" />

整骨院に関わる詳しい内容と、整骨院側の本音を話します

整骨院の内容と本音

整骨院の先生の仕事を目指す関連する方向けの本音

柔道整復師は介護保険を使って事業をした方が儲かる!

更新日:

柔道整復師の方が今現在の整骨院業界の収入事情に悩まされている方は非常に多いかと思われますが、今後の柔道整復師の収入を上げる方法として整骨院では無く介護保険を使った方法が効果的ですよ!っていう理由をお話していきましょう。

 

 

柔道整復師の介護保険を使っての事業は今後流行り続ける

 

 

 

柔道整復師を取得して修行して整骨院を開業という時代も正直、今の時代の言い方をするとオワコンとなってしまいました。

 

絶望する人

 

※その詳細は柔道整復師の国家試験の合格率が下がる理由と対策整骨院が保険の適用外での治療が増えてる理由を読んでみましょう。

 

 

 

私も今から整骨院を開業するから柔道整復師の資格を取りたいという方がいれば、間違いなく全力で反対するでしょう。

 

 

 

※開業を目指して頑張ったけど迷いがある方は柔道整復師の管理者研修を深刻に考える必要はない理由を読んでみましょう。

 

 

 

しかし整骨院では無く、ある介護事業を行うという事なら寧ろ今からの需要は伸び続けるので強く推奨できます。

 

 

柔道整復師の介護保険を使った優良事業とは総合事業である

 

 

多分ほとんどの柔道整復師の関連の方は何言ってんだ?ってリアクションをされる方は多いでしょうが、真面目に話しています。

 

疑問をもつ 画像

 

先ず総合事業というのは何かというと、介護保険の要支援や要介護といった分類があり、その要支援の内容が平成30年から総合事業と呼ばれるようになりました。

 

 

 

そして総合事業になった際に、今は介護業界も従業員不足が大きな問題として抱えられている事の改善案として、柔道整復師が参入できる様に総合事業の規制が緩和したものも市町村によって導入されつつあります。

 

 

内容としてはデイサービスの機能訓練の内容を行うに近い感じになりますね(リハビリ特化している所の方が多いです)

 

総合事業の介護

 

 

この総合事業に関しては整骨院の患者様の1人単価が1500円以下(請求部位の変動と窓口負担金の賃上げを含む)としたら、20人で30000円以下になるのはご存知ですね?

 

 

 

総合事業の場合(3時間以上のサービスの場合)は1人当たりの1回単価が3300円と月の機能訓練加算が2250円ありますので、約3850円あるんですので、1回のサービスで午前で7人行い、午後で7人行うと1日単価が約54000円になります。(もし一人でやるなら、その分が貴方の給料になります)

 

収入

 

それを1か月の収入を整骨院と比べると、毎日20人来ている整骨院が20日間営業した収入は60万になるのですが、それが総合事業になると20日営業したら100万という収入をめざせる事も全然あり得ます。

 

 

総合事業のはどんな人が対象になるの?

 

 

これは要支援の方と事業対象者という内容の方が総合事業対象者になります。

 

要支援 要介護

 

先ず要支援という概念から話していきますが、介護度を示すと要支援と要介護という分類で状態を決めていますが、その要支援というのは介護段階では無くて予防段階という意味になります。

 

 

 

そしてここでいう事業対象者というのは、65歳以上の介護予防を必要とする方が対象になります(チェックシートに書かれている日常生活による質問内容に該当すれば対象条件に当てはまります)

 

 

 

要は介護の状態ではなく予防の状態にある方が対象と思って頂ければよいでしょう。

 

総合事業はサービス自体は柔道整復師1人でも出来る

 

凄く喜ぶ人

 

総合事業などの介護系の仕事は人件費がかかるイメージが沢山あるかと思われますが、実はそうでもありません。

 

 

 

総合事業は介護予防事業になるので、デイサービスと違って入浴サービスの必要が無く機能訓練の部分さえ行われていれば良いし、午前と午後のそれぞれのサービスが7人までなら柔道整復師1人で実は登録が出来るんですね。

 

 

 

となると施設内には他の従業員はいらないという事にもなるので、経費の削減にはとても良いのではないでしょうか?

 

 

 

ただ送迎に関しては一気に7人を送迎を含めて行うのは、かなりハードになりますので午前の終わりと、午後の始まりの分だけパートの方を雇用する事で、円滑に進める事が可能です。

 

 

 

それで人件費は8万円位になるので、全然黒字になりますね。

 

 

 

その為14人未満という感じにいきなり集めようと、無駄に人件費をかけるよりも、初めは柔道整復師1人で送迎も行いましょう。

 

 

 

それだけでも全然黒字にはなりますし、整骨院をやるよりは可能性は全然明るいです。

 

 

何故総合事業が一人で出来るのか?(自治体によって基準が違う)

 

 

これに関しては規制緩和が行われた事が理由になりますね(元々総合事業自体が自治体によって柔道整復師や看護師だけでも在籍しているだけで開業は出来る状態)

 

 

 

