" />

整骨院に関わる詳しい内容と、整骨院側の本音を話します

整骨院の内容と本音

整骨院で治療される方向けに話す本音

治療で失敗が多い医療系はダントツで整骨院である恐ろしい理由

投稿日:

皆さんも医療ミスという言葉はよく聞く事かと思われますが、実際に病院の医療ミスというのはそんなに頻繁に発生するかというとそんなに発生してる話を聞いたことは無いかと思われますが、実は皆さんも知らない中で病院よりもダントツで医療ミスが多い存在があるのが「整骨院」だというのはご存知でしょうか?

 

 

 

今回は治療で失敗が多い医療系は整骨院である恐ろしい理由という事で話していきましょう。

 

 

 

治療で失敗が多い医療系が整骨院がダントツであるのは間違いありません!!

 

治療の失敗は整骨院が多い

 

これは100%間違いなくダントツで医療ミスが多い業種である医療業種と言い切ってもいいですし問題ありませんし、なんなら本音でぶっちゃけてますよ(笑)

 

 

 

ここまで言えるには当然理由はあるのかというと、勿論あるんですが今現在の記事を見て頂いている方の中にも心当たりがある方はいるのではないでしょうか?(特に治療を受けている方や過去に受けたことある方だったり)

 

 

 

整骨院の治療と言えば一見電気治療だったり、マッサージやストレッチを行うような内容と思っている方もいるかもしれませんが、実は現在はその内容でも医療事故が起こる事は増えてきましたし、それ以上に現在の整骨院の最も多く今後も増えてくる治療の内容で更に整骨院での医療事故が更に加速して増えてしまったと言っても過言ではありません。

 

 

 

それで皆さんが気になる何故整骨院が日本で一番の治療の失敗が多い業種なのかになるんですが、「治療者の質の著しい低下で行われているから」と「治療家としての意識よりも経営者の意識に移行してしまった」というのが治療の失敗が多い理由ではないだろうかという事になりますので、この部分を深掘りして話していきましょう。

 

 

 

治療の失敗が多い業種として名を連ねる整骨院の理由として治療者の質の低下で治療が行われている

 

治療者の質の低下によって悪化する

 

これは本当に今の整骨院では凄く多いです(悲しいかな)

 

 

 

多分整骨院に5件くらい治療してくれば分かると思うんですけど、保険診療の範囲で行うとして受診をした際なんですが、恐らく内容的には極端には変わらないと思うんですよね(治療の仕方とかです)

 

 

 

そしてそんな中で大きな違いがありますか?って言われても、実際に受けた方からしたら正直分かりにくいと思うし、余程極端に地力の差的に凄い人がやっているとかならあり得ますけど、今の整骨院のレベル的には周りとの差は大してありません。(同じ木からなった実の優劣競っているようなもんです)

 

 

 

実際にどれくらい治療の失敗に関わる様な治療の質の低下が起こっているかというと、簡単に言ったら「技術も知識も基礎が出来ていない」というのが一番の決定的な理由では無いでしょうか(結構恐ろしいんですよ(笑))

 

 

 

例えば背中の筋肉を推してもらおうとするけど、背骨を圧迫しているという若い先生もいましたし、それならまだいいんですが更に施術の際の圧力や患者さんの既往歴を確認しないで考え無しで押している事から、施術中の患者さんの骨折が多くなってしまった原因も増えてきています(詳しくは整骨院で骨折の被害が治療中に激しく増加中(注意!!)を参照ください)

 

 

 

これは簡単に言ってしまうと、マニュアルで覚えてしまってるが故にケースバイケースが分からなくなっている若い世代の先生がやらかすケースですね。(要は勉強不足という事ですね)

 

 

治療の失敗の原因として治療家の意識では無く経営者の意識が明らかに強い

 

整骨院が経営的な考え方が強い

 

これが考え方の方の意味での医療事故の原因部分になってしまいますね。

 

 

 

このパターンも多くなってきていますし、それも今後はもっと増えてしまっても不思議では無い位医療事故をやらかしているというのが現実です。

 

 

 

何故そういう事になってしまっているのかと言いますと、これに関しては値段高い状況が強くなる商売は整骨院なので気を付けようを見て頂いた方が一番早いかと思いますが、簡単に言ってしまうと保険の規制強化と周りの競合店の増加によって収入が減らされているのが原因という事なんですね。

 

 

 

それで放置していたらいずれ廃業に追い込まれてしまうという危機感持った整骨院や、稼ぎの幅を増やしたい整骨院が実費の治療の中で施術時間と費用対効果が高い内容のものを行う訳なんですが、正直私から言わせれば治療効果は2の次で考えている整骨院が多いかと思われます。(言葉巧みに誘導して無理やり通院させている所が多いみたいですね。)

 

 

 

その問題の治療が結構最近記事に出す事が多いですが「ボキボキ系の治療」を行う整骨院が増えてくると同時に、医療事故として骨折だったり髄液漏れだったりと遺恨を残してしまうような症状を引き起こしている内容が増えているという事になります。

 

 

 

実際に整骨院側に対しての損害賠償の数は明らかに昔に比べたら増えてきていますね。(明らかに整骨院側が悪いというのがはっきりしているので)

 

 

 

今は患者さんに来て欲しい内容としては治療をして欲しいから来て欲しいのではなく、収入の為に来て欲しいの方の色が出過ぎているが整骨院側の本音になりますので、受診される際は気を付けましょう

 

 

 

治療で失敗が多い整骨院ではあるが自覚はあるのか?

 

整骨院の治療の失敗に関して悪気はあるのか?

 

これについては基本的に自覚があるというよりも、無関心な状態で行われている可能性が非常に高い事から自覚がある無いに比べてしまうと余計に内容的に悪いと言ってしまっても過言では無いでしょう。

 

 

 

それだけ収入を確保する為だけに多少の犠牲はいとわないと言わんばかりに、根拠がない治療法だったり物販を行ってしまっているのですが(詳しくは整骨院が怖い要素が年々酷くなってきている(閲覧注意)を参照)業種的に「治してやってんだ」って気持ちになって開き直っている場合が強いでしょうね。

 

 

 

そして今の整骨院の先生にとって患者さんを純粋に治すという気持ちよりも、以下に整骨院が廃業にならないか収入を確保するかの方に意識が傾いていってしまってますので、患者さんの身体の状態の事は表面上心配する形はとるけど、治療が終わったら忘れていると言っても過言ではありません(実際にそういう先生は多いです)

 

 

 

なので治療方針に対しては悪い自覚は最初はあったが、どんどん不況下になってくる事によって自分がやっている事を正当化してしまっているという内容が答えになりますね。

 

 

結論

 

 

実際に見て頂いて整骨院に対しての気持ちはどうでしょうか?

 

 

 

一番医療事故としてはあんまり極端なものでは無いので、極端に公に出る頻度は少ないですが、患者さんの不満度という内容では「反対に悪くなった」という声はよく聞くんですね。

 

 

 

それがまた経営目線の方に意識が行き過ぎてしまっていて、治療の質(治してあげようという意識)が低下してしまって、少しでも利益を上げるためにリスクが高い施術を悪い意識を持たないで行っている所が多いので、悪いという自覚は持っていても経営目線の内容を行っているうちに当たり前感が出てしまっているので、今後もそういう整骨院は増えて行く可能性は高い事から医療事故は増えるのも覚悟した方がいいでしょう。

 

 

-整骨院で治療される方向けに話す本音

Copyright© 整骨院の内容と本音 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.