" />

整骨院に関わる詳しい内容と、整骨院側の本音を話します

整骨院の内容と本音

整骨院で治療される方向けに話す本音

整骨院と整形外科の違いと治療効果は?裏話もします

更新日:

結構疑問に思われている方が多い中でも、整骨院と整形外科は何が違うのかという事ですが、ざっくりとは分かるけど詳しく分かりにくいという方が多かったので、今回は整骨院と整形外科の詳しい違いを説明していきましょう。

 

整骨院と整形外科の違いで重要な点は何か?

 

 

疑問をもつ 画像

 

 

それは医師が診察をするかどうか?という事が重要にはなりますね。

 

 

 

しかし整骨院と違って整形外科の内容は結構幅が広いものがありますので、それを話していきましょう。

 

 

整形外科では骨折や脱臼の検査を行い診断が容易に出来る

 

病院の検査 画像

 

整骨院では初期の骨折や脱臼の治療に関わる事は出来ないので(整骨院の保険適用での範囲はどの症状なのか?を参照)、仮に脱臼か骨折を探そうとしても触診で触れる事でしか確かめる事が出来ず、細かい骨折は見逃しやすいです。

 

 

 

それが整形外科になるとレントゲンという検査方法があり、その検査で大体は分かりますし、それでも分かりにくい場合はMRIがある病院と連携をして詳しく検査を行う事が出来るので、脱臼や骨折の見落としはありません。

 

 

整形外科では骨折や脱臼の治療が出来る

 

骨折 画像

 

 

ざっくり言うと整骨院と違い、整形外科では骨折や脱臼の治療が出来ます。

 

 

 

先ほどの検査の内容と合わせて、骨折や脱臼の内容に対して保存療法だったり観血療法(手術)を用いて治療を行う事が出来るので、整骨院ではなく整形外科で骨折や脱臼を治療すると覚えておいてください。

 

 

整形外科の方が診断力が強い

 

整形外科医師 画像

 

整骨院は柔道整復師であり、整形外科は医師になりますので、当然医療系の資格では医師の方が格上の存在になりますので、医師の診断の方が世間的に信憑性は高いです。

 

 

 

その為スポーツ外傷でスポーツを休む際や日常生活のケガで仕事を休む際は、整骨院の診断書は有効とせず、整形外科での診断書しか受け入れない学校や企業が増えてきています。

 

 

 

簡単に言ったら整骨院に対して信憑性は減少しているという事になりますね。

 

 

 

そもそも柔道整復師は診断自体をしてはいけないので、基本的に診断書を書く状況はほぼありません。

 

 

 

整骨院と整形外科の違いで治療効果の方はどうなのか?

 

 

整形外科の存在の内容は大体説明しましたので、今度は整骨院と整形外科の治療効果の違いをお話するのですが、今回は整骨院の普段の治療と、整形外科の全体な内容の部分を脱臼と骨折を抜いて比較していきましょう。

 

 

整骨院の治療の場合

 

整骨院でマッサージを受ける画像

 

 

整骨院の場合は電気治療、温浴療法、後療法(マッサージやストレッチなど)を行い物理療法的な内容で回復を目指していきます。

 

電気治療

 

 

ただ整骨院の場合は本当の急性よりも慢性の疾患向けなのかなって感じはしますかね。(実際にほとんどの慢性寄りの症状の患者様が多いですね)

 

慢性的な肩こり

 

※しかし整骨院は慢性の疾患では本来治療は出来ないので、詳しくは整骨院の保険での不正は見えないところで行われているをご覧ください。

 

 

整形外科の治療の場合は

 

 

整形外科の治療は極端な急性の症状に対して、痛みを軽減する際は神経ブロックを始めとして鎮痛の処置を行う事も出来ますし、痛み止めなどの処方も出来る事から、整形外科の方が急性症状向きではあります。

 

 

 

ただ交通事故のような症状に対しては、繊細な部分が必要となりますので、整形外科が良いかというとそういう訳ではなく、知識と技術力がある数少ない1部の整骨院を探した方が改善はしやすいですね。

 

 

 

※追記 整骨院と整形外科の治療の裏話

 

 

 

ここで凄くがっかりさせてしまう事を言ってしまいますが、実際の所整骨院も整形外科もまともな診察や診断をしてくれる所は極めて少なくなっています。

 

困惑する女性

 

どういう事かと気になるでしょうから詳しく書いていきましょう。

 

 

整骨院でまともな治療が受ける事が出来ない現実

 

 

 

これはどういう事かというと現在の整骨院のほとんどがマニュアル的な覚え方で技術や知識を身に付けてしまっている事から、症状に対してだけを診ているので、何故その症状になったかの原因は度外視されて治療している所が多くなったことから、根本的な原因が分からずに治療しているという所も多くなり、治療しても改善しないという事例の方が増えてきています。

 

 

※その詳しい内容の例えがありますので腰痛は整骨院で治らないから行くだけ無駄ですよ!を参照ください。

 

 

 

そして整骨院の場合は今は治療する事に特化しているのではなく、業界的な事情から利益に対して特化しているという所も増えてきておりますので、症状が改善しないばかりか治療以外の無駄なお金を払わされる状況も考えなくてはいけません。

 

無駄使い

 

※詳しい話は整骨院が怖い要素が年々酷くなってきている(閲覧注意)を参照ください。

 

 

 

整形外科に行っても素人判断に似たような診断しか出来ない医師が多い現実

 

 

これについては本当の話です。

 

 

 

例えばレントゲンやMRIなどの検査を行って異常が発見出来たら発見した部分に対して治療を行う事はできますが、一番の問題はそういう画像診断を行ってから異常が出なかった時の医師の診断が本当にヤバいです。

 

 

 

どんな事を言われるのかというと、例えば私の患者さんが以前整形外科に通院していた時に膝が痛いという事で治療に行って画像診断に異常がないという時に言われた一言が「坐骨神経痛ですね」ってね、、、。

 

 

 

私は鼻で笑いましたよ。

 

 

 

理由が「絶対に違う」って分かるからですっていうか、痛んでいる箇所が坐骨神経に関わりが無い所だったのでね。

 

 

 

動きの検査をさせてみて、普段の日常の生活の動きを聞いてみたら大腿筋膜張筋に原因があるって事が分かるんですね。

 

 

 

別に身体の仕組みや構造を知っているなら難しい内容では無いですよ(ちゃんと見れば分かるんです。)

 

 

 

何が言いたいかというと、こういった事を(決して難しくない症状)平気で見逃すレベルが今の医師の現状という事です。

 

 

 

結論的に何を言いたいかというと、整形外科の強い所は検査器具と立場的な信憑性があるだけで、その中身である医師としての診断力や考え方が非常に乏しいという事でして、治らなくて泣き寝入りしている患者さんは凄く増えています。(分かり易く言うとヤブ医者が増えたという風に思ってください。)

 

悲惨で泣いている人 画像

 

※上記の事について詳しい話は病院で腰痛の慢性症状は整骨院以上に絶対に治らないを参照ください。

 

まとめ

 

 

簡単に言いますと、整骨院は慢性寄り若しくは急性症状が結構経過したもの向き、整形外科は本当の急な急性で強い症状の際は一番向いているという事の範囲で、細かい検査が出来る長所があるという事を覚えていれば大丈夫です。

 

 

 

しかし、すべての整形外科がしっかりとしているかどうかと言われたら、また難しい話になりますので調べてから受診をすることをお勧めします。

-整骨院で治療される方向けに話す本音

Copyright© 整骨院の内容と本音 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.