" />

整骨院に関わる詳しい内容と、整骨院側の本音を話します

整骨院の内容と本音

整骨院で治療される方向けに話す本音

整骨院の先生が密着する事は多いが内容によって警戒要!!

投稿日:

整骨院や整体院での治療を行う際に関しては、基本的に先生の手によって治療を受けるという事になりますが、治療の過程の中で密着をする場面が無い事もない状況が出てくる事もありますが、場合によっては密着されたら警戒した方がいいと思われる分部を詳しく話していきましょう。

 

 

整骨院の先生が密着を患者さんに対して行う際は状況によって不快になる

 

整骨院の先生の密着が不快に思う女性

 

これに関してはどういう部分を指しているのかというと、男性の先生が女性の患者さんを治療している際に対して起こる事であり、実際にその事で女性の方が極端に不快になってしまってセクハラとして扱う事件も珍しくない位なんですね。

 

 

 

実際に男性の先生としては女性の患者さんを治療する際は一番何を気を付けるのかというと、セクハラという概念で捕まって柔道整復師の仕事自体がダメになってしまうという事は絶対に阻止しなければいけません。(捕まったら築き上げてきたものが全て消えてなくなります)

 

 

 

しかし男性の先生の中では意図的であろうがなかろうが、たまたま女性の身体に密着してしまったという状況になって、それが余計に密着している事で女性からふ自然に感じられて不快になってしまうという例もある位です。

 

 

 

では整骨院の先生が密着をするとして、どういった感じの密着が女性の患者さんにとって不快になるのか?それは「背後から全身くっつくような密着」「矯正の時に正面から抱き着くような感じの密着」が一番不快に思われる事例が多かったので、この部分を深掘りして話していきましょう。

 

 

整骨院の先生の密着が女性の患者さんに嫌われる背後から全身くっつくような密着はOUT

 

整骨院の先生で密着を背後からされるOUT例

 

これは基本的にマッサージというよりはストレッチ中に起こる事が多いですね。

 

 

 

どういった感じで行われるかというと首のストレッチを背後から行う際に、首を前屈しながら身体を固定するという方法になるんですが、これが気を付ける人ならば密着する事は避ける事は出来るんですが、何も考えなくやっている人はガッツリ密着してしまうという事を起こしてしまいますね。

 

 

 

そうなってしまうと背後という見えない所に密着されているので、例えば清潔感がある人ならまだしも清潔感が無い方で体臭がそれなりにきつい方がやってしまうと、女性の方は基本的に生理的に受け付けなくなるので長い時間触れていた(密着していた)という事になってしまったら勿論嫌がってしまいます。

 

 

 

そしてもう一つはストレッチだからと言って背後からの密着が長すぎても、実際には治療のつもりで行われていたにしても女性からしたら「セクハラだ!!」ってなったら映像が無い限り本当にセクハラになる可能性はありますので気を付けましょう。

 

 

施術の際に正面から抱き着くような感じに近い密着は完全OUT

 

整骨院の先生の密着の正面からのOUT例

 

これはどういう感じなのかというと、骨盤の捻じれの矯正を真正面から行う施術の際に多く見られますし、実際に矯正の一環での際にセクハラとして訴えられている事例は少なくありません。

 

 

 

今は昔よりは少なくなりましたが、とある施術法を使う内容の技術にはなりますが、「真正面から相手の脇の下に手を入れて抱きしめる様な感じの状態で横に捻って矯正を行うという流れになりまして、そこで先生の方が自覚があるのかというと無いでしょうね。

 

 

 

まあ自覚があった上で(セクハラの)やっているのであれば本当に凄い大変なことになってしまいますので、今では使う状況はほとんど無くなってきていると言っても過言では無いでしょう。(それだけ今は施術中のセクハラで損害賠償を起こされやすい状況が増えたという事です)

 

 

 

勿論正面からの捻じれの矯正法はあるので全部が全部OUTと言うにはさすがにって所ですが、これも先ほど挙げたように施術者の清潔感が問われてしまう内容になるのは間違いありません。

 

 

 

特に真正面なので、セクハラにならなくても体臭だったり不潔な感じの見た目だったら、それだけでも女性の患者さんは拒絶してしまうので効果よりも、治療以外のリスクの方が施術者によっては多いと言っておきましょう。

 

 

整骨院の先生が密着をして明らかにOUTと思ってよいものについて

 

整骨院の先生の密着でOUTと思ったら

 

確かに施術の内容によってはグレーゾーンという部類は多いんですが、それでも明らかにOUTというものでわいせつ行為として逮捕された整骨院の先生はいますので、その内容の部分を話して女性の方に気を付ける手段を話していきましょう。

 

 

 

やっぱり後ろからでも正面からでもあからさまな内容としては「思い切り抱き着くような感じ」で行っているのはOUTと思ってよいでしょうね(特に説明もない状態で行われているのなら尚の事)

 

 

 

密着に近い施術は言いましたが私が行ったのはあくまでも、最低限の密着で深いならない配慮を行って矯正やストレッチを行う事になりますので、不必要に全身が密着してしまう様な施術はあり得ませんので、もし全身密着されるようなことがあったら警戒を強めた方がいいでしょう。

 

 

わいせつな行為と思われたら勇気を持って行動しましょう。

 

わいせつな行為と思ったら勇気を持って行動しましょう

 

基本的に泣き寝入りしている女性の方は多いけど、明らかに「わいせつな事をされている」と思っている場合で、内容が酷い場合は勇気を持つ事も大事になります。

 

 

 

その時に対してどう行うかは、その場で勇気を振り絞っても男性の先生の場合になると逆行して危ない事もありますので、実際には後の方で警察に相談するのと同時に弁護士に相談するという感じの手段を行った方がいいでしょう。

 

 

 

後はわいせつをしそうな先生がどうかを見極める事も重要ではありますね。(詳しくは整骨院でわいせつ行為をする先生の特徴を参照ください)

 

 

結論

 

 

整骨院や整体の施術の内容によっては、患者さんに対して密着(部分的)を行う事も全然あるでしょうが、その中でも女性の患者さんが施術を受ける際には、その密着が不満に思う方も少なくはありませんし、施術者の密着の仕方によって仮に意図的な内容になると犯罪的な内容になる事も十分あり得ます。

 

 

 

なのでどの部分までが許容範囲なのかというのは人によっても違いますので、施術者も気を付けなければいけないけど、明らかに意図的に悪質な密着を行った場合は女性の患者さんは勇気をもって立ち向かうようにしましょう。

 

 

-整骨院で治療される方向けに話す本音

Copyright© 整骨院の内容と本音 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.