" />

整骨院に関わる詳しい内容と、整骨院側の本音を話します

整骨院の内容と本音

整骨院で治療される方向けに話す本音

整骨院の保険適用での範囲はどの症状なのか?(現状を含む)

更新日:

整骨院で身体が痛いから治療をしようと試みる方は多いかと思われますが、実際に保険を使える範囲について国もうるさくなってきている状況になり、どの範囲が治療して良いのか分からなくなっている方に対して詳しく話していきましょう。

 

 

整骨院の保険適用の範囲は基本的に定番通りの内容になる

 

 

チェック

 

 

定番通りの内容となると、じゃあどの内容になるのかという事になるのですが、これは柔道整復師法が認めた治療範囲として骨折、脱臼、打撲、捻挫の範囲が柔道整復師(整骨院)が扱える範囲になります。整骨院で肩こりを保険で行う事は出来ない!を参照)

 

 

 

※骨折脱臼に関しては、医師からの紹介状が無い限り後療法の治療は出来ません。(詳しくは整骨院と接骨院の違いはどう違うのか?を見てみましょう)

 

 

 

その為どういった内容が整骨院の本来の適用範囲になるかを話していきましょう

 

 

整骨院の保険適用範囲で出来る今現在の治療範囲は打撲と捻挫である

 

首の捻挫 画像

 

 

国から定められた範囲で、医師の紹介を介さずに出来る内容と言ったらこの内容になりますね。

 

 

 

基本的に柔道整復師の本来の業務範囲から見てみれば、急性的な打撲と捻挫になりますので、この状態になる確率は日常の中では正直な所そんな確率は高くはないかと思われます。

 

 

 

しかし、その中でも言い方次第でどうにかなるのも整骨院の業界ではあるんでしょうね。

 

 

 

あまり大きな声を言ってはいけませんが、特に捻挫に関しては基準はあってない様なレベルではありますね(結構曖昧なんですよ)

 

 

保険適用範囲ではあるが、実際の所捉え方次第である

 

困惑する女性

 

 

例えば肩こりは治療が出来ないという事になりますが、負傷日ってじゃあいつですか?って事にもなりますし、そして痛いと思われた時は、その時に痛くなった状態がある訳ですから、ここを主張してしまえば急性的な扱いにできるのではないのかと思われますね。

 

 

 

その為慢性的な肩こりでも、就寝時に寝違えた様な負担があるかもしてないので、そうなると一概に肩こりとは決めつける事は出来ないので、急性的な広義の捻挫として適用として有効に出来るのではと思われます。

 

 

 

例:元々肩こりがあったが、急に痛みが強くなった。(この場合は痛くなった状態も曖昧になるので、就寝時に捻ったと言ってしまえば、そっちの方が信憑性が強くなるんですね)

 

 

整骨院の保険適用の範囲は実際に言い方次第です!

 

言い方を考えている人

 

 

実際に痛みが強くなったのが最近でも普通に元から肩こりと言ってしまえば、今の整骨院では受け入れないところもあるかもしれません(まあ少ないでしょうけど)

 

 

 

ただそれを普通に受け入れている場合は整骨院の保険での不正は見えないところで行われているの内容の事が行われているので注意が必要になりますね。

 

 

 

その為どんなニュアンスの言い方がいいのかというのを説明しましょう。

 

 

あくまでも慢性的な要素では無く、最近痛みが酷くなったならそちらを主張しましょう。

 

整骨院で詳しく内容を伝えている女性

 

 

元は肩こりでは慢性的にはなるのですが、しかし最近痛みが強くなってしまったのであれば不明な原因で症状が出てしまっている可能性があるので、そうなってしまうと慢性ではなく急性になる事を覚えておいてください。

 

 

 

その上で最近首が痛くなったという風に整骨院側に伝えれば、整骨院側も受け入れる事が出来ますので、痛みが強くなってしまったけど急に痛みが強くなった場合は原因が別の症状の可能性がありますので、治療を諦めるのは早いですよ

 

 

 

※追記 保険適用の範囲が狭くなっている事から整骨院が卑劣な事を行っている所が多い

 

悪い人 画像

 

 

これは今現在の整骨院業界に当てはまる事になるんですが、今の整骨院業界では保険適用の範囲が厳しいという事もあり、国が慢性的な症状をごまかして行われない様に規制強化を行われるようになっております。

 

 

 

 

そこで整骨院が肩こりを無理やり広義の捻挫として請求しても、保険者の規制強化によりそれを受け入れないどころか監査に陥って行政処分をされている整骨院は増えてるんですよね。

 

 

 

 

という事は整骨院も無茶な保険適用の内容で請求できなくなってしまうという事で、収入も下がるリスクがある事から、自費を主に扱う様にしてから収入の低下を防いでいる所が増えていますし、更に自費の対策をしている整骨院が周りにも増えていたことから、自費の収入の為に行う際の手段が悪辣になってきている所が目立ってきています。

 

 

 

 

それが整骨院の先生のセールスマン化になって患者さんに単価の大きい物販物や回数券の購入をさせているという内容になります。

 

 

 

 

※詳しくは整骨院が怖い要素が年々酷くなってきている(閲覧注意)を参照ください。

 

 

まとめ

 

 

基本的には国が定めた基準に従ってしまうと、普段あまり起こす事が無い捻挫で治療できないイメージになりますが、肩こりや腰痛でも痛みが増した際は別の原因で起こった急性的なものになると覚えて頂き、遠慮なく整骨院に受診しましょう。

 

 

 

しかし今の整骨院では保険適用の内容を強く押している所が多くなっているので、貴方の症状に合わせて受診するかどうかを確認してください。

 

 

 

むしろ私からすれば、痛みが強くなった時が急性症状の転換期と思いますので、その時点で慢性的では無いと認識しています。

 

-整骨院で治療される方向けに話す本音

Copyright© 整骨院の内容と本音 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.