" />

整骨院に関わる詳しい内容と、整骨院側の本音を話します

整骨院の内容と本音

整骨院の治療の内容と本音や説明

整骨院の治療で不眠症に対して睡眠薬を服用してると危険!

更新日:

精神病を患っている、もしくは日常の生活の中で睡眠が取れにくい(寝つきが悪い)という事情で睡眠薬を服用している方は非常に多くなりましたが、その中でも睡眠薬を服用して肩こりが起きている方も非常に多い中で服用している間の肩こりの症状を整骨院で治療してしまうのは非常に危険という理由をお話していきます。

 

 

 

整骨院の治療で睡眠薬を多量に服用して肩こりを整骨院でむやみに治療すると怖い理由

 

 

整骨院の肩こり治療

 

 

睡眠薬の成分によっては血液の流れを低下させる副作用のものも当然ありますので、服用する薬が強かったり多量に摂取している場合は身体の血液循環を大きく低下させる事もあり得ますので、そこから肩こりが発生するという方は多いです(日常生活による動きの負担が重なっている事が基本的に多いです)

 

 

 

 

その為睡眠薬による血液循環の低下によって起こる肩こりに関しては、薬の状態で大きく患者さんの治療した後に違いがありはしますが、その中でも危険な方では緊急外来に行かなければならないほどの頭痛を引き起こしてしまうという事がありました。

 

 

 

 

何故睡眠薬を飲んでいる方の肩コリを治療して頭痛が発生したのか?実はこれは睡眠薬を多量に摂取している方や強い物を摂取している方にとっては是非見ておいた方がいいでしょう。

 

 

整骨院の治療で睡眠薬を服用した副作用で肩こりを治療すると危険性を感じてしまう頭痛が起きてしまうのは何故?

 

 

多量の睡眠薬

 

 

これは元々の睡眠薬を飲んでいる量だったり強さによって大きく変わるのですが、例えば私の知り合いの体験談で説明させて頂きますと、薬の数は1日40錠飲まれていて、そして薬自体も強い物を服用されているという状態を踏まえて話していきましょう。

 

 

 

 

実は睡眠薬の成分は脳の興奮状態を鎮静化させて落ち着かせて睡眠を促すといった効果(凄くざっくり言いましたが)になるんですけど、問題はその成分は脳神経に働いて自律神経を操作するという部分で、鎮静化させないでいい部分を鎮静させてしまう事が問題になります。

 

 

 

 

それは脳神経の関連の分野では血管収縮や血管拡張といった作用を促している所もありますので、もし鎮静化しなくていい所まで鎮静してしまうと血管の過剰収縮を起こしてしまう事を繰り返すという事になるので、服用する度に血管内の血液の通り道が狭くて血流が悪くなるという事に繋がります。

 

 

 

 

ということはそれが脳に直接作用している薬として、睡眠薬を服用し続けると脳血管がどんどん細くなっていって、凄く血流が悪くなる方に進んでしまうという所を覚えて頂いたところで睡眠薬の服用で肩こりを整骨院で治療して頭痛が起きた体験談の話に進んでいきましょう。

 

 

 

睡眠薬の効果で血管が細くなった状態で整骨院の治療をすると血管内を血流で圧迫して頭痛が起きる

 

強烈な頭痛で苦しむ

 

 

 

これはどういう事かというとマッサージなどは血液循環の向上を促す行為になるのですが、睡眠薬の血管の縮小により血流の流れが悪くなって血管が細い状態の時に、マッサージを受けて過剰に血流を促進させてしまうと細くなった血管内の流れる血流が更に激しくなって中から膨張されて頭痛が起きるという事になってしまいます。

 

 

 

睡眠薬の血液循環の低下でマッサージをした頭痛は画像診断に移らない事が多い

 

 

病院の検査 画像

 

 

これは本当に経験した方から見ればビックリする内容になりますが、CTには全然移りませんしMRIも以上ない状態で移ってしまいます。

 

 

 

 

あくまでも膨張している状態になるので、出血が見当たらないと緊急外来の検査でもお手上げ状態になってしまうんですね。

 

 

 

睡眠薬を服用している人が整骨院でマッサージをして血液循環が向上して起きた頭痛の痛さはどれくらいになるのか?

