" />

整骨院に関わる詳しい内容と、整骨院側の本音を話します

整骨院の内容と本音

整骨院で治療される方向けに話す本音

整骨院の先生に患者さんからの視点で治せる先生の診察

更新日:

 

 

当たり前ですけど患者様は身体の痛みに対して勿論改善してほしくて治療をする為に通院しておりますが、この際に患者さんの視点で身体を治せる先生と思ってしまう診察(それぞれの患者さんの意見から)を話していきましょう。

 

整骨院の先生が患者さんと診察する時点で治せるかどうかが半分以上決まる

 

チェック

 

それはどういう事かというと、診察の内容が基本的に治療の大筋の内容を見極める際に必要な要素でもあり、そして診察によって患者さんの身体の異常を細かく引き出す際の最も大事なものになっております。

 

 

 

寧ろ優秀な先生程その情報を患者さんから引き出す事によって、身体の本当に悪い原因を引き出して改善に導くという事が十分に可能にする先生がいるのは事実ですね(それが出来ていない先生が半分以上いますが)

 

 

 

なので診察の仕方で下手か上手かを見極める事が出来る事を話していきましょう。

 

 

診察が上手い先生は今の現状以外の症状も診ている

 

しっかり見ている

 

これは本当の話になっていくんですが、診察が上手い先生=治療が上手い先生は現状の症状だけを診ていないという事になります。

 

 

 

それは何故か?痛くなったのはあくまでもきっかけであって根本的な原因とは限らないからです。

 

 

 

例えばぎっくり腰に関しては症状としては腰になりますが、実際の原因は腰とは限らないのをご存知でしょうか?

 

 

 

ぎっくり腰の場合は炎症や痛みは腰の部分に対して出現してしまって、ほとんどが腰の部分を治療する事によって改善すると思っている患者さんや、下手をしなくても整骨院の先生も思っているのですが、実際の所腰の症状に対して腰を治療したら治るのかと言われたら、そうでない場合の可能性の方が非常に高いですね。

 

 

 

なので症状として痛みが出ている所だけ診察で引き出したにしても治せるかどうかにはつながらない為、実際に上手な診察を行う整骨院の先生の特徴としては、日常の動きや以前のケガを含む既往歴を聞いた上で腰に繋がる症状の原因を、診察の会話の中で上手く情報を引き出して改善に繋げています。

 

 

 

そして患者さんが先生に対して治せる信憑性がある診察を行う基準としては、問診によって情報を引き出した上で患者さんに具体的に納得できる説明が出来る先生の事を指します。

 

 

 

診察が下手な先生は現状の事だけ一生懸命聞こうとして説明が下手過ぎる

 

言ってることが伝わらない

 

これは結構整骨院の先生にも多く見られますが、実際に診察で現状の症状だけを聞いてしまって治療を行い改善に繋がっていないという悩みを持たれている患者さんは少なくはありません。

 

 

 

どういう事かと言いますと、これも非常に単純な事にもなるんですが診察では腰が痛い場合は腰の事しか診察していないので、当然治療も腰だけの治療を行ってしまい、本当の原因の箇所に対して触れていないという事もあり全然治らないという事になるんです。

 

 

 

これに関しては腰痛は整骨院で治らないから行くだけ無駄ですよ!を見た方がいいでしょう。

 

 

 

そして一番ヤバいのが説明が分かりにくいし、言っている事の的を得ていないし、分からないと思い切りごまかしてしまってしまっている先生は非常に多いんじゃないですか。

 

 

 

特に説明が酷いと思われる内容は「腰が痛い原因は腰の筋肉に原因があるんですね」って、、そんなん一般人でも分かる事を普通に診察で説明されたり「ぎっくり腰の痛みの原因は腰の筋肉の炎症ですね」ってそれっぽい事を言いますが、私からみたら素人と同じ判断をしている様にしか見えません。

 

 

 

何故か?具体性がないし、どういう原因かを詳しく説明できないからというのが大きいでしょうね。

 

 

 

なのでこういうタイプの説明しか出来ない先生や、症状の部分を簡単に聞いて治療を行ってしまう場合は治療が出来ない先生の診察をする特徴として思って頂いて良いと思います。

 

 

 

整骨院の先生が患者さんを治す為に診察で出来る事は?

