" />

整骨院に関わる詳しい内容と、整骨院側の本音を話します

整骨院の内容と本音

柔道整復師を目指す整骨院に関連する方向けの本音

柔道整復師の業務は独占されたものとは?

更新日:

柔道整復師の業務は独占業務というのを養成施設の講義の中で聞いたことがあるかとは思われますが、実際に独占業務ってどんな業務を現場で行われるの?って疑問の内容を知っている範囲の経験談を含めてお話していこうと思います。

 

 

柔道整復師の業務が独占されているという理由

 

疑問をもつ 画像

 

柔道整復師の業務が何故独占業務になっているのかというと、結論からしてそれは整骨院が特殊な医療機関であるという事になりますね。

 

 

 

例えばどんな事が違うのかと言いますと、保険のシステムも実際に他の病院と比べても明らかに違う部分はありますし、また治療範囲が限られた範囲で個人で治療できるといった内容があります。

 

 

 

詳しい理由を分けて話してみましょう。

 

 

独占業務での整骨院の保険適用のシステムが特殊

 

 

整体と違って整骨院は受領委任払いといった保険請求システムになり、行っている内容は病院と違って保険証を提示してもらってレセプトを提出といった内容までは同じになるのですが、受領委任払いの場合は患者様自身の署名が必要になります。

 

 

 

※整骨院と整体院の違いに関しては整骨院と整体はどう違うのか?を参照

 

 

 

そしてその署名を書かれたレセプトで保険請求を行い、保険者の方から請求された内容に対して不備が無ければ支払いを行うといった感じになりますね。

 

 

 

元々は先に患者様に治療費の全額を支払ってもらって、保険請求で後から残りの7割分を保険者から支払ってもらうといった感じなのが、受領委任払いになった事から整骨院の事業が拡大したきっかけになったと言っても過言ではありません。

 

納得

 

保険システムに関しては正直病院の扱いよりは低いですね。

 

 

整骨院の独占業務の治療範囲

 

 

これに関しては整骨院の独特の業務とは言われていますが、内容としてはリハビリの内容をそのまま整骨院の業務に持ってきたようなもんですね。

 

整形外科 リハビリ画像

 

独占業務と言われたのも保険の適用が行われた辺りになりますし(整骨院も元々自費だったので)、当時は病院のリハビリも患者様が多すぎて治療を満足に受けれない事から整骨院でも同じように出来るシステムを今の段階では行っている感じですね。

 

 

 

以前は骨折脱臼に対しての治療が整復法として行える為、独占として扱えるものの強みはありましたが、今の整骨院は保険が使えるマッサージ屋さんみたいな感じになりますので、私からすれば独占業務としての存続意味があるのかって状態ですね。

 

整骨院でマッサージ

 

柔道整復師の業務が独占されているという強みは完全に失っている

 

悲惨で泣いている人 画像

 

以前は柔道整復師になったという時点で人に威張れるような資格だった事から、当時は骨折や脱臼の治療もまだ行えていたので他の医療的な立場からは認められていた、一目を置かれていたという部分はありましたね。

 

 

 

本当に整骨院の中の臨床疾患に向かっていく柔道整復師の方が多かったので、まだ他の医療従者の方に対しても強気とまではいかないが、引けを取らない立ち位置にいる事が出来ました。

 

 

 

しかし、柔道整復師法で骨折脱臼の治療が出来ないとなったらなったで、今の整骨院業界は技術が中途半端でマッサージの技術や知識しかないレベルの劣悪な柔道整復師が、多く生産されてしまった事から整骨院の医療従事者としてのレベルは最低ラインに下がってしまいましたね。

 

頭抱える 画像

 

私からすれば准看護師の方が柔道整復師よりも医療従事者としての知識は豊富だと思ってますよ。

 

 

 

その為柔道整復師の業務独占が、この先続いていくとしても先は短いのかなって予感しかしませんね。

 

 

今の時代の柔道整復師が独占業務と言っても鼻で笑われます。

 

鼻で笑う

 

これは私の知り合いの体験談になりますが、合コンをされていた際に同じ医療機関同士で行われていた際に、柔道整復師の知り合いが看護師の女性の方に「柔道整復師は独占業務だ!」ってかっこつけて言ってしまいましたが、反応は寒かったらしいです(笑)

 

 

 

どんな回答をされたかというと、柔道整復師は医療保険を不正などの悪徳で採取しているマッサージ屋さんのレベルで思われてもいますし、そして医療の資格の中で軽蔑をされやすい資格としての意味を持って鼻で笑われたみたいですね(実際に言われたらしく、男性の方もショックだったみたいですね)

 

 

 

くれぐれも柔道整復師の方が合コンをした際に、相手の方が医療従事者の場合は柔道整復師の業務について威張らない様にして低姿勢に行きましょう。(それだけ柔道整復師の資格が底辺の医療資格に成り下がっているのは事実ですから)

 

 

柔道整復師の独占業務は近い将来終わる可能性は高い!

 

注意事項

 

今や整骨院もローカルな一つの市町村に対しても10件以上は開設されている所が主では無いかと思われます。

 

 

 

勿論都会になってしまうと区内で100件前後の整骨院があると言っても過言では無いですね。

 

 

 

そんな整骨院達が国が支払う医療費の負担になってしまう問題から、どんどん柔道整復師の改正により請求のルールに縛りが強くなってしまい、稼ぐどころか生活できるかどうかと言われている方も少なくはありません。

 

 

 

そして最終的には受領委任払いが取り消されるなんて事もあるので独占業務なんていうのもあってない様な物なんです。

 

 

 

上記の事を視野に入れた上で、今後の柔道整復師の資格を使った整骨院以外の動き方目を向けるか、新たな職業へ転職するというのもアリだと思います。

 

 

 

例として柔道整復師の資格を使った整骨院以外でも働ける方法は柔道整復師の業務範囲は整骨院以外の方が需要が爆増してくる柔道整復師は介護保険を使って事業をした方が儲かる!を見てみましょう。

 

 

柔道整復師の業務独占についての結論

 

 

分かり易く言ってしまうと、今の整骨院業界から見れば請求方法以外の独占的な要素はほぼ無いって思っていただいて大丈夫です。

 

 

 

保険を使ったマッサージ屋さんみたいな整骨院が多いので、むしろ違いますというだけ見苦しいので黙っておきましょう。

 

 

 

もしこの内容に対して、憤りや絶望を感じたら転職をする事を強く推奨します。(そう思えるという事は賢い選択が出来るという事なので喜んでいいですよ。私もそうですから)

 

 

 

最後に言っておきます!整骨院に対する悪口を言っている訳では無く事実をそのまま伝えているだけなので勘違いしないでくださいね(笑)

 

 

 

この記事を読まれている柔道整復師の方の9割以上の方が、その原因を作っていると言っても過言ではありませんし、私もそうだったので文句の言いっこは無しでお願いしますよ。(本当に見苦しいから)

-柔道整復師を目指す整骨院に関連する方向けの本音

Copyright© 整骨院の内容と本音 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.