" />

整骨院に関わる詳しい内容と、整骨院側の本音を話します

整骨院の内容と本音

整骨院で治療される方向けに話す本音

整骨院の保険証を使っての治療は気を付けましょう。

投稿日:

普段の日常の負担によって身体が痛くなる事は多い事もある中で、あまりにも酷くなってしまう場合は治療を検討して整骨院に治療に行こうかと実際に受診をされている方が多いものかと思われますが、実際にその中で整骨院で治療を行う際の保険証を使って治療できる内容も結構気を付ける事が多いので、最近のその内容を話していきましょう。

 

 

整骨院の保険証を使う治療の仕方に対して気を付けなければいけない

 

整骨院で保険証使う際に注意

 

今は整骨院の保険に対して、国が極端に整骨院からの医療費の適正化を図り、規制強化を行うにあたって保険を使っての治療に対しての調査も強化されるようになりました。

 

 

 

そして今は保険者からの治療に対しての一番警戒されてしまう内容としては、その患者さんが保険証を使用しての治療の仕方について徹底して調査をして内容を確認する動きが多くなってきている中で、実際に不備があった場合に保険請求が認められずに実費を直接整骨院から請求されたという例も、最近は多くなってきました。

 

 

 

そんな中で患者さんも整骨院に受診をする際に、整骨院によっては「出来る」って言われる所もあったり「出来ない」と言われて保険証の適用の内容が曖昧になって困っている方は多くなってきているのは間違いないので、実際に整骨院の保険証を使う際の気を付けるべき点がありますので確認していきましょう。

 

 

 

その気を付けるべき点とは「保険適用に関わる内容を実際に確認しましょう」という事と「長期の受診は保険適用が認められなくなったケースが増えてきた」という大きな点を主に話していきましょう。

 

 

 

整骨院で保険適用に関わる内容を実際に確認しましょう

 

整骨院で治療したら治療の内容をしっかり確認しましょう

 

これは案外受診をされる方のほとんどが、整骨院の保険適用の内容を実際に分かっている方が少ないというのは間違いありません。

 

 

 

そんな中で一番多い内容としては保険証の実際の整骨院の適用範囲が分からないという方(慢性的症状でも治療が出来ると思われている)がダントツで多かったので、これに関してはリンクを貼っておきますので是非一度ご確認して頂ければと思います(詳しくは整骨院で肩こりを保険で行う事は出来ない!(注意してください)を参照ください)

 

 

 

治療した際に実際に治療の内容の部位(整骨院側では請求部位と言います)と負傷した部位、治療を行った部位を治療した月度に整骨院に確認して控えるようにしていた方が良いですね(これをしないと調査のアンケートで間違った回答を書いて全額請求されるので整骨院での保険適用で調査が来た時の対処(要注意)を参照ください)

 

 

 

何故そういった感じで確認をする事が必要になるのかというと、長期になってしまうと基本的に整骨院が不正を行う状況が出やすくなり、ある程度の期間を過ぎたら身に覚えばない部分の部位が負傷したことになっているという感じになって請求されてますので、しっかりと毎月確認をするようにして下さい(詳しくは整骨院の保険での不正は見えない所で行われている※閲覧注意を参照)

 

 

長期の保険証を使った受診は適用が認められにくくなってきた

 

整骨院の長期利用は結構危険です

 

これは事例として話していくんですが、実際に長期(3か月以上を指す)になって治療を行ってくると、結構保険からの調査アンケートが送られてくるリスクは周りの話を聞いている中では多かったですね。

 

 

 

実際に3か月以上を治療を行っていて、調査のアンケートが届いてしまって誤った回答を書いてしまったりして、請求分の支払いがされなかったので、仕方なく患者さんから本来の請求分を請求するしかないという選択肢をしてしまい、患者さんが大きく損をしてしまうという方も増えてきているのも事実です。

 

 

 

なので実際に長期になってくると、保険者側からしては「そんなに長く治療が必要になる内容は本当に急性症状なのか?」という疑問を持たれるのも無理はないですので、本当は急性の症状(炎症が出ている内容のもの)が消退する位が本来の業務範囲なので、それ以外の要素で長いと疑われてしまうんですね。

 

 

 

それで今は患者さんに対しても整骨院に対しても疑われない様に、長期になる前には一旦治療を止めて期間を置いてから施術を再開しているという方法がとられるようになりました(その間は実費での対応の整骨院も増えてきています

 

 

 

なので簡単に言ってしまうと、保険の適用は3か月が連続で行うとしたら限界と思って頂ければいいという事です(その後1か月空けたら再び初診という事で再開可能です)

 

 

整骨院の保険証も今後使えなくなってくる可能性は高い

 

今後の整骨院は保険証を使うことが出来ないかも

 

今現在ではコロナウイルスで日本の予算が多く使われてしまっており、今後の日本の予算を節約していくために更なる医療費の削減を行っていく事は予想されていくでしょう。

 

 

 

そんな中で現在も整骨院の医療費削減の為に規制強化を行っているんですが(詳しくは柔道整復師法というのは柔道整復師を稼がせない為の口実であるを参照)、それが更に2020年のコロナウイルスの影響から整骨院の保険の規制強化が更に行われても不思議ではありません。

 

 

 

そうなってくると慢性的疾患での受診が出来ない様に、更に保険者側としては調査の内容を更に悪辣な質問の内容にしてもおかしくありませんし、その質問に対して1つでも保険診療に関わる理由を応えれなかったら、保険請求無効になってしまい更に整骨院に対しても個別調査を行う口実も出来る事から、整骨院が淘汰してく流れが大きくなってくるのでしょうか。

 

 

 

という訳で今はギリギリ整骨院で保険証を使って治療を行えても、今後は保険証を使って整骨院で治療できなくなるというのも近い未来実現する可能性は高いので、患者さん側もそれは覚悟しておきましょう。

 

 

結論

 

 

整骨院で保険証を使うという事は昔は本当に当たり前のような感じの事でしたが、それが今では規制強化が行われて(整骨院の競合率が拡大しすぎているのが原因)長期での受診も難しくなり、そして受診の際の症状の内容が不正的な内容だったり、整骨院側で意図的に不正的に行われたりする事もありますので、今後の整骨院の保険証を使うという事に関しては風当たりは良くないですね。

 

 

 

そして今後も2020年のコロナウイルスの問題の影響で、医療費削減の要素も強くなる可能性もある事から、整骨院の保険規制の強化の可能性もあり最悪保険証がほぼ使う事が出来なくなる事も、今後の事を考えると可能性の範囲内と考えておいて、整形外科の方にシフトしてい行く感じになりますかね。

-整骨院で治療される方向けに話す本音

Copyright© 整骨院の内容と本音 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.