" />

整骨院に関わる詳しい内容と、整骨院側の本音を話します

整骨院の内容と本音

整骨院の先生の本音(結構本気で言っています)

整骨院で保険で厳しい業種では保険適用を行う事が出来ない

投稿日:

整骨院の治療をする際に急性炎症の類で保険が適用という内容で現在は整骨院を保険にて利用されている方も多いですが(詳しくは整骨院で肩こりを保険で行う事は出来ない!(注意してください)を参照ください)中には健康保険を使う事を嫌う保険者もいるのはご存知でしょうか?

 

 

 

今回は整骨院で保険で厳しい業種では保険適用を行う事が出来ない理由を体験談を踏まえて行いましょう。

 

 

 

整骨院で保険適用が厳しい業種が増え続けている事実

 

整骨院で保険適用が厳しい

 

実際に言っている事は間違いでは無いし、今後もそういった企業は増えてくるのではないのかなって思われがちではあるんですが、実際に今の所整骨院で保険の適用が出来ない所の共通点は「公務員関連」なりますので、実際にそういった所からの受診者は限りなく減ってきていますね。

 

 

 

何で?って思いませんか?

 

 

 

整骨院も確かに社会的信用を落としている業種でもあるし(詳しくは柔道整復師という職種は今後社会的な信用は低い現実を参照ください)、医療系としての立場では一番低い業種でもある(詳しくは柔道整復師は医療としての立場は一番低い存在に成り下がったを参照ください)ですが、それでも厚生省に認可されている指定施術所として保険適用が出来るんです。

 

 

 

しかしそれでも「整骨院で保険を使うな」の一声が実際に起こって、その該当している保険証の患者さんが保険適用の治療が出来なかったという例はあります(整骨院の本来の急性症状が原因であるにも関わらずです)

 

 

 

実際に何故公務員などの関係で整骨院で保険を使う事が難しいのか?それは「基本的に公務員が国の息がかかっている可能性が高い」そして「実際にどういった公務員が保険適用で整骨院に受診できないのか?」を詳しく話していきましょう。

 

 

整骨院で公務員が保険適用が行えないのは国自体の指示が裏で行われている可能性が高い

 

健康保険の適用を整骨院で出来ないのは国の陰謀

 

これは非常に可能性は高いと思いますね。

 

 

 

昔まで公務員も整骨院で保険適用で治療すること自体は問題無かったのに、何故か最近では整骨院で公務員の一部の組織が保険適用を嫌がって使用自体を制止している事実は出てきています。

 

 

 

何故こんなことが行われているのか?

 

 

 

これは私の想像になりますが、国自身が極端に指示を伝えやすい大きな組織に対して、日本の予算を少なくとも節約する為の対策として行われているのかなって感じはしますね。

 

 

 

なので大きな組織関連の公務員の方を始め家族の方も含めて、保険適用にて整骨院を利用する事が出来ない事実は広まっているので、もしかしたら信憑性は高くなっているのかもしれません。

 

 

 

実際にどういった公務員が整骨院で保険適用が出来ないのか? 体験談

 

公務員が整骨院で保険が使えない理由とは?

 

これは基本的に大きな組織関連の公務員になるんですが代表的なものとして10年前は「自衛隊関連」でしたが最近では「警察関連」だったり「市役所関連」のものが一番多いですね。

 

 

 

実際に治療に来られた方が最初に整骨院で保険適用で行う事は出来るのだが、後日整骨院で保険適用を下という事実が該当の組織に知られた際は、注意をされてしまう事が多かったんですが「整骨院では保険を使わないでくれ」という感じにね。

 

 

 

実際に自衛隊関連になってくると「筋は通っているのに一方的に返戻の扱いをされた」ので、これに関しても完全に全体的に整骨院では保険を使う事が出来ないというのを警告しているようなもんですね。

 

 

 

なので私が今後治療に来る患者さんに対して「該当するタイプの保険証の方来た場合は丁重にお断りする形」になってしまうので、それに関しては正直に整骨院の都合ではなく、保険証の保険者の都合の問題という事を正直に話して対応してもらうようにしてますね(いちいち相手すると面倒臭いので)

 

 

 

整骨院で保険適用が厳しい公務員の方が整骨院で治療を受ける為には

 

保険適用が難しい公務員が整骨院で治療を行う為には

 

これに関しては非常に厳しい意見を言ってしまいますが、まず保険を使っての治療を諦めるしかありませんね(その働いている組織自体が保険適用を禁止している時点で絶望的ではありますね)

 

 

 

なので実際に整骨院で保険適用を禁じられてるに近い公務員の方が整骨院で治療を行う為には、「実費で行う」しかありません。(というよりも保険適用で行えない時点で本来の保険適用の内容であろうが、残念ながら実費での治療になるケースは増えてきていますね)

 

 

 

実際の例として整骨院に行って保険証を提示するけど、保険適用が出来ないと言われて実費を提案される感じになるので、そこで費用的に問題ないかどうかを決断して受診するという感じになりますね。

 

 

 

ただ実費になってしまったという事になってしまっては、別に整骨院にこだわらなくても「整体院」でも十分対応は可能になりますので、保険適用が出来ない時点で整骨院以外の治療院も検討しても良いと思います。

 

 

 

結論

 

 

一部の公務員で健康保険を整骨院で使えない事例は増えてきていますが、実際にそれに対して対策をする事というのは実費の内容に移行するしか方法は無いんですね。

 

 

 

それだけ国が整骨院で保険を使う事を嫌っているのだろうというのが目に見えていますね。

 

 

-整骨院の先生の本音(結構本気で言っています)

Copyright© 整骨院の内容と本音 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.