" />

整骨院に関わる詳しい内容と、整骨院側の本音を話します

整骨院の内容と本音

整骨院で治療される方向けに話す本音

整骨院が保険の適用外での治療が増えてる理由

更新日:

 

昔の整骨院の治療では保険の範囲内での治療だったり、保険の範囲内での料金で行われていたのが、最近の整骨院では何故か実費治療での保険適用外のメニューではない内容が増えてきていますので、その内容と理由をお話をさせて頂こうと思います。

 

整骨院の保険の適用外での治療がそもそも増えてしまったのか?

 

疑問をもつ 画像

 

それは完全に整骨院側の事情になりますが、何故そんなことになってしまったのかというと、アホみたいに整骨院や整体の件数が増えてしまって競合率が極端に上がってしまった事が原因になりますね。

 

 

 

理由は競合率が上がってしまったという事で、患者さんの獲得が難しくなってしまった整骨院は、保険適用内の治療では経営的にも難しくなってきた為、そこでもう一つの手段を得て収入を得る為実費治療を取り入れています。

 

 

 

事実周りに整骨院が増えすぎて、保険適用内の治療だけを行ったが実際には無理で廃業に追い込まれた整骨院も後を絶ちません。

 

 

何故整骨院は増えてしまったのか?

 

 

 

まずここから話していきましょう。

 

 

 

 

理由は簡単で収入も良くて柔道整復師になって開業できる難易度が低いというのが一番の理由でしょうね。

 

 

 

 

そして受領委任払いが認められたことから、整骨院は保険適用を堂々と行えるという事になり、その時は肩こりや腰痛の慢性的な内容でも実は請求しても問題はありませんね。

 

 

 

 

何故かというと肩こりで治療しても請求用紙に負傷した原因を記載する義務もありませんでしたし(3部位までは)、患者さんに対して慢性的な疾患の治療の有無を説明する義務もなかったんです。

 

 

 

 

という事で「整骨院は稼げる」という状況が出来てしまうので、柔道整復師を目指したいという方はここから多くなってきたという事になります。

 

 

 

 

そしてそれに目を付けた柔道整復師養成施設の運営側はこぞって設立数を増やす事から、柔道整復師の数が年々増してしまって整骨院の数が爆増してしまって過当競争になってしまったという事になるんです。

 

 

 

 

更にその勢いが抑えきれず柔道整復師の数が本来の必要な整骨院の件数のキャパシティを大幅に超えてしまう事から、競争にあぶれてしまい廃業してしまう整骨院が出てくるという事になる位、深刻になる程のレベルで多くなってしまうという事になってしまったという事なんでしょう。

 

廃業した店 

 

 

そんな中で保険適用の治療だけでは難しくて自費に手を出してしまう先生は年々増加しているのは間違いありません。

 

 

 

過当競争になった為国も療養費の支払いを抑える国の動きもあります

 

 

 

過当競争になって反応するのは実は整骨院の同業者だけではありません。

 

 

 

 

まず保険請求により療養費の支払いを整骨院が求めているのですが、どこに求めるのでしょうか?

 

 

 

 

それは国に求めるという事になるので、国が整骨院から整骨院より請求された療養費を支払っているという事になります。

 

 

 

 

そう支払っている国の方が過当競争になった整骨院に対して支払いが増えているので、その支払いが多くなる事自体を抑えたいので対策をしてくるという訳なんですね。

 

 

 

 

それが柔道整復師法の規制の強化を行う事によって整骨院が簡単に稼げない様にしています(詳しくは柔道整復師法というのは柔道整復師を稼がせない為の口実であるを参照)

 

 

 

 

そして行政側から簡単に柔道整復師が開業できない様に更に柔道整復師法の規制強化の一環として管理者研修の義務が制定されてます。(その内容は柔道整復師の管理者研修を深刻に考える必要はない理由を参照)

 

 

 

なので整骨院側としては保険適用の治療を積極的に行う事が出来なくなったので(詳しくは整骨院の保険での不正は見えない所で行われている※閲覧注意を参照ください。)そこから保険適用外の治療を検討せざるを得ないという事にもなってしまいます。

 

悩んでいる人 画像

 

整骨院の保険の適用外の治療はどんなものがあるのか?

