" />

整骨院に関わる詳しい内容と、整骨院側の本音を話します

整骨院の内容と本音

整骨院の治療の内容と本音や説明

整骨院の治療で休みの基準がバラバラになってきている理由

更新日:

整骨院に通院していて休みの日を確認するけど、他の整骨院と休みが違う事もあり間違えて整骨院が休みの日に行ってしまったという記憶がございませんか?今回は整骨院の休みがバラバラにいる内容の説明と本音をしていこうと思います。

 

 

 

整骨院の治療で休みが土日だと不便な事が実は多い

 

 

 

悩んでいる人 画像

 

 

 

一見土曜日半日で日祝が固定的に休みっていいなあって思われる方の方が多いかとは思いますが、実際の所私にとっては不便でしかないと思っていますね。

 

 

 

 

理由が平日に行いたい用事が一切行う事が出来なくなるという事にもなるので、そしてそういう時に限って土日祝日が行いたいけど行う事が出来ない事情が多いという事になりますので、実は土日休みがいいと思われている方は子供がいる家庭以外は別に重要ではないのかもしれません。

 

 

 

 

私が整骨院をしていた時は休みを水木か木金の2連休を確保するようにしていました。

 

 

 

 

その理由は平日に行いたい用事が多いからなんですね。

 

 

 

整骨院の治療で休みを土日でなく平日に行いたい用事とは一体何か?

 

整骨院の休みの基準が変わってる理由に納得

 

基本的に病院や郵便局や銀行といった類の機関が平日しか行っていないので、土日しか時間が取れない方にとっては実際は不便でしかありません。

 

 

 

 

なので例えば耳鼻科に毎週通院したい人、歯医者に毎週通院したい人は平日どこかで時間を確保しなければならなくなるので、そういった意味では土日の診療が無い場合は凄く不便になるんですね。(その為整骨院を休むという事をしなければいけません。)

 

 

 

 

また郵便局の郵送になるとコンビニとかでも代用は出来ますが、重さに限りがあるのでここもまた不便になってしまいます。(近くに休日営業している郵便局があれば話は別ですが)

 

 

 

 

銀行になると通帳を使う用事やキャッシュカードを使う用事に関しては手数料を取られるくらいで、平日と同じように対応できますが、窓口に用事がある場合は整骨院の休憩時間内で行くか(時間かかるから推奨しません)、その日休みをとっていくしかありません。

 

 

 

 

頭抱える 画像

 

 

整骨院の治療で休みの過ごし方として子供がいない整骨院の先生にとっては平日が快適に過ごしやすい

 

 

 

安心 画像

 

 

子供がいる時点で平日休みは難しいですが、子供がいない先生にとっては実は平日休みは凄く快適に過ごす事が出来ます。

 

 

 

 

買い物に行く際も週末と違って空いていますし、食べ物屋さんで凄く並ぶというのもありませんし、映画館で言えば空いた席は結構ある位なんでストレスなく過ごす事が出来るんですね。

 

 

 

 

またパチンコが好きな先生なら分かりますが、平日の方が狙い台を確保しやすいなど、、(笑)

 

 

 

 

そしてお酒を飲むのがお好きな場合は、市内の繁華街など平日は凄く空いていますので、そういった意味では状況的に凄くいいと言っても過言ではないでしょう。

 

 

 

 

そして車に乗る方なら分かりますが、一番は渋滞を避けれるといった利点が一番大きいですね。

 

 

 

 

後運動の為に体育館を利用するや、テニスコートを利用するという意味では平日は凄く確保できる確率は高いので、そういった意味では平日の方が便利ではあります。

 

 

 

 

私も平日の2連休を確保しているので旅行が趣味というのもあり、平日の方が移動しやすいし旅館やホテルの料金が安いのでとても良いですよ。

 

 

整骨院の治療で休みを取る基準で最近の整骨院は平日に休みたいと思う方は実は増えています。

 

整骨院で休みが平日の方が増えている

結構今は土日休みにして欲しいというより、平日に休みたいという整骨院の先生は多いですね。

 

 

 

これが昔なら周りも土日休みの仕事をやっている方が多いので、整骨院側も同じような曜日で休みを設定していたんですが、今では平日休みの事業が増えた事もあり、周りの人間も平日休みという概念が増えてきている事から、最近の整骨院が無理やり土日に休みを設定する理由はなくなりましたね。

 

 

 

そういった事から今の都会の整骨院では土日祝日が休みという基準で診療している所は減ってきているのが事実ではあるので、それだけ平日の休みが普段の日常において、整骨院の先生にとって過ごしやすいかが出ているという事ですね。

 

整骨院の治療で休みの基準が変わっているのは日常の便利さだけを考えた話ではない

 

整骨院で平日休みにした経営的な理由

 

実は整骨院の休みを一般的な土曜日半日日祝休みにしないのには経営的な狙いもあり、他の競合店と同じような日に診療をしていたら良い所に患者さんを取られてしまうという事から、診療日が被らない日を狙う事で集客を確保する事が出来ます。

 

 

 

 

特に土日祝日休みに設定してしまうと実際に土日祝日休みの患者さんも多いので、平日に休みを変更して土日祝日を診療するように設定する事で、患者さん側も凄く助かるという利点もあるし、整骨院側も経営的な目線で言えば凄く助かるといった相互に利点を働かす事が出来ます。

 

 

 

 

実際に日常の状態と経営的な状態を考えれば、私の中では今の整骨院の競合率の中で一番いい方法としては平日休みにして土日祝日を診療する方が利点は多いけど、欠点は非常に少ないと思われます。

 

 

 

 

ただ今後経営的な狙いで土日祝日の診療をする整骨院は増えてくる可能性もあるので、そこをしっかり考えながら動く必要はありますね。

 

 

 

 

整骨院の土日祝日の診療の利点に関する記事は整骨院で土日の営業が何故増えてきているのか?を参照ください。

 

 

 

整骨院の治療の休みの基準を土日祝日を診療する事で助かる患者さんの意見

 

整骨院の土日の営業で安心する社会人

 

やっぱり近くの整骨院が全部日曜祝日休みとなってしまうと、遠くの整骨院を探さなければならない為、しかも下手したら遠くの所も同じような条件だった場合があれば、最終的には整体やマッサージ屋さんに行くしかありません。

 

 

 

 

そこで土日祝日整骨院が診療していると、患者さんにとっては特別な見方をすることが出来る(ここだけが治療をやってくれるという気持ち)になるので、早々に離れる事は無く、反対に同じような境遇の患者さんを紹介してくれることが十分にありますので、感謝される事が多いです。

 

 

 

 

整骨院の治療で休みの基準に関しての結論

 

 

 

実際に見て頂いたところ土日祝日の休みは子供がいない先生にとっては実は日常的に不便な事が多く、反対に平日の方が動きやすく快適に過ごせる可能性が高いという事を覚えておきましょう。

 

 

 

 

そして経営的にも平日休みにして、それ以外の土日祝日を通常診療する事によって整骨院側の経営が助かるし時間が確保しにくい患者さんも助かるので、そういった意味で整骨院の休みの基準がバラバラになってきていると言えます。

 

 

 

-整骨院の治療の内容と本音や説明

Copyright© 整骨院の内容と本音 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.