ただこれだけでは半分だけ条件が揃っているだけなので、介護士の資格がある人(訪問介護員2級以上)が在籍していないと運営してはいけないのでパートでも雇用しなければいけなかったのがあったんですが、日常生活動作の緩和を強化するという意味で少人数でも行えるような規制が改めて行われ目についたのが一人総合事業運営です。

 

 

 

単純に健康増進と介護予防の為に手段の緩和が行われたというのが結論になりますね。

 

 

 

なので貴方が柔道整復師の資格を持っているのであれば、整骨院を開業しなくても地元の方の健康増進+安定的な収入を見込める(雇用する人間がいないので、最低経費のみの支出でいいし毎日7人近く確保できるなら十分やっていけますよ)

 

 

 

ただ全国一律ではないので対象資格者だけ運営(一人運営)の7人未満サービスが出来るかは、先ほども言いました通り自治体によって全然違いますので、もし行う前には確認しておいた方がいいでしょう。

 

 

柔道整復師が介護保険を使って総合事業を始めるのに気を付けなければならない事

 

注意事項

 

それはまず大事な事として貴方が柔道整復師だとして、総合事業を行おうとしている市町村が総合事業の規制緩和をしている所かどうかの有無を市役所の高齢支援課や長寿支援課みたいな課がありますので、問い合わせて有無を確認しましょう。

 

 

 

それ以外にもややこしいことは多いですが、必ずやらなければいけない事から挙げていきましょう

 

 

 

※柔道整復師が整骨院を設立するよりめんどくさいので覚悟しておきましょう。

 

整骨院と違い法人にしないと総合事業は出来ないケースが多い

 

チェック

 

簡単に言うと市町村からの信用を得るための手段だと思ってください。

 

 

 

これは別に法人なら特に指定はされていないので、株式会社になると初期費用が高いので、こだわりが無ければ合同会社を選びましょう。

 

 

 

合同会社なら6万円で設立する事が出来ます。

 

 

 

皆様のほとんどが法人設立の経験が無いかと思われますので、ぶっちゃけていったら行政書士に頼んだ方が楽だし初期費用はそんなに変わらないので、書類で面倒くさくて金額が変わらないなら頼みましょう。(時間がかかるだけです)

 

 

整骨院の中で出来ないケースがあるから確認しましょう

 

確認

 

これも市町村によりますが、整骨院と同じ部屋で出来ないケースがあるので、これも市役所に確認してください。

 

 

 

もし整骨院の中で出来ない場合は、テナントを借りる事になりますが(総合事業をされる利用者様が多いのであるなら整骨院をつぶした方がいいですね)広さがあれば最高です。

 

 

 

実はこれも規約があってその部屋の中に、休憩室を置く事と相談室を置く事が条件となり、その中で1人に当たり3.3平方メートルを確保しなければならないので、そこを意識して行うようにしましょう。

 

 

総合事業の利用者を獲得するなら市町村はアテにしない(特に熊本県菊池市は超最悪です)

 

怒っている人 画像

 

これは体験談なんですが、総合事業の斡旋も私のコンサル事業で行っており、その中で熊本県の菊池市のお客様の総合事業の斡旋を受け持ったんですが、菊池市役所のOさんとSさんに騙されたんですね。

 

 

 

騙されたというのが、規制緩和の90分の総合事業の枠を行っているか聞いたところ出来ると言われたんですが、お客様が法人設立されてから後に市役所側の方から実は出来ませんでしたって電話がありまして、法人設立をしているからお客様はこの時点で損なんですよ。

 

 

 

そこからやむを得ず3時間のサービスで行うのですが、市民を騙した罪悪感から事業が不利にならない様に考えているかと思いますが、実際しょせん市役所なんで期待は出来ませんね。

 

悲惨で泣いている人 画像

 

案の上私のお客様は総合事業の3時間のサービス側は失敗してしまいました。(私は損害賠償を求めましょうといったんですが、お客様はそれでも行うと言われたんで私の責任はありませんでしたけど)

 

 

 

しかし電話対応からして熊本県の菊池市の市役所の高齢支援課はどの市町村の市役所より最悪な人間しかいませんでしたね。(そして後になると事実は無いと嘘をついて堂々としてましたからね、、市役所のやる事では無いし今までの市町村の中で熊本県の菊池市は一番ひどかったのではないでしょうか)

 

NO

 

何が言いたいのかというとお客様を集めるのには、基本的に自力で行わなければいけないと言いう事になりますので、市役所や包括支援センターを期待しないで考えてくださいね。

 

 

結論

 

 

総合事業の旨味としては、固定客が付けば単価は高いし収入が整骨院よりも大きく上回る事業になり、しかもそれを条件さえ整えば柔道整復師でも参入できるというのが今回のまとめになりますね。

 

 

 

しかもやり方次第で整骨院よりも経費を大きく抑える事も旨味になります。

 

 

 

しかし条件を整えるまでが運の要素もあり、作業量の要素でもありと大変なので、そこはしっかりと頑張っていきましょう。

 

 

もし質問があるならコメントして頂ければ対応させていただきます。

-整骨院の先生の仕事を目指す関連する方向けの本音

Copyright© 整骨院の内容と本音 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.