" />

整骨院に関わる詳しい内容と、整骨院側の本音を話します

整骨院の内容と本音

整骨院の先生の仕事を目指す関連する方向けの本音

整骨院の仕事を辞めたい場合は本当に辞めても問題は無い理由

更新日:

整骨院という仕事は一見医療系という事もあるし、整骨院自体も多く増えてきている事から需要があるようで安泰なイメージをもっている方は多いかも知れませんが、実際の現実としては寧ろ整骨院で働いている方や事業を行っている方は辞めたいと思っている方や、仕事にやりがいを持って行っている方は少なくなってきていますね。

 

 

 

 

そこで今回は整骨院自体を辞めたいけど、本当に辞めて大丈夫なのか?という不安の内容から実際に整骨院の仕事を辞めても問題ない理由を話していきましょう。

 

 

 

整骨院の仕事を辞めたいけど実は今の時代辞めるという選択肢も全然アリです!

 

整骨院の仕事を辞めたいなら辞めて問題は無い!!

 

昔はわざわざ学校に行って高い授業料を払って国家試験を受けて頑張って柔道整復師の資格を取得されているという訳ですが、そうなると柔道整復師の仕事として整骨院の仕事をしてスキルを学んで開業を目指していく方や、スキルを学んで開業されている方という整骨院の仕事をされている中で2通りの状況の方がいるかと思われます。

 

 

 

しかし私から言わせると令和に入ってから整骨院を開業にしても就職にしても、正直な話無理して続ける必要は全く皆無と言っても良い位重い職業でもなければ硬い職業というものでもないので、全然きついと思って本当に合わないと思われたら止めても全然大丈夫です。

 

 

 

こんなん言われて何て無責任な事を言うんだって話に聞こえるかもしれませんが、本音で話させていただいて柔道整復師という資格で整骨院を行うにあたって、人生を賭けてまで行う業種という概念ではなくなっているからになります。

 

 

 

では何故整骨院という資格が人生を賭けて行うに値しない業種(辞めても構わないという意味で)になるのかというのかは、「競争率的に集客が困難となり収入が見込めない」事と「医療系の仕事はある意味株の投資と同じ」という内容を詳しく話していきましょう。

 

 

整骨院の仕事を辞めたい理由として競争率的に集客が困難となり収入が見込めない

 

整骨院が増えすぎて収入難

 

これは実際に整骨院をされている方にとって大きな理由と言っても過言ではありません。

 

 

 

何故かというと今や整骨院の設立数に関してはコンビニと同じ数位の内容があり、集客が分散されて実費治療を行う対策をしているんですが(詳しくは整骨院が保険の適用外での治療が増えてる理由を参照ください)、しかし整体やマッサージやエステの店が多く増えてしまったという事になってしまい、全体的にコンビニの3倍以上の競争率という事になってしまっています。

 

 

 

そして高齢化社会で少子化の社会において、上記の競争率の中から実費で社会人世代を集客するというのは難易度的にも凄く上昇していますし、保険適用だとしても高齢者をターゲットにしてもデイサービスに取られてしまうので、これを踏まえて今後整骨院を人生賭けて行うというには正直旨味はありません。

 

 

 

というよりも現在は整骨院の仕事を行ったにしても、上記の内容から最悪給料を待たされたり未払いにされたりしていますし、昇給やボーナス自体は全然期待は出来ないので辞めていく方は年々増えてきていますし、整骨院を開業されている方の場合は運営しても集客が難しくて生活がギリギリの方で良い方という場合もありますね。

 

 

 

良い暮らしをしている整骨院の先生は一握り以上の一握りと思って頂いても良いので、他に稼げる仕事や事業があるなら全然整骨院にこだわる必要は無いのかなと思いますね。

 

 

整骨院の仕事を辞めたいのを反対しないのは医療系の仕事は株と同じ事が起きているからである

 

整骨院の仕事は国の予算と比例している

 

これはどういう事かというと、私が例えた内容のものになるのでご了承いただきたいんですが、医療系の全ての仕事による診療報酬は国によって支払われている事はご存知ですよね?

 

 

 

そしてこれを踏まえて何を言いたいのかというと要は国が支払っているからこそ医療系の保険が成り立っているのであり、その支払っている国の予算に問題が起こってきたらどうなるでしょう?

 

 

 

結論から言ってしまいますが、国の予算が下がってきてしまい医療費の支払いに満足に回せなくなってきた場合は、減額しなければ予算が回らなくなるケースも最近では少なくないかと思われます。

 

 

 

という事は国の不況が進めば進むほど、医療関係の診療報酬の減額に繋がる事になるという事になるので、実際に整骨院の方では言い方としては柔道整復師法の改正という綺麗な言い方になりますが(詳しくは柔道整復師法というのは柔道整復師を稼がせない為の口実であるを参照ください)実質は予算の為に帳尻を合わせている手段だと言っても過言ではありませんね。

 

 

 

国も余計な無駄遣いをしているのに(アベノマスクとか、、(笑))、その予算の帳尻は保険請求の業種の収入を理不尽に減らす事で賄われています。

 

 

整骨院の仕事は辞めたいけど辞めても実は不便な事はない(段取りは必要)

 

整骨院の仕事を辞めても不便は無いから気にしない

 

これは正直に言いますが辞めたいと本気で思っているなら整骨院にこだわらなくても、いい仕事は全然今の時代の中ではあります。

 

 

 

というよりも言い方を変えると整骨院の仕事が他の仕事と比べてどんどん稼げなくなった業種という事になりますので、一番は生活を守るためには稼げる業種があるなら乗り換える覚悟を時には持たなければいけない時は来るでしょう(特に家庭を持っている方)

 

 

 

そうなってくると私の主観的な気持ちとしては整骨院の仕事を給料が安い状態で辛いって思われていて続ける理由が見つからないので、全然辞めたいと思われた時点で「他の業種を検討して就職活動」を行ったり、他の稼げる業種の為に「新たなスキルを取得」という方向性で進められている方が多いので是非活用されてください。

 

 

 

また追記で後日どういったスキルが良いのか?をお話をさせて頂きます。

 

 

 

それでも整骨院の仕事が好きっていう方は一旦整骨院から離れて、自分のスキルを身に付けてフリーランスで行えるようになってから兼用で行ってもいいのではないでしょうか(結構今フリーランスでやる傍らで整骨院を合間にやっている方は増えてきています)

 

 

 

結論

 

 

今回の内容を振り返ると整骨院の仕事に関しては「集客的」「保険の改正内容的」にも今後稼げ無くなるどころか、生活自体も結構難しくなる事も珍しくないので、そういう風に考えると整骨院の仕事に無理やりこだわる必要性が下がってきたので、今後も改善する確率が少ない以上無理して整骨院にしがみつく必要は無いという事です。

 

 

 

結構今は柔道整復師の資格を取っても整骨院では就職しても開業しても、生活が困難という方が多く整骨院離れをして他の柔道整復師で働ける業種に転向したり(詳しくは柔道整復師の業務範囲は整骨院以外の方が需要が爆増してくるを参照ください)、他の稼げるスキルの業種を挑んでもいいのかと思われます。

 

-整骨院の先生の仕事を目指す関連する方向けの本音

Copyright© 整骨院の内容と本音 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.