" />

整骨院に関わる詳しい内容と、整骨院側の本音を話します

整骨院の内容と本音

整骨院の先生の仕事を目指す関連する方向けの本音

整骨院の仕事で医療の中の立場は一番低い存在に成り下がった

更新日:

皆さんも知っての通り柔道整復師という資格は整骨院の資格になる訳ですが、一見では整骨院も医療の業務として携わって貢献していると思っている方も多いものかと思われますね。

 

 

 

しかし実際では国から見られた柔道整復師としての医療の価値は医療系の業種の中では一番低いものというのはご存知でしょうか?今回は何故そういう事になるのか?を話していきましょう。

 

 

 

整骨院の仕事で医療として立場が低くなって原因は整骨院をしてる柔道整復師そのものにある

 

柔道整復師の医療の立場が悪いのは整骨院が原因

 

これは整骨院関係者から見たら納得いく方の方が多いでしょうし、整骨院の関係者じゃない方も中には薄々感じている方もいるのではないでしょうか?

 

 

 

実際に正直に言ってしまいまして、「整骨院を行っている柔道整復師」には医療系としての価値は社会的には底辺の扱いをされています。

 

 

 

どういう事かと言いますと、今現在の整骨院に通っている患者さんで整骨院が医療という感覚で治療している方はいらっしゃいますか?

 

 

 

正直なところ私も整骨院をやっていた事がありましたので思う所はあり正直に言ってしまうんですが、医療というよりも慰安だったり調整という類の様な整体の類似の感覚で通院されている方の方が多いのではないでしょうか?

 

 

 

実際に私からしてもそう思わてしまう複雑な心境の中で治療をしているので、同じ気持ちで考えている方も多いでしょうね。

 

 

 

では何故柔道整復師の医療的立場が底辺に成り下がってしまったのかは「整骨院という存在がサービス業に力を入れ過ぎている」という事と「医療系の中で一番不正件数が多い」といった理由が一番大きいので、この部分を詳しく話していきましょう。

 

 

整骨院の仕事の医療の質が下がる原因はサービス業として力を入れ過ぎた事にある

 

整骨院がサービス業感覚で行われている

 

これについては整骨院側の自業自得もありますし、柔道整復師法による整骨院の開業までの入り口が広い事が原因になっていますね。

 

 

 

まず整骨院は昔はそこまで多い業種では無く、保険適用の内容の認知度が強くなってきてから整骨院は稼げると考えた人間が増えたという事もあり、柔道整復師を目指す人間の為に養成施設側が特にそれを先読みして、全国で多くの受け入れ先を作ったのが悪い方向へ呼び水となっています(実際にその数は柔道整復師が多く存在する原因を作っています)

 

 

 

そこでこのカテゴリーの本質を話していくわけなんですが、そういう事になってしまうとどういう事になるのか?ここが重要になってくるのですが、要は柔道整復師が増えてくるという事は整骨院の開業者が増えてくるという事にもなってくるので、そうなってくると整骨院の乱立は避けれない事情になるという事になります。

 

 

 

それで整骨院側が集客(患者さんの人数の確保)の難易度が難しくなってきたという事で、患者数では無く顧客単価を上げるという方法に移行する考えの整骨院が増えてきたという事ですが、どういう事かというと要は保険請求の金額が安いという事で実費の治療をして一人当たりの治療代の拡大を目指すという事ですね(詳しくは整骨院が保険の適用外での治療が増えてる理由を参照)

 

 

 

なのでこういった整骨院が増加してしまう事によって患者さんからしたら「整体もする所」という認識が付いてしまう事から、医療系と思われない要素が強くなってしまうという事にもなってしまうんですね。(保険が使えるマッサージ屋さん感覚になってしまうんです)

 

 

 

こういった事から今では整骨院が本気の医療系と思っている方の方が少ないのではないでしょうか。

 

 

 

そういう感じで本来の医療としての知識と技術の低下を招いてしまって事故が増えてきたことにより(詳しくは整骨院で骨折の被害が治療中に激しく増加中(注意!!)を参照ください)医療自体の質の低下が出てしまっているので、医療系の中では(医療の内容の発言力として)立場としては一番低いですね。

 

 

 

整骨院の仕事の医療の立場が落ちた原因としては医療系の業種の中で不正件数はダントツである

 

柔道整復師の不正件数は多い

 

これも大きな理由となってしまっていますが、正直医療系や介護関係の保険を扱い業種で不正を行っていない所はあり得ないという位の内容で通常的に保険請求を行われていると言っても珍しくは無いでしょう。

 

 

 

しかしその中でも整骨院の内容に関してはシステム自体を不正請求として保険請求しないと整骨院の運営が賄えないので、整骨院の管理柔道整復師を始め整骨院の経営者は分かっていても不正を行わなければいけない状況にあるんですね(詳しくは整骨院の保険での不正は見えない所で行われている※閲覧注意を参照ください)

 

 

 

実際にリンクを見てもらった方が分かるのですが、実際に不正しか行っていないので件数だけで見るとダントツになってしまうんですね。

 

 

 

その不正に関しても質よりも件数で考えてしまっているので、国からしたら排除したい存在として目立つようになってしまいましたが、この不正が増えるという事の理由についてはどっちもどっちと言いたくなるように国にも原因があるんですね(詳しくは柔道整復師法というのは柔道整復師を稼がせない為の口実であるを参照ください)

 

 

 

しかし不正件数がダントツというのは紛れもない事実として残ってしまっているので、それはそれで医療系としての国からの扱いで考えると問題視しなければいけないものになっています。

 

 

 

整骨院の仕事の医療の立場の今後を考えると柔道整復師が医療系としての先は無くなるが、、

 

柔道整復師の医療としての先は無い

 

間違いなく柔道整復師が今後の医療系としての機能は果たす事が出来なくなるというのは、少なくとも間違った事では無いのかなって思います(急に機能が果たせなくなるというよりも、徐々に無くなってきてしまうという感じになりますね)

 

 

 

なので分かり易く言ってしまうと整骨院に関しての社会的信用も落ちてしまう事もあり得るし(詳しくは柔道整復師という職種は今後社会的な信用は低い現実を参照ください)正直なところ更なる保険の規制が強化されて更に厳しくなるのは目に見えています(詳しくは自営業の年収は整骨院では今後下がるばかり(観覧注意)を参照ください)

 

 

 

という感じで実際に整骨院でやり続ける事に関して将来性的なものが難しいので、それ以外の方法で今後は柔道整復師の資格を活用しなければいけないでしょうね、、。(詳しくは柔道整復師は介護保険を使って事業をした方が儲かる!を参照ください)

 

 

 

整骨院の仕事の医療の立場について結論

 

 

実際に話してみた所柔道整復師の医療系としての質は正直言ってしまって底辺に成り下がってしまっていますね。

 

 

 

医療というより経営に集中しすぎてサービス業の概念の意識が強くなってしまって、そして保険の規制の内容や柔道整復師法の内容の理由からの不正の問題から、柔道整復師の社会的信用度までも落ちてしまっています。

 

 

 

なので柔道整復師という業種の信用をかちとるのは困難と言えるでしょう。

-整骨院の先生の仕事を目指す関連する方向けの本音

Copyright© 整骨院の内容と本音 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.