 

疑問をもつ 画像

 

これに関して非常に重要な事になりますので、もし整骨院を受診する場合は必ず押さえておきましょう。

 

 

 

整骨院での診察に対して一番大事な事は、「情報をしっかりと先生に伝える事」という非常にシンプルそうですが、案外出来ていない方が多いですね。

 

 

 

なのでどういう伝え方がダメなのかという部分としては、「伝え方が曖昧」「無駄な話が多い」「話下手で伝える事が苦手」という方が該当するのですが、簡単に言うとこの部分さえ改善出来れば診察が上手い先生でなくとも、技術や知識が上手い先生ならくみ取ってくれる可能性はあるでしょう。

 

 

 

伝え方が曖昧だと痛い部分だけしか治療されない

 

困惑する女性

 

診察が「腰が痛いので腰を治療してください」という事しか伝えていなかったら、先生によってはマッサージ屋さんと同じように腰しか治療されないで改善できませんでしたって事にもなりますので気を付けましょう。

 

 

 

なので曖昧にならない様に腰が痛いというのは主訴として伝える事は大事ですが、問題は「何故そうなったのか」そして「普段の日常(仕事を含む)動きで腰に影響がある可能性の内容(多少細かくても良い)」を伝えるようにしておきましょう。

 

 

 

診察で無駄話をすると絶対に損しますよ!!

 

注意事項

 

これは整骨院でよくある事なんですが、診察中に治療の事と全く関係ない事を話す方がいるのも事実ではあるんですが、どういう事が無駄話になるのかというと「症状に一切関係ない話」をされます「例えば家庭の事」や「趣味を熱く語る」という事をされますが、整骨院の先生にとってこれは診察において非常に苦痛です。

 

 

 

そして無駄話も少しだけならいいですが、長話になると先生によっては治療時間を短縮されてしまう可能性があるので、無駄話や長話になってしまうと得が全くなくてそんな事しかないので気を付けましょう。

 

 

 

なので診察をする時は「簡潔に症状の関連の事だけを伝える」そして「先生に聞かれた事だけを答えるようにしましょう」。

 

 

 

また質問に関しては「治療に関係がある事だけを聞く」様にしましょう(治療以外の関係ない事は診察でなく治療中に聞いていいと思います。)

 

 

話下手で相手に内容を伝える事が出来ないという方は?

 

整骨院 会話

 

これに関しては非常に人見知りな患者さんにとっては辛いことになるかもしれませんが、相手に情報を伝えれないというのは診察をして治療につなげるにあたって凄く不利な要素しかありませんので、実際に症状と違う所を治療されたという事も少なくないのです。

 

 

 

しかし症状があるのにちゃんと情報を伝えれないのは不憫ではあるので、そういう方にとって一番いい方法をお教えいたしましょう。

 

 

 

それは「診察時に自分の症状をメモをする事」です。

 

 

 

ではどんな事をメモするのかという事になりますが、以下のポイントを抑える事が出来れば問題は無いと思われます。

 

 

 

 

①主訴

 

②痛くなったキッカケと痛くなった日と状況

 

③痛さの内容を鋭い痛みか鈍い痛みかをはっきりさせる

 

④日常生活においての動き(細かくてもいい)

 

 

これが出来たら整骨院の先生も治療に関して適当にならないで済む場合はあるので、是非やってみましょう。

 

 

結論

 

 

 

結構診察ってただ痛みを話していくだけかというと、寧ろ情報を伝えるための大事な要素であるという事が伝わったかと思います。

 

 

 

そして問題は診察をする先生側にも患者さんの状態に対して、適した情報をしっかり引き出そうとして行えるか行えないかで治療に対して大きな違いが出てしまうという事を覚えておきましょう。

 

 

 

実際に診察の際に情報を綺麗に引き出す事さえできれば、改善できる可能性は大きく出る事がありますので、説明がしっかりと具体的に出来る上でしっかりと情報を引き出す先生を探すようにしましょう。

 

 

 

もし診察がしっかり出来る先生がいたにしても、患者さん側からの伝え方も非常に大事なウエイトを占めていますので伝え方もしっかり行うように心がけましょう。

 

-整骨院で治療される方向けに話す本音

Copyright© 整骨院の内容と本音 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.