 

 

今の整骨院のほとんどが保険適用内の治療だけという所は、ほとんど無くなってますね。

 

 

 

そして今現在の整骨院の保険の適用外の治療とはどんなものがあるのか、結構多い具体的なものを挙げて説明していきましょう。

 

 

整骨院の保険適用の治療とは別にマッサージの延長のメニューがある

 

 

簡単に言うと保険適用の治療で行われるマッサージが10分位だとすると、そこから10分の延長を行い実費の料金が発生するといった内容の物になります。

 

 

 

例としたら 10分の延長につき1000円等

 

 

 

整骨院によって差はありますが、大体10分から15分の範囲の延長で500円~1000円位が妥当ですね。

 

 

何故延長のマッサージが実費になるのか?

 

 

 

そもそも延長内容が保険内容内でやってしまうと整骨院側の方が、利益にならないどころか逆に赤字になってしまいますね。

 

 

 

 

寧ろ延長治療は患者様の為では無くて整骨院の経営事情から生まれた実費メニューでもあります。(整骨院でのマッサージの料金詳しく知りたい方へ詳しくご覧ください)

 

 

利益 画像

 

 

そして実費の延長の時間を取り過ぎると、反対に数で収益を稼げなくなってしまう為15分までの延長が限界でしょう(患者数が多い整骨院なら尚更ですし、詳しくは整骨院でのマッサージの時間はどれくらいなの?

 

 

元々保険適用外の治療がその整骨院の流れに加えられている。

 

 

それは、骨盤矯正や背骨の矯正(ボキボキと鳴らす系など)の一瞬での時間で、しかも特別な治療された実感を感じやすいというパフォーマンス性が強い内容の治療を行う整骨院が増えてきています。

 

 

 

この実費治療の利点は、時間がかからず一回で1000円位の料金を取る事が出来て、しかも治療の流れの中に自然に組み込む事で患者様からも不信感も感じないので、そういった理由で行っている整骨院は多いです(特に系列店)

 

 

実費治療に関わる回数券を購入させられる整骨院も実は多い

 

回数券

 

これは矯正等の治療や、整体メニューなどの1回単価が高い約5000円位の内容の10回分の回数券になりますね。

 

 

 

例えば一回のみで行うと5000円なんですが、10回の回数券を買うと40000での購入となり、それを利用すると実質4000円になってお得感が出ます(それは毎回使う方向けですね。)

 

 

 

ただそれを強引に購入させようとする整骨院もありますので、特に系列店がある整骨院には気を付けましょう(基本的に系列がある所はの売り上げのノルマがありますので、患者様よりも利益一番ですので)

 

 

 

詳しくは整骨院が怖い要素が年々酷くなってきている(閲覧注意)をご覧ください。

 

 

実際にそれで患者さんが症状が良くなるかというとそうではない(本音)

 

 

 

基本的に整骨院側の今の考え方は献身的に患者さんを治そうという気持ちで動いてはいません。

 

 

 

 

その為技術にも大手の整骨院ではマニュアルがありまして、「治療が2気持ちよさ8」位の比率で技術を教えている所がい多いから、昔よりも整骨院の技術や知識と考え方の水準が大幅に減ってしまったのは間違いないでしょう。(特に今の20代の柔道整復師はそのパターンですね)

 

 

 

 

なので今の8割の柔道整復師が腰痛を治せって言われて、根本的な原因を追究して的確な治療が出来る人っていないですよ(治っても元々が酷くないパターンか、急性症状なら炎症が消退しただけ)

 

 

 

※詳しくは腰痛は整骨院で治らないから行くだけ無駄ですよ!を参照ください。

 

 

 

 

なので保険適用外以外の技術は増えているけど、治療効果が上がるかと言われたら寧ろ下がった整骨院が多いが本音ですね。

 

 

困惑する女性

 

 

まとめ

 

 

保険外の治療が行われた全ての始まりは、稼げるという時代の時に大量に柔道整復師養成施設が乱立したことにより、大量な柔道整復師の生産と共に整骨院の増加が原因になっています。

 

 

 

 

そこで手段を増やすという意味で実費治療を行うという所に行きついてしまったという整骨院が多いという事になります。

 

 

 

 

実費治療も時間的な負担もなく、そして単価が高い内容を入れる事で、競合率も上がり保険適用内での経営が難しい整骨院が収入手段を増やすのが理由で生まれたものと覚えておいてください。

 

 

 

 

しかし、系列がある整骨院になると技術力が無くても行っている場合があるので、治療に行く際は注意が必要です。

-整骨院で治療される方向けに話す本音

Copyright© 整骨院の内容と本音 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.