日数が多いと「整骨院も患者も両方儲かる事が出来る」という事になりますので、整骨院と患者さん側が更に利益を求めて共謀して、「実際に通院していないのに通院したことにする」という不正行為を患者と整骨院側が双方納得して行っているという事です。

 

 

 

しかしその不正行為が増えすぎてしまって、最近は保険会社側も不正対策として疑わしい整骨院に対して「警察に調査依頼をしている所も出てきている」ので一日中整骨院に張り込んで「一定期間の監視状態」から「実際に通院した通院日数の矛盾点」を発見して摘発されるという事も多くなってきています。

 

 

 

という事で交通事故の治療というのは整骨院で嘘をつく事によって整骨院側も患者側にも「美味しい話」が出てくるのですが、今では保険会社が最も整骨院の治療に警戒している事案となっている事から「整骨院に対して保険会社からの信用は皆無」とみて間違いないでしょう。(だから保険会社も整骨院に行かせたくないという意思が丸見えですからね)

結論

 

 

 

交通事故で首が痛いと嘘をつくという言葉は一見悪いイメージがありますが、基本的にお金が大きく絡むという事情になってくるとどうしても欲望が勝ってしまうのが原因ですね。

 

 

 

 

ただ、これだとあくまでも被害者が卑怯と思われますが、誤解しないでください。

 

 

 

 

初めから嘘をついているのは保険会社の方になるんですが、保険会社はあくまでも治療を打ち切る事に意識を注いでおり嘘をついて打ち切りをするなど、被害者には一切の配慮や誠意はないものなので、そういう意味ではどっちもどっちかなって思っています。

 

 

 

 

慰謝料も保険会社基準や日弁連の基準という違いがある時点でおかしい話ですからね。

 

 

 

 

それだけ被害者に対して支払う金額をケチりたいという事から、初めから誠意ある対応ではなく厄介者の扱いをしているのです。

 

 

 

 

なので寧ろ被害者の抵抗としては保険会社の事を思うと仕方が無いとぶっちゃけ思いますかね。

 

 

 

 

どちらも嘘をついているので、どっちが悪いはないですよ。ほんとにね。

 

-交通事故の治療に関わる整骨院関連の本音

Copyright© 整骨院の内容と本音 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.