" />

整骨院に関わる詳しい内容と、整骨院側の本音を話します

整骨院の内容と本音

整骨院で治療される方向けに話す本音

整骨院の先生のボディタッチの許容出来る範囲はここまでだ!!

更新日:

整骨院と言えば勿論前回の記事にも書きましたが施術の一環として、必ず患者さんの身体に触れて治療を行う事が多い事になりますが、その中でもボディタッチという表現も当然行いやすい状況下にはなるんですが、結構線引きが施術する側からしたら難しい内容になるんですね。

 

 

 

そこで今回は整骨院の先生のボディタッチが本来はどこまで許される範囲であるのか?を話していきましょう。

 

 

 

整骨院の先生が患者さんに対して触るという部分での女性目線を中心に書いた記事がありますので整骨院の先生が触るのは治療上当然だが女性にとっては、、を参照ください。

 

 

 

※実際に全部女性の方に参考になる保証はありませんが、ある程度は参考になるかと思われます。

 

 

 

整骨院の先生のボディタッチはやはり相手によっての線引きが全然変わる

 

整骨院の先生のボディタッチの線引きは色々ある

 

例えば男性の患者さんが男性の先生に余程変な触られ方をしない限りは基本的に「治療の一環なんだろうな」って感じで違和感を感じませんが、女性が治療を受ける際には整骨院の先生が変な触り方の有無関係なしに、女性の方が不快に思ってしまったら悪意があるボディタッチとして捉えられる事になりますので、治療する側からしたら難しいし一番慎重になる所ではありますね。

 

 

 

また女性の中では特に一番警戒してしまうパターンの方の際は、普通に考えたら大丈夫な範囲の事でも触れられただけでもダメと言う方も稀にいますので、流れ作業の様に治療してしまうと中にはそういった方に知らずに触れてしまい、セクハラに近いボディタッチとして不快な思いをさせてしまう事になってしまいますね。

 

 

 

その中でのやり取りを行う際で触れる行為は勿論行いますし、その中でのボディタッチは関わっていく中で患者さんによってはあるでしょうから、実際に整骨院のやりやすい「どういうボディタッチを行う事が多いのか」と「どういう患者さんに対して行うのか?」を話していきましょう。

 

 

整骨院の先生のボディタッチが普段行いやすい状況でどういう事を行うのか?

 

整骨院の先生のボディタッチの普通の内容として

 

これは本当にスキンシップの流れとして行うものが目的であって、セクハラ目的で決して行ってはおりませんので前提として言っておきましょう。

 

 

 

まあ基本的に整骨院の治療として女性を対象にするとしたら、ボディタッチとして行うという範囲としては本当に限られていますね。

 

 

 

その範囲としては頭か治療している部位をツッコミとして軽くはたく(なんでやねん!みたいな感じで)位のもんでしょうね。

 

 

 

後よくあるのが会話でじゃれているような感じの中で、施術している部位を敢えて強く押したりするようにして、痛さを煽るという事もしてましたね(勿論支障がない範囲でです)

 

 

 

なので普段の整骨院のボディタッチとして行う様な内容も、本当に普通に考えると嫌らしさは無い内容の事しか行っていませんね。

 

 

整骨院の先生のボディタッチはどういう患者さんに対して行うのか?

 

 

 

これは条件としていくつかありますし、言い方を変えてしまうと条件が整っていなければボディタッチは行いません。

 

整骨院の先生のボディタッチは条件次第です

 

これはあくまでも私の基準になりますので、あまり参考にならないかもしれませんが基本的に会話の中で「ツッコミどころがあるかないか」は最低ラインで「そのツッコミどころの原点が私に向けられている内容かどうか」となり最終的に「相手の性格的にツッコまれやすい性格の方」という事で初めて行えますね。

 

 

 

というよりも私が行っているボディタッチは基本的に関西ながらのツッコミの一環になってしまっているので、会話が無ければ行いませんし、ツッコまれる要素の会話がないと行いません。

 

 

 

更にはツッコミどころの内容の話があっても、年上の方だったり性格がおっとりしている方でなければ行いにくいというのもありますね。

 

 

 

なので実際に一日の流れとしてボディタッチという概念を行うとしては、人数に関しては本当に少ないですし行っている事もボディタッチというよりもツッコミなんですけどね(笑)

 

 

整骨院の先生のボディタッチで悪質なものには気を付けましょう

 

ボディタッチでもセクハラ系は気を付けてください。

 

簡単に言ってしまうと私が上記に挙げた以外の内容のもの以外は基本的にOUTの要素が多いですね。

 

 

 

例えば肩こりで治療しているのに、胸の際を触ってくるか直接胸を触ってくるという類は完全に意味が悪質なものになりますし、腰痛の方の場合に原因は確かに下半身の負担で合ってますが「やけにお尻をずっと触っている」というのは治療と称しているけど実際はOUTですね。

 

 

 

しかしもっともあからさまなのは、相手の身体を褒める様な事を発言して(勿論セクハラ発言)その部分をポンと触ったりして捕まった整体院も存在するので、さらに悪質なものは相手にもすぐ分かる様な内容の事もされるという事です。

 

 

 

整骨院の先生のボディタッチについて下半身や胸の付近を露出している女性は特に気を付けましょう

 

露出している服の女性は気を付けてください

 

これは本当に気を付けて頂きたいですけど、例えば夏場に治療に伺う際に「ミニスカートやノースリーブの恰好で受診」された際に多く聞くのが「細かい筋肉の所だから直で触らないと分からない」という理由を付けて下半身や胸の付近の部分を直に触ってくる先生も中にはいますね。

 

 

 

特に性欲を抑えれなくて行動も抑えれない方にとっては、そういう女性は悪質なボディタッチの餌食にされる対象でしかないので、もし治療院に受診を行う際は基本的に長袖を着用していただく事を推奨いたします。

 

 

 

又は整骨院の中で例えばミニスカートで来られた際に着替えだったり、バスタオルで全体を覆う様な配慮がされない所は時点で怪しいと思ってもいいかもしれませんね。

 

 

整骨院の先生のボディタッチについての結論

 

 

整骨院の先生や整体の先生でボディタッチやセクハラのイメージは事件の多さから強いかとは思われますが、ボディタッチにも様々な基準があるという事になりますね。

 

 

 

というよりもツッコミでボディタッチを行う以外は私にとってはセクハラの部類の感じしか浮かびませんので、何が言いたいのかというと「普段言動にツッコまれる要素があり、常にツッコまれる事がある」という方以外で執拗なボディタッチが行われたら危険と思ってください。

-整骨院で治療される方向けに話す本音

Copyright© 整骨院の内容と本音 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.