 

 

恐ろしい

 

 

 

これはどんな例えかというと酷い場合では中から破裂してしまう位の鋭い痛みと伺っています。

 

 

 

 

実際に命の危険をよぎったという風に言われていましたので、本当にシャレになっていないでしょう。

 

 

 

 

その時の特徴というのが頭痛の症状だけでなく、強い耳の奥からの耳鳴りも含めて起こっていたという事なので、状況としては脳血管事態の血流促進が強すぎるのが脳神経のエリアである聴覚や平衡感覚に関わる内耳神経にも影響して、耳の奥からの耳鳴り症状が出たのだと思われます。

 

 

 

 

整骨院の治療で睡眠薬の服用により肩こりが出ている時点で整骨院の施術原因ではなく心療内科で出されている薬を疑おう

 

 

疑問をもつ 画像

 

 

これに関しては実際に実例として、精神病の薬の多量摂取や強いものを服用している事から起きた、自律神経失調症だったり強烈な頭痛を起こしたという方が多いので心療内科の薬自体に原因があるのは間違いはありません。

 

 

 

 

精神病の薬を飲むリスクについては精神病が治る可能性があるのは心療内科ではなく整骨院です!を参照ください。

 

 

 

 

勿論精神病の薬は勿論、睡眠薬の薬の成分が強かったり多量摂取しているのであれば、服用している状態で整骨院のマッサージをするのは危険になりますので、先ずは肩こりを起こしている原因がある心療内科もしくは精神科で処方してもらっている薬に対して薬物検査をして合っているか合っていないかを確認しましょう。

 

 

 

 

もし問題無ければ実際に薬の成分自体が強すぎて、身体に対して負担が大きすぎているという事になりますので、そうなるとどんどん身体に対して負荷がかかり続けて、大きな体調不良を起こす事になる可能性があるので注意してください。

 

 

整骨院の治療で睡眠薬の服用で実際に薬に問題があるとしたら睡眠薬で起こる肩こりをどうするべきなのか?

 

 

 

方法としては服用している薬の成分で負担が少ないものに変えて処方してもらうか、心当たりがない身体に体調をきたす異変が出てしまっていて病院で出されている薬が効いてないばかりか悪化する状態があれば、薬自体を止めましょう(薬自体があなたの身体から拒絶反応の最終サインを出しているという状態になります。)

 

 

 

 

薬を変えるか止める事で肩こりが少し楽になったという状態なら、完全に薬の成分に問題があったという事になりますので、その場合は服用を止めて少し様子を見てから整骨院で肩こりの治療を行うという感じで良いかと思われます。

 

 

 

整骨院の治療で睡眠薬に対しての結論

 

 

 

何を言いたいかというと、整骨院はどんな状況でも改善できる肩こりの万能薬の存在では無いという事です。

 

 

 

 

薬に対して疑問を持って治療している整骨院なんて僅かなものになりますので、肩こりの治療は整骨院に行けば大丈夫という根拠がない安心を求めるのではなく、今の自分自身が体験している状況を振り返って元から疑ってみるという事をするのを推奨いたします。

 

 

 

 

でないと整骨院の先生は肩こりが強いという事は凄く血流が悪いのだろうという事で治療してしまう所が極めて多いので、そうなってしまうと、血流の促進を起こした時に強烈な頭痛を初めとした二次災害を引き起こすきっかけを作ってしまいます。

 

 

 

 

なので先ずは薬の成分が自分に対してあっているか?身体に対して強すぎていないか?もしくは体調の異変があるのに薬を飲んで大丈夫かという所を、検査を踏まえてじっくり分析して判断するようにしてください。

 

 

 

 

その後の対処によって自己責任として整骨院で肩こりを改善するとしたら、睡眠薬の成分が問題無いという前提でお話させて頂きますが、しっかりと最低限の肩こりに対しての理解がある整骨院を探すようにしましょう。

 

 

 

 

※整骨院の肩こりや頭痛で最低限度の技術や知識が必要とされる条件で探す基準として、肩こりに関しては治療で肩こりを整骨院を選ぶ基準として大事な事をご覧になられて、頭痛に関しては治療で頭痛を整骨院でも治せる事がある理由を参照ください。

 

 

 

 

重ねて言いますが、睡眠薬の肩こりを整骨院で治療する前に自信が服用している薬の成分に対して身体に合っているかどうか、そして最初は危ないので強烈な頭痛などのリスクを避けるため、後の状態を確認する為に軽めの力で施術してもらうようにしてください

 

-整骨院の治療の内容と本音や説明

Copyright© 整骨院の内容と本音 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.