" />

整骨院に関わる詳しい内容と、整骨院側の本音を話します

整骨院の内容と本音

整骨院の先生の本音(結構本気で言っています)

整骨院が多いし増え続けてるけど減らないのは何故?

更新日:

今や整骨院と言ったらコンビニの数以上になる位の件数を誇る治療施設となっていますが、そんな中で潰れる整骨院も多い事はご存知でしょうか?

 

 

 

それなのに整骨院が減ったと思われる事も実際に思われる事もない方も多い中で、今回は何故整骨院が潰れる状況が増えても整骨院が減らないのかを話していきましょう。

 

 

 

整骨院が多いし潰れる事になってもギリギリまで整骨院が減らないのは柔道整復師に問題がある

 

整骨院が潰れないのは柔道整復師が原因

 

これは凄く当たり前になるんですが、整骨院という存在が減ったからと言って柔道整復師が世から消えるわけでは無いので、一つの整骨院の中に柔道整復師が2人いたら、片方が整骨院を潰したにしても、もう片方が新しく整骨院を開業してしまうという事で世の中から整骨院が減らないという状況が出てくるんですね(あくまでも例えです)

 

 

 

という事は今全国にいる柔道整復師で整骨院を開業しようとしている人間が何人いるかで、整骨院が増え続けてしまう原因を作るという事になってしまうので、要は整骨院が減る減らないを解決にするのではなく、柔道整復師が開業する意思を減らしていく人数を増やす事が整骨院を減っていく事になるという事です。

 

 

 

しかし今は整骨院が潰れやすいという状況になっても整骨院は新しく設立される事が当たり前になっており、周りから見たら「そんなにして整骨院を立てるメリットはなんだ?」って思ってしまいたくもなるんですね。

 

 

 

実際に整骨院を行うに関しては稼ぐという意味ではデメリットの方が多いですが(詳しくは整骨院の開業を失敗するリスクは年々増加しかしない(要注意)を参照ください)そこを極端に気にしなければ小さなメリットがあります。

 

 

 

その潰れやすいと分かっていても小さなメリットに拘りたい開業したがる柔道整復師の気持ちは「会社に雇われたくない」「会社で働くより難易度が低い」という内容で整骨院を開業している方が多いので、この部分の心境の内容を詳しく話していきましょう。

 

 

整骨院が多いし増え続ける中で整骨院が潰れやすいと分かっても開業する理由は会社に雇われたくない方が多い(これは一番多いです)

 

会社に行きたくない

 

これは今では一番多いのではないでしょうか?

 

 

 

やはり私も元はそれが理由で柔道整復師の資格を取得して開業したと言っても間違いでは無いですからね。

 

 

 

まあ何といっても整骨院の開業の一番のメリットは自分のペースで行えるという事になりますし、うっとおしい上司もいませんし、ノルマもありませんし、全て自己責任で行えるといった感じで、頑張れば稼ぐ事が出来るので会社で雇われている時よりはモチベーションは上がるのではないでしょうか。

 

 

 

基本的に整骨院の開業に関しての一番のメリットは「残業という概念」が無いので、他の業種からわざわざ柔道整復師を取り直して脱サラで開業する方が多くなった業種でもあるので、それを考えると開業者の皆さんの半分以上は自由を求めて開業した方が多いのでしょう。

 

 

 

それに休みの日に関しても、休日出勤という概念もなく自分の好きな時間を自由に過ごす事が出来ますので、それを考えたら潰れやすいという状況と分かっていても、自由な時間を手にする事が重要と思っている方は未だに多いのかも知れませんね。

 

 

 

実際にそれで多いから整骨院が閉院しても新たに増えているのが事実ではありますから。

 

 

整骨院が多く増え続けて潰れやすい状況でも過酷な会社で働くよりも開業の方が難易度が低い事も

 

整骨院を開業した方が楽

 

これについても脱サラ系が基本的に多いですね。

 

 

 

前職であるサラリーマンの方が休日出勤や長時間残業や膨大な業務と過酷なノルマの中で仕事をしなければいけないのに、給料は働いた内容に関しては少ないという状況の方も少なくは無く、そういった方にとっては整骨院に限らず独立開業という概念は「会社にいる時よりも少ない時間で稼げるのでは?」と思う方は少なくありません。

 

 

 

実際に学校に3年以上という時間を要しますが、その時間を使って柔道整復師を取得して開業する事に、サラリーマンの方にとっては難易度という敷居が低く見てる方は少なくありませんね。

 

 

 

実際に今は整骨院も経費をどれだけ抑えられるかで、極端に稼ぐ事は出来ないにしても生き残る事は、今の時代でも全然出来ますので、そういった意味で極端に稼がなくて自分の時間を確保できる生活を望むという意味では、過酷な会社の業務に耐えるよりは難易度は低いのかなとは思えます。

 

 

 

実際に私も整骨院の開業の方が、普通に務めたいた時よりも自由に時間を使う事が出来て、生活に困らない範囲は稼げていたので務めている時よりは開業に対して意欲が出る脱サラ者を止める事が難しいので、若者の夢半ばで整骨院開業から閉院になった後に、脱サラの方が開業して整骨院が減らないシステムが出来ていますね。

 

 

整骨院が多いし増え続けて潰れると分かっていても整骨院にしがみ付く事業者は多い

 

整骨院を辞めない理由はお金以外の理由

 

これも非常に多いでしょうね。

 

 

 

今は整骨院がどんどん厳しくなってきている事から年々の柔道整復師法の改定に怯えている整骨院の先生は少なくないでしょう(詳しくは柔道整復師法というのは柔道整復師を稼がせない為の口実であるを参照ください)

 

 

 

それでも何故整骨院が今後潰れるリスクが高くなってきていると分かっているのに、整骨院の数が減らない(つまり整骨院を閉めたくない)という事業者が多いのかと言うと、整骨院から離れたくないという意味では無くて、整骨院で働いている自分の状況から離れたくないという方の方が多いんですね。

 

 

整骨院が多いし増え続けている中で整骨院で働いている自分の状況から離れたくないというのは?

 

整骨院の開業から離れたくない状況とは?

 

これについては整骨院の開業者では分かる通り、今の状況から抜け出したくない方になりますね。

 

 

 

それはどういった事になるのかというと、要は開業者の全てが整骨院という事業すなわち仕事を自分のペースで行う事が出来る利点があるので、要は適度にサボるという事も可能でもあるし、更に極端に言ってしまったら休み日も日数も自由に出来る環境があるという事ですね。

 

 

 

それが整骨院という事業から離れるという事は、すなわち「どこかの職に就かなければいけない」という事は「誰かに雇われるという状況になる」という事になりますので、そうなると整骨院の開業時に行えていた自由な環境が無くなるという事になりますので、それを嫌がって整骨院の開業者が閉院のリスクが高くても、会社に勤め治すよりはマシだ!って事で辞めない方が多いです。

 

 

整骨院が多いについての結論

 

 

今の整骨院の状況を考えて潰れる件数も多いけど、それに対して再び開業する柔道整復師はまだ多い状況は続くのは目に見えていますね。

 

 

しかも今後の整骨院が稼ぎにくくなってしまう事を分かった上で、それでも会社で働いていた時の様な理不尽な状況から逃げるように脱サラしてまで自由が欲しいという状況に追い込まれて、整骨院の開業を目指している方が多い中、そして会社よりもやりやすいのではという体感的難易度の低さで挑む方は多いので、整骨院が潰れても整骨院が減らない理由はここにありますね。

-整骨院の先生の本音(結構本気で言っています)

Copyright© 整骨院の内容と本音 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.