" />

整骨院に関わる詳しい内容と、整骨院側の本音を話します

整骨院の内容と本音

整骨院の治療の内容と本音や説明

整骨院で治療の土日の営業が何故増えてきているのか?(現実的)

更新日:

整骨院で治療を行っている際に気づかれるかとは思いますが、今は土日祝日も営業を行っている整骨院が増えてきているのが目立ってきているけど、何故増えてきているのか?その理由と本音を詳しく話していこうと思います。

 

 

 

整骨院の治療で土日の営業をする事で整骨院側と患者さんにとってはありがたい状況が出来る

 

整骨院が土日営業が増えて凄く喜ぶ人

 

ほとんどの整骨院が平日と土曜日半日の営業をしている所が多いですが、今の日本の中で整骨院は増えすぎており競合も増しているので、土日という枠を使う事によって競合している平日よりも患者さんを集客しやすいというメリットがあります。

 

 

 

 

また患者さんにとっても土日祝日が仕事休みの方もいますし、学生の場合は土日祝日が休みになりますから治療しやすい状況になるので両方にメリットがあるんですね。

 

 

 

そして増えてきているとは言いましたが整骨院の全部が土日営業をしていない所の方が多いので、それを狙って営業している整骨院が少しずつ増えてきています。

 

 

 

どうして増えてきているのか?その理由を話していきましょう。

 

 

整骨院の治療で土日営業しているのは実は患者さんの為ではない

 

 

 

結果的には患者さんの為にはなっているんですけど、実際は整骨院の収入源確保の為の集客枠を確保しているのが目的としか言えませんね。

 

 

 

 

先ほども言った通り平日枠で営業すると、他の競合店に患者さんを集客されてしまう可能性が高くなるので、同じ営業枠でやる事で収入の確保が難しくなっている状況の整骨院が増えてきています。

 

 

土日営業している方が利益がある

 

そこで他の競合店が土日行っている所の方が少ないので、集客して収入源を増やす為に手段として土日祝日の営業を行っているというのが理由になっている所が多いのが現実でしょう。

 

 

 

 

その為整骨院都合で土日祝の営業が増えてきているけど、患者さんにとっても嬉しい話になりますので結果オーライの話になってしまうという事ですね。

 

 

整骨院の治療で土日営業している方が利益は大きい

 

 

 

これに関しては本当に平日の時よりも利益率は格段に上がります。

 

 

 

 

特に保険適用の患者さんよりも自費での患者さんの方が多く、明らかに土日の方が集客はしやすい状態になっていると言いましょうか。

 

 

 

 

患者さんの方が土日休みで疲れている方は多いので、その中で身体の疲れを取りたいという方も多い為、実費治療をしてでも身体を回復させておきたいという方は多いんですよね。

 

 

整骨院の今後の戦略が土日営業以外も増えてくる事に納得

 

そういう事で土日営業にする事によって、確実に利益が増したという整骨院は圧倒的に多いです。

 

 

 

整骨院の治療で土日の営業で患者さんにとってありがたい理由

 

整骨院の土日の営業で安心する社会人

 

基本的に整骨院は平日が主に行われているんですが、営業時間が遅くても8時まで受け付けという所が多いとして、今のサービス残業が多い世の中で8時ですらも間に合わないという方は増えてきていると言っても過言ではありません。

 

 

 

 

そういった方々の方が増えてきていますので、平日にどんなに遅く営業しても残業してくたびれている人が整骨院に来るとは限らないので、どちらかと言えばゆっくり時間を確保できる土日の方を営業して頂いていた方が、平日残業が多い患者さんにとっては大いに助かります。

 

 

 

 

そして学生の方になれば、一人で来ることが難しいという方もいるので(遠方など)、そして保護者の方が土日休みとなると平日ではそもそも難しいため通院も難しくなってしまいますが、整骨院が土日行われる事で学生の方にとっても凄く助かる状況が出来てくるんです。

 

 

 

 

その為整骨院の土日営業は整骨院どころか、患者さんにとってもデメリットどころかメリットばかりしかないんですね。

 

 

整骨院の治療で土日の診療で患者さんが助かっても整骨院側は激化していく理由

 

 

これに関して言ってしまえば整骨院側からすれば、戦略的に土日の診療を行っている事になりまして、それがどういう事かというと世間的には土日祝日に時間を取れる可能性が高い方の受診率を考えているという事になるんですね。(要は土日の休みである社会人や学生がいるという事)

 

 

 

実際に昔の整骨院は土曜日半日で日曜日祝日は休みという概念が多かったのですが、今では整骨院も山ほど増えてきているという事もありますので、「集客の為の戦略の難易度が高くなってきている」という事もあるので、収入をしっかり確保していくために当然整骨院側も行動を起こさなければいけません。

 

 

 

最初は自費治療の導入(詳しくは整骨院が保険の適用外での治療が増えてる理由を参照)だったり、不正行為の激化(詳しくは整骨院の保険での不正は見えない所で行われている※閲覧注意を参照)を行って収入を上手く確保しようという事ですが、それでも追い付かない状況が今後の整骨院の収入を締め付ける事になりました。

 

 

 

※整骨院の収入を大きく締め付ける内容については柔道整復師の給料が安い事はあっても高くなる可能性は薄いを参照ください。

 

 

 

そこで不正も出来ない、自費の対策をしようにも整体院も増えてきているという中で、整骨院が出来る方法としては「診療時間や曜日を変えるという事になります。」

 

 

 

それが整骨院の土日の診療に繋がっていくという内容になり、そしてそれは今後も同じように対策を行おうとして増えていく問題になっていくでしょう。

 

土日診療している整骨院が多すぎてどこに行けばいいか分からない

 

何が言いたいかというと患者さん側にとって嬉しい話になりますが、どんどん土日祝の診療している整骨院が増えているので、どこに行こうと困惑してしまう状況が生まれるという事ですね。

 

整骨院の治療で土日診療についての結論

 

 

読んでいただいてお判りでしょうが、整骨院の土日の営業をする事によって助かるのは整骨院と患者の両方になってくるという事です。

 

 

 

また土日の営業に関しては整骨院の競合が強くなればなるほど今後も増えてくる可能性は大きいですが、今のところは極端に増えてくる状態も無いので、今のうちに集客対策で行うのもアリかもしれませんよ。

 

 

-整骨院の治療の内容と本音や説明

Copyright© 整骨院の内容と本